ロゴマーク制作・ロゴデザイン作成事例

ロゴマーク制作・ロゴデザイン作成事例

ロゴデザインの作例一覧

各種ロゴデザインの作成事例を掲載しています。作例の一覧は下記よりご覧いただけます。

ロゴデザイン作成事例一覧

 

会社ロゴ・企業ロゴデザイン作成事例

会社ロゴ・企業ロゴデザイン作成依頼例

企業ロゴデザイン作成事例一覧

会社・企業においてロゴデザインは、理念や哲学を表現するシンボルとして重要な存在と言えます。日本だけでなく、世界中の企業がロゴを用いていることからもそのことは明らかです。取り扱っている商品の形状をモチーフにしたロゴマークから、知的な青・情熱の赤などの色彩心理を活用したもの、または社名の漢字やタイポグラフィなどを用いて表現したものまで、一口にロゴを作ると言っても色々なアプローチが存在しています。

どんな企業にも、その企業を象徴するロゴマークやキャッチコピーがあります。そのほとんどが大企業の有名な商品やCMからイメージされると思いがちですが、みなさんがよく知っている企業ロゴの中には、実は中小企業だったりマーケットシェアが小さい無名の企業だったりすることも少なくありません。時にはロゴが独り歩きして有名になり、会社の知名度は後から付いてくる、なんてことも起こります。

企業ロゴのデザイン依頼例

ロゴデザインの方向性には大きく分けて2つのパターンが存在し、視覚的な効果を重視する場合と企業理念やコンセプトワードといったロジカルな工程を重視する場合とがあります。前者なら見る人に強く訴えかけることが大前提のため、尖ったロゴデザインやわかりやすいイメージなることが多いと言えます。しばしばロゴデザインだけが独り歩きして有名になるのは、こちらのパターンです。

後者の場合、企業の強みや理念、イメージのビジュアル化から始めるため、やや保守的なロゴデザインイメージに仕上る傾向にあります。インパクトを重視するか哲学・中身を重視するか、その掛け合わせとバランスに優れたものが、企業の認知とブランドを高める優れた企業ロゴになると言えるかもしれません。

 

商品ロゴ・ブランドロゴデザイン作成事例

商品ロゴ・ブランドロゴデザイン作成依頼例

商品・ブランドロゴデザイン作成事例一覧

ブランド(brand)という英語の本来の意味は、銘柄・商標というだけのものです。しかし、現在ブランドというと、単に銘柄というだけでなくその中に「高級」や「一流」といった意味合いが含まれることがしばしばあります。つまり、一般に認知されるブランドを持つということが商品の売上、会社の利益にとって大きな意味を与えるということです。それが、ブランディング効果ではないでしょうか。

現在、世の中で「高級」「一流」と言われている商品やブランドを見ると、そこには、必ず印象に残るロゴデザインがあります。それらは、単に文字だけの商品名やブランド名より印象に残りやすいからです。そして、ロゴマークであれば、文字で商品名やブランド名を書くより、いろいろな物や場所、場面でワンポイントで簡単にさりげなく使えるといったメリットもあります。また、こうした商品ロゴ、ブランドロゴは単に名称を書体やデザインで書き表すといったものではなく、その中にメッセージ性を持たせているのが一般的です。商品ロゴであれば、その商品の特徴や有効性といったようなことをデザインの中に表そうとしていますし、ブランドロゴであれば、求める方向性や方針といったものを表しているのが常です。

ブランディングとロゴ

つまり、ブランディングをすることは、単にその商品、ブランドの売上、利益に貢献する以前に自分たちがどんなものを目指し、作っていこうとしているのかを整理し、ブレのないしっかりとした目標が設定できるということにもつながるのではないでしょうか。そして、一度、商品ロゴ・ブランドロゴが確立されれば、こんどは、そのロゴを汚さないようにロゴに恥じないように努力していこうという気持ちが生まれてくるでしょう。こうして、ロゴが生まれ育っていくことで、マーケットから大きな信頼を得ることになります。そうなれば、次の展開に対しても、このロゴが大きな手助けになってくれることは間違いないでしょう。商品の品質もそうですが、ロゴマークも購買の一つの同期付けとなるからです。ファッションブランドから最近ではアプリのアイコンまで、ブランドを確率する上で、ロゴの需要が減ることはありません。

