Skip links
花火イベントのデジタルサイネージ動画

花火大会のデジタルサイネージ動画サンプルを作成しました。

花火イベントのデジタルサイネージ動画

静止画では伝わりきらない美しさと迫力を伝える花火大会の動画広告です。

デジタルサイネージを想定した縦長のサイズで、道行く人の視線を留めるような、花火大会の開催告知動画をサンプル制作しました。

夏になると花火の写真を大きく映した花火大会の開催を告知するポスターをよく目にします。夜空に広がる美しい花火は写真でも十分に人目を引きますが、花火の醍醐味は、瞬く光や次々と形や大きさを変える「動く」要素にあります。

デジタルサイネージ動画の作成依頼はこちら

デジタルサイネージを想定したこの動画では、画面いっぱいに花火を映すところからはじまります。小さな輪がいくつも現れて輝く花火や、大輪を咲かせる迫力満点の花火、色や広がり方の趣向を変えて楽しませる花火など、静止画では伝えきれない花火の「動く」魅力を短い時間にギュッと凝縮して見る人にダイレクトに伝えることができます。

加えて、花火の映像にゆっくりとタイトルや要素を追加していき、花火の映像を見ながらイベントに関わる情報を提供できるように編集しました。

花火イベントのデジタルサイネージ広告

 

デジタルサイネージ動画デザイン例







花火イベントの動画広告デザインで意識したいポイント

夏の風物詩「花火」は単体のイベントとしてはもちろんのこと、テーマパークや大規模イベントでも行われるエンターテイメントです。花火大会のような「花火」だけに特化した単体イベントの広告において、画像として花火を提示するのは一般的なデザイン手法と言えるでしょう。

サイネージのような動画が可能な広告では、花火の「動き」を活かした広告デザインが効果的です。当サービスでは、サイネージ最大の強みである「動き」を効果的に活かせる広告制作を意識しています。

「動き」を活かすためのポイントとして次の2つが挙げられます。

  • 対象となるサービスの動きを動画に落とし込む
  • 再生時間の短さを活用する
  • タイトルフォントは動きに負けない力強さにする

対象となるサービスの動きを動画に落とし込む

デジタルサイネージの強みは広告に動きを入れられることです。花火のような広告対象の場合、夜空に打ちあがった花火だけでも注目を集められるでしょう。しかし、ただ花火をサイネージで再生するだけでは広告としては不十分な場合も。必要な情報、期待感を煽るような広告にしなくてはなりません。

作例では千輪(花火玉が上空で割れたときに、一瞬遅れて中に詰めたいくつもの小玉が一斉に開く花火)と、菊(星が尾を引きながら放射状に飛び散って、菊花の紋を描き出す花火)のオーソドックスな連射花火が広告に大きなインパクトを与えています。

再生時間の短さを活用する

デジタルサイネージ広告はスタートから終わりまでの時間が短いというデメリットがあります。このデメリットを活用すれば、スピーディに伝えたい情報を提示できる広告になります。

作例では15秒程度の動画の中であえて10秒ですべての情報を提示させました。すべての情報を出すまでにすべての尺を使ってしまうと、広告への視線が離れてしまうことにもつながります。掲示してある広告の場合、人間がその広告を集中して見る時間は5秒程度と言われています。

作例の広告では4.5秒くらいから花火大会のテキストを小出しにしました。これは動きをつけることで5秒前後の集中力を継続させる狙いがあります。再生時間の短さ=デメリットではなく、そのデメリットを最大限に活かすことも重要なのです。

タイトルフォントは映像に負けない力強さにする

動画ばかりに目がいきがちなサイネージ広告の中で、もっとも重要なのは「イベントの詳細を伝えること」です。動画の花火はあくまでも広告の前を歩く人に向けた「つかみ」です。重要な情報を伝えるためには、動画に負けないインパクトが必要になります。

作例でもっともインパクトがある部分は「タイトル」です。威風堂々とした「花火大会」のフォントには夜空に輝く花火に負けないように、白抜き&赤のぼかし縁取り加工を施しています。花火の中に埋もれないようなインパクトが、広告の趣旨であるイベントの告知を確実に伝えてくれるでしょう。

 

制作動画・映像編集に対する感想 

VOICE

次々に打ち上がる花火が見られる臨場感のあるデジタルサイネージ

まるでリアルタイムで見上げているような躍動感

高層階の窓から次々と打ち上がる花火を鑑賞しているような、臨場感と躍動感に満ちたサイネージです。数年花火を見ていないという人でも、このサイネージを見れば大きな花火大会を体験した時の記憶が蘇るのではないでしょうか。まばゆく発光しているようなデザインの「花火大会」の文字も、筆の勢いを感じさせるフォントタイプが魅力です。

間髪入れず打ち上がる花火に8,800発のインパクト

サイネージの画面いっぱいに広がる花火に見入っていると、大迫力の8,800発という文字が飛び込んできて「そんなに打ち上げるんだ!」という驚きを与えてくれます。ちょうちんやうちわの形で文字を装飾しているのが夏気分も盛り上げますね。昔ながらのブタの蚊取り線香入れや水風船といった風物詩的アイテムも、「今年は花火を見に行こうかな」という気持ちを強烈にプッシュしてくれることでしょう。花火が映える暗い夜空が背景となって、夏の小物が浮き上がるように目立っているのもポイントですね

デジタルサイネージを活用して、動く魅力を伝える

花火大会の動画広告の制作には、静止画では伝わりきらない花火の迫力や美しさを、動く映像で伝えることが重要です。花火の動きや光、色彩を生かして、縦長のデジタルサイネージで目を引く動画に仕上がっていますね。

最初に画面いっぱいに花火を映し、次に様々な花火を紹介するという流れで構成されています。小さな輪が現れて輝く花火や、大輪を咲かせる迫力満点の花火などを映像で表現し、視聴者に「動く」魅力をダイレクトに伝えています。続いて、花火の映像に乗せて、ゆっくりとタイトルや要素を追加していき、イベントに関わる情報を提供が表示されています。イベント名や日程・アクセス方法などの情報を、映像を見ながらわかりやすく提示することで、視聴者にとって有益な情報を提供することができます。

視聴者が広告を記憶しやすくするために、広告の最後にはイベントロゴやキャッチコピー等を表示するのも良さそうです。これにより、視聴者が広告に対して印象を持ちやすくなり、花火大会に参加してもらいやすくなるでしょう。

デザイナー
※掲載の動画は実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載している動画編集サンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

動画編集・映像制作





error: Alert: Content selection is disabled!!