Skip links
コーヒーショップの動画編集例

アーバンな雰囲気のコーヒーショップのサンプル動画を作成しました。

アーバンな雰囲気のコーヒーショップの動画編集例

街の喧騒とコーヒーブレイクの静寂を対照的に描いたコーヒーショップのサンプル紹介動画。

コーヒーショップの動画編集例

エスプレッソマシーンのアップからはじまる映像。抽出音と共に現れる「COFFEE SHOP IN NEW YORK」の文字。次の瞬間には、カップの中に落ちるように消えていきます。

動画制作の依頼はこちら

R&Bのミュージックにのって現れる「LIFE WITH COFFEE」の文字。場面はニューヨークを空から撮影した俯瞰映像に切り替わります。画面を数段暗くさせるブラックのフィルターが横断し、場面を街中、地下鉄の入り口へとメッセージと共に転換していきます。

次に、ローストしたコーヒー豆をシズル感たっぷりに映し出し、カフェラテを作る様子やお客がコーヒーカップを置く様子などをスロー再生でゆったりと見せていきます。そしてラストは、BGMの盛り上がりと同時にモーションロゴがアップになり、動画の終わりを迎えます。

外の様子はファッショナブルでアーバンな雰囲気に仕立て、カフェの中はまるで時間の進み方が異なる次元のようにゆっくりと静かな空間を演出しています。街の中にあるコーヒーショップは、忙しい時間から解き放たれるほっと一息つける場所。そのことを表現できるよう、ファッショナブルでありながら緩急をつけた演出で「コーヒー」が作り出す空間と時間を表現しました。

動画編集例 コーヒーショップ




 

動画編集例-コーヒーショップ

動画編集例 - コーヒーショップ2

コーヒーショップの動画編集の際に考えたいこと

コーヒーショップは、おいしいコーヒーを飲みながらリラックスできる素敵な場所です。素敵なインテリア、フレンドリーなスタッフ、新鮮なペストリーでお客様を魅了します。これだけSNSやネット利用者が多い現代では、それらを伝える動画コンテンツの存在も無視できません。

コーヒーショップやコーヒーを販売するビジネスを行っている場合、プロモーションビデオを使って売上を伸ばしたり、ブランドに対してポジティブなイメージを形成することが可能です。このチャンスを最大限に生かすためには、お客様のニーズに焦点を当て、プロモーションビデオに最適なコンテンツを用意する必要があります。

まずは、なぜ動画の制作を行うのか?その目的を書き出すことです。自分の店を宣伝したいのか?それとも、商品の宣伝をしたいのか?それとも、自社の特徴をアピールしたいのか。その目的によって、プロモーションビデオの方向性が決まります。

 

制作動画・映像編集に対する感想 

VOICE

アッパーなサウンドと洗練された映像のギャップが印象的

コーヒー豆のブラウンを基調とした落ち着いた映像

コーヒーの香りが立ち上ってきそうな、深いブラウンがスタイリッシュな動画制作例です。ニューヨークの街並みや地下鉄といったモチーフは都会的で、雑踏の中、ひと息つけるコーヒーの存在が際立って感じられるのではないでしょうか。アッパーなR&Bミュージックも、都会的な印象をより一層かき立てます。ブラックアウトして文字だけが映し出される瞬間や、スロー映像があることで緩急がつき、活き活きとしたイメージに。

コーヒーカップに沿って映し出されるロゴがおしゃれ

置かれたコーヒーカップと一緒に、くるりと回ってあらわれるロゴ。映像の動きと共に動くロゴは、自然と目が吸い寄せられますね。カラフルな映像ではないのに見た人の記憶に残るのは、こうしたディテールが凝っているからでしょうか。落ち着いた映像とR&B音楽というある種のアンバランスな「外し感」や、ロゴに動きをくわえるちょっとした遊び心が、コーヒーブレイクのイメージにぴったりです。

※掲載の動画は実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載している動画編集サンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

動画編集・映像制作





error: Alert: Content selection is disabled!!