 

カフェロゴ・飲食店ロゴデザイン作成事例

カフェロゴ・飲食店ロゴデザイン作成依頼例

飲食店ロゴデザイン作成事例一覧

レストラン・バーや居酒屋などの飲食店では、効果的な集客のために必要な準備が色々とあります。そのひとつとしてあげられるのが、店名に関するロゴデザインです。世界中の料理が食べられる日本では、飲食店ごとのロゴデザインもワールドワイドです。それぞれの文化や国旗を取り入れたデザインから、和食であれば毛筆であったりと、見ていて飽きない多様さがあります。

飲食店のロゴデザイン依頼例

飲食店におけるロゴデザインがなぜ重要なのでしょうか。それは集客のための様々な媒体に利用でき、宣伝効果があるからです。ロゴデザインにおける宣伝効果とは、たとえば親しみやすいデザインのロゴマークである場合、気軽に来店しやすいという効果があります。つまり、人は親しみやすいものにたいして共感を覚えるという心理的なマーケティングの手法が期待できるわけです。レストラン・バーや居酒屋などの飲食店のロゴデザインは、集客という観点からも利用できますが、そのほかにも様々な活用ができます。その代表的なものとして、使用する食器や備品などにもロゴデザインを利用することによって、店のイメージを高める事が出来ます。

菓子店のロゴデザイン依頼例

飲食店において、ロゴデザインは、店のイメージを決めることと同じ意味を持ちますので、重要であることは言うまでもありません。ひと目見るだけでどこの店のロゴなのかということがわかるようなデザインにすれば、集客にもつながることが期待できますから、イメージに合ったロゴデザインにすることが大切です。店舗の看板だけでなく、バックライトを仕込んだ看板にしたり、のぼりやフラッグ、WEBサイトに使用したりと、素材やサイズ・比率が異なる場所でロゴマークを使用する可能性を考慮して制作することが好ましいと言えます。

 

店舗ロゴ・看板ロゴデザイン作成事例

店舗ロゴ・看板ロゴデザイン作成依頼例

店舗・看板ロゴデザイン作成事例一覧

看板ロゴや店舗ロゴは街中いたるところで見ることができますが、これらはとても重要な意味があります。店舗や看板のロゴデザインは他店との違いをハッキリさせるために使われることが多く、”ここはこんなお店である”といったイメージを描いたり、ライバルとは違うといったことを消費者に伝えるために使われています。ロゴデザインが消費者に浸透することによってロゴデザインを見ただけで、あの店舗だ!という風に認知されるようになります。

店舗ロゴデザイン依頼例

一度ロゴデザインが定着することによって、宣伝する時に良い効果があらわれます。消費者がロゴ(ブランド)に対して愛着をもつほどになると、大きな宣伝をしなくても、ライバルよりも優先的にサービスや商品の購入をしてくれる等、プロモーションにもお金をかける割合を減らすことにも繋がります。看板ロゴ・店舗ロゴは店先に出したり、広告を打つ時に全面に出したりするものになりますので、最も消費者の目に触れます。だからこそ、どの事業者もロゴには力を入れているのです。うまく運用することでロゴは大きな財産になるでしょう。ロゴデザインが入った看板を見るだけで何の店であるか、どんなものを販売しているかも推測できますし、信頼感や安心感にもつながり、消費者の気持ちを捉えることができるのです。

クリニックの店舗ロゴ作成依頼例

店舗ロゴは、上手く認知されれば宣伝効果としては絶大なものになります。店舗の看板は貴重な宣伝スペースであり、お店のロゴデザインを活用する絶好の場所と言えます。せっかく店舗をお持ちであれば、是非ロゴマークを制作することをオススメ致します。店舗名を覚えていなくても「あのロゴのお店」と覚えてもらえるからです。ショップロゴを持つ事は、長期的なブランディングにおいて認知度を高める意味で大切です。入店前に、そのお店のコンセプトやジャンルを伝えることも可能です。

