カーラッピングデザイン(営業車・社用車・観光バス)車両広告制作料金

カーラッピングデザイン

自動車をカーラッピングで華やかにデザイン!

バスや営業車・社用車、イベントカーなどをデザインで魅力的に。

様々なニーズに応じたカーラッピングのデザインを、リーズナブルな価格で提供致します。
※デザインデータの納品となります。

カーラッピングの制作例

カーラッピングデザイン作成料金

仕様基本価格
部分マーキング (フロント・リア・両側面 の中の1点)¥27,000〜
部分マーキング (フロント・リア・両側面 の中の2点)¥38,000〜
フルラッピング (屋根ラッピング無し)¥58,000〜
フルラッピング (屋根ラッピング有り)¥68,000〜
バス・大型車両 フルラッピング (屋根ラッピング無し) ¥98,000〜
バス・大型車両 フルラッピング (屋根ラッピング有り)¥118,000〜

デザインの納品

カーラッピングのデザインが完成し、ご入金を確認した後、メールにてデータを納品いたします。
※デザインデータの納品となります。

制作の詳細情報について

 

カーラッピングデザイン作成の流れ①

見積もり

カーラッピングの仕様や車種・要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。

カーラッピングデザイン作成の流れ②

制作情報の提供

カーラッピングデザインの制作に必要な掲載文面や素材(ロゴなど)を提供いただきます。

カーラッピングデザイン作成の流れ③

カーラッピングデザインの作成

カーラッピングデザインの制作に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

カーラッピングデザイン作成の流れ④

完了・納品

デザインが完了となりましたら、ご入金確認後にデータ納品を行います。(ラッピングや塗装などの施工自体は行っておりません)

 

カーラッピングの特長について

営業車のラッピングデザイン作成依頼

カーラッピングの有用な使い方として、車を宣伝材料に変えるということが挙げられます。例えば車にオリジナルのロゴを掲載すれば、移動のための車両であった自動車が、商品やイベント・キャンペーンや会社そのものの「走る広告」になります。

観光バスのカーラッピングデザイン

自動車を宣材として利用することには多くのメリットがあり、その一つが移動中も宣伝できるということです。社用車に自社のロゴを入れたり商品名を入れるといったカーラッピングしていれば、営業先や納入先に移動するだけだった道のりが、宣伝を行う道のりに変わります。

これは従来の宣伝とは違う新たな接点の形成にもなり、テレビを見ない層や雑誌を買わない層や新聞を取らない層に、自社や自社商品をアピールすることが可能です。また、観光バスであれば旅のワクワク感を伝えたり、日本らしいデザインで外国人観光客を喜ばせることも出来るでしょう。

 

カーラッピングをデザインするメリット

カーラッピングのメリット

カーラッピングは、直接車体に塗料をペイントするのではなく、まるでシールのように特殊な素材に思い思いのデザインをプリントし、それを車に貼り付けるという形の装飾方法です。これを利用すれば車にオリジナルのデザインを簡単に貼り付けることができますし、移動中も宣伝になります。

カーラッピングデザイン作例 通常の塗装は一度行うと簡単に消すことはできませんでしたが、カーラッピングであればシールを貼るように行えば良いだけなので、貼り付けも交換も非常に簡単です。もちろん特殊な技術で貼り付けられているので一般の人が剥がすことはできません。専門業者に依頼して費用を支払い、剥がしてもらうことになりますが、定期的に交換できるというのは斬新さもあって非常にユニークな宣伝手段だと言えます。

カーラッピング作成例2

従来のスプレーなどによる塗装と違ってデザインを直接プリントできるため、写真のようにリアルさが求められるデザインや緻密なデザインでも問題ありません。非常に魅力の多いツールなので、新しい宣伝スタイルを模索している企業や店舗などには最適です。

 

カーラッピングで社用車をオリジナリティあふれるデザインに

各種カーラッピングデザイン

通常、車はボディのカラーはある程度決まっており、道を走れば似たような車種やカラーを頻繁に見かけます。もちろん移動手段としてはそれでも全く問題ないのですが、社用車など用途が決まっている車の場合は一般の車と同じでは非常にもったいないと言えます。せっかく社用車を使っているのですから、移動中も会社の宣伝に役立てる方が良いでしょう。

車両広告デザイン依頼

カーラッピングは部分的なラッピングであれば車のボディを全塗装するよりも安価に行うことが可能です。そのため自社のロゴや商品名を入れるというだけであれば、複数の社用車にカーラッピングを施しても費用的な負担を抑えることができます。それでいて同じロゴや商品名が入った複数の社用車が社屋を起点に走行することで、一般の方々が目にする機会が増え、企業ブランドの統一感を出せます。その際、カーラッピングのデザインをオリジナリティ溢れるものにすればより効果が高まります。

ただの文字列として社名や商品名を記述するラッピングではなく、ブランドロゴや商品イメージをデザインすれば、社用車を目にした人が社名や商品名に関心を持ち、特に商品であれば具体的にどういったものなのかを調べてもらえる可能性が高まります。(そういったことを想定してインターネット上のWEBサイトも充実させておくことが大切です)

営業車両のデザイン

得意先に営業に行く際に利用する営業者をラッピングすることにも、意味があります。営業はまず取引先に自社の社名と担当者の使命を覚えてもらうことが肝要で、取引先の規模が大きくなればなるほどそれらの重要性が高まります。そこでカーラッピングを施した営業車で取引先に赴けば強烈な印象になり、さらにカーラッピングを話題にした世間話にも発展します。駐車場に止まっている印象的な営業車を見れば営業担当以外の社員の記憶にも残るため、取引先の社内全体に存在感を示すことができます。

 

お洒落なデザインのアドトラックで車を広告化!サービスを宣伝しよう

商品を宣伝するカーラッピングデザイン

営業車を含む社用車のカーラッピングは自社のロゴや発売している商品のイメージをデザインするだけでなく、サービスの宣伝として用いることも可能です。物理的なモノを用意できる商品の販売と同じ方法で宣伝を行ってもサービスは認知されません。サービスは実際に利用してもらわなければその良さを消費者に伝えることができないため宣伝手段が重要になりますが、カーラッピングはサービスの宣伝としても大いに役立ちます。

この場合のカーラッピングは営業に行く際にカーラッピングを施した車に乗っていくこととは根本的に異なり、カーラッピングされた車に乗って市街を走行すること自体に意味があります。動く広告として話題にもなりやすく、より多くの人の目に触れる可能性もあります。都市部を中心にラッピング車両は増えつつあり、自動運転が普及すれば新たな活用方法も生まれそうです。

カーラッピングは比較的気軽にラッピングの交換ができるので、時節に応じた宣伝に向いていると言えます。常に真新しさのある宣伝が可能なので、うまく活用すれば効率よくサービスや商品を広めることができるでしょう。

※掲載しているカーラッピングデザインサンプル・モックアップはイメージです。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

SSL

カード決済対応

銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: