Skip links
アトラクションの動画広告デザイン

屋外型アトラクションの広告動画を作成しました。

アトラクションの動画広告デザイン

森と空をイメージさせる爽快感のある屋外型アトラクションの広告動画です。

アトラクションの動画広告デザイン

グリーンの背景に心地よいリズムと共に現れるブルーのインク。踊るようにして画面中を所狭しと動き回り、中央に集まると画面全体に広がってブルーの中から真っ白な画面に切り替わります。白い画面と共に画面中央には屋外型アトラクションのロゴが映り徐々に大きくなります。

広告動画の作成依頼はこちら

ロゴ画面からは一転、空中散歩を楽しむアトラクションの画像に切り替わり、一番下からキャッチコピー、リードコピー、オープン日時の順に画面左からテンポよくフェードインしていきます。キャッチコピーをもっとも大きく、白字に明るいブルーの影を落とし、明るく爽やかな疾走感を表現しました。

他のテキストもロゴと映像のカラーにマッチする配色で設定し、楽しく爽快感のあるデザインでまとめました。

広告動画作成例




行動喚起に重要なサイネージ動画のポイントは「強みを活かすこと」

行動喚起=CTAにつながるサイネージ動画のポイントは、商品内容が持つ「強みを活かすこと」です。強みを活かしたデザインにすることでターゲットとなる顧客の興味を惹きつけやすくなり、結果として行動喚起=CTAにつながります。

作例では新しいタイプの屋外型アトラクションの強みを前面に出したデザインを意識しています。作例のサイネージデザインにおいて、いかに強みを活かすかを考えたときに、当サービスが意識したデザインのポイントが「ユーザー体験の表現方法」と「立ち止まってサイネージ広告を見てもらうための方法」です。

ユーザー体験を「テキスト」で表現する

デジタルサイネージのユーザー体験をいかに伝えるかを考えたときに、作例では「アトラクション」という動的商品の強みを考えました。空中を駆けるようなアトラクションでスピードや爽快感といった顧客体験を提供するという「強み」です。

写真の一番重要な、顧客がアトラクションを利用している部分から、上へ駆けあがるようにテキストの優先順位を考えて配置しました。下から「体験」、「概要」、「利用可能日」のテキストをフォントサイズとフォントスタイルを変えています。

どんな体験を提供でき、どんな内容のアトラクションで、いつから体験できるのか?というシンプルなメッセージをアニメーションフォントでデザインしました。サイネージを見た人がなんの広告なのかが一目で理解できるようなデザインになっています。

立ち止まって見てもらえる「アニメーション効果」

どんな広告でも、見た人の印象に残らなければ意味がありません。デジタルサイネージの場合、動画的なニュアンスもあるため、いかに道行く人を立ち止まらせてサイネージの情報を見てもらえるかが重要なポイントになります。

当サービスが立ち止まって見てもらえるデジタルサイネージをデザインするうえで意識したのが「アニメーション効果」です。

作例では、テキストを約1秒ごとに下から上に駆けあがるような流れでアニメーション効果を使っています。最後の「8.1SUN OPEN」が表示されている時間はわずか1秒程度しかありません。道行く人が「おっ!新しいアトラクションか!?」と興味をもったときに、いつから?という情報を手に入れるためには立ち止まって見るしかありません。

あえて少ない秒数でアニメーション効果を持たせたことで、見た人の足を止め、サイネージ内の情報をより深く見てもらえるようにデザインしました。

当サービスはご依頼者さまの希望をデザインに反映いたします

作例のようなCTA行動喚起につながるサイネージでは、上記のような工夫を行いました。当サービスでは、ご依頼者さまのご要望をさまざまな手法でデザインに反映させます。遠慮なくお申し付けください。

 

制作動画・映像編集に対する感想 

VOICE

心浮き立つ動きと音が楽しい広告動画

音楽に合わせて飛び跳ねているような動きがキュート

画面を所狭しと動き回る青いインクが、ワクワク感を一気に高めてくれる広告動画です。心が浮き立つような音楽もアクティビティの高揚感を後押ししてくれていますね。インクが弾けた後に現れるロゴは青と緑で構成され、屋外レジャーにふさわしい雰囲気になっています。ポップな雰囲気の音は、耳にするだけで楽しい気分を盛り立ててくれますね。

テキストの動きが飽きない構成

動画の最後にあしらわれた写真は、空と緑の木々が写っていてロゴの色とマッチしています。空に合わせて爽やかなブルー系でまとめられたテキストは、横からぴょんと現れる様子が楽しいムード。オープン日のみ空の色によく映えるイエローで表記されていて、もっとも目立つように工夫されているのもポイントですね。実際にアトラクションを楽しんでいるモデルがいることで、より具体性のあるメッセージが発信されているように思います。青いインクの動きと、実際の写真の両面から躍動感が伝わってきますね。

※掲載の動画は実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載している動画編集サンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

動画編集・映像制作





error: Alert: Content selection is disabled!!