 

イベント・サークル・各種団体ロゴデザイン作成事例

イベント・サークル・各種団体ロゴデザイン作成依頼事例

各所団体ロゴデザイン作成事例一覧

サークル(団体)・イベントロゴは、多くの方に認知をしてもらい、イメージを作ってもらう上で欠かせないものになります。一度イメージが出来ればブランド力の向上にもつながり、それが集客やアクションに繋がりやすくなります。ロゴは宣伝をしていく上でとても重要な意味合いを持っています。

ロゴデザインがあるかどうかが、信頼できるかどうかの一つの指標になる場合もあります。ロゴマークがある企業とない企業と比較した場合に、ある企業の方が信頼感を感じるとアンケートで答えた人が多く、潜在的なイメージとして強く残るのです。そのためイベントロゴやサークルロゴを作成することにより、ターゲットに対して「こんな団体があるのか!」といったことを認知させるだけではなく、それを記憶に残す力も同時にあります。人は潜在的な気持ちで動くことが多々あり、良いイメージを植え付けることによって集客へとつながっていきます。

団体のロゴデザイン依頼例

情報の多くを視覚で判断することが多い人間にとって、ロゴのような視覚的イメージはとても大切です。単純にロゴデザインがかっこいいから、可愛いからといった印象で突き動かされる場合もあるでしょう。そういったシンプルな行動原理を狙う場合も、ロゴデザインを使用する効果があります。それを使い続けることでブランド力が向上して、安心感・信頼感などにも繋がっていきます。

一度ブランドとしてロゴデザインが認知されれば、プロモーション費用もそれほど掛からずに済みます。宣伝を考えた時に、サークル・イベントロゴがあるかないかは重要です。また、イベント・サークルやプロジェクトのロゴは、ある意味では制約がなく自由な展開ができるデザインだと言えます。期間限定で使用するものなのか、長期的に色々な媒体に渡って使用するものなのか、利用の期間や範囲もロゴデザインを検討する上での要素です。制作例を見ていただくと分かるように、とてもバラエティに富むデザインになっています。

 

ロゴデザインの重要な役割について

ロゴデザインの役割について

ロゴデザインにはとても重要な意味・大切な役割があります。今では主要な企業や団体でロゴを所有していない所はないといってもいいでしょう。ロゴデザインにはそれだけの意義があるからです。ロゴデザインによってブランドの価値が大きく左右されるということもあります。企業価値をも左右してしまう力がロゴにはあります。ですから、企業や団体はロゴデザインの制作にあたってはとても気を使って作っています。デザイン性にあたっては、時代の流れというようなものも考慮される場合があり、時代によってデザインが変わるということも少なからずあります。人は商品やサービスというものに付加価値というものを見るものです。同じような商品を見てもそれがどこの会社のものかによって価値が大きく変わってくるものです。

ロゴを見て信用したり、逆にしなくなったりすることもあります。つまりロゴというものは企業や団体のそれまでの実績や信用というものが詰まっているとも言えるでしょう。ロゴデザインは、企業やサービス・団体の認知度を高める働きもあります。○○株式会社といっても人はなかなか覚えられませんが、あのマークの会社というと簡単に覚えてくれます。

アイコンとして人に簡単に覚えてもらうことが出来る点、これもロゴデザインの大きな役割の一つです。そのため、デザインはシンプルかつわかりやすく印象的なものが多く使われています。そして、このロゴデザインが広く認知されると、このマークには付加価値がつき信用というものに変わっていくわけです。会社やサービス・商品等、ロゴデザインを冠するものは多岐に渡ります。文字情報よりも印象に残りやすく、ブランディングの要となる存在です。ロゴデザインをお気軽に依頼できるプランを揃えていますので、お気軽にご連絡ください。

ロゴ作成の料金について

※掲載ロゴデザインのモックアップ・使用例はイメージです。実際のロゴの仕上がり・活用例とは異なる場合がございます。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL

カード決済対応

銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: