チラシデザイン・フライヤーデザイン制作料金

チラシデザイン制作実積一覧を見る (Click!)

フライヤーデザイン・チラシデザイン作成料金+印刷費+送料 にて制作依頼を承ります。

フライヤーデザイン・チラシデザインの作成〜印刷を格安料金で行っています!イベントの宣伝、新商品の告知、キャンペーンの周知などにご利用ください。是非一度、他の印刷&デザイン会社と品質・価格を比較してみてください。チラシデザイン・印刷をセットで、お安い価格で提供致します。

フライヤー・チラシの制作例

A6フライヤーデザイン・チラシデザイン制作料金

A6片面カラーチラシ制作料金

A6カラー×白黒チラシ制作料金

A6両面カラーチラシ制作料金

A5フライヤーデザイン・チラシデザイン制作料金

A5片面カラーチラシ制作料金

A5カラー×白黒チラシ制作料金

A5両面カラーチラシ制作料金

A4フライヤーデザイン・チラシデザイン制作料金

A4片面カラーチラシ制作料金

A4カラー×白黒チラシ制作料金

A4両面カラーチラシ制作料金

A3フライヤーデザイン・チラシデザイン制作料金

A3片面カラーチラシ制作料金

A3カラー×白黒チラシ制作料金

A3両面カラーチラシ制作料金

B6フライヤーデザイン・チラシデザイン制作料金

B6片面カラーチラシ制作料金

B6カラー×白黒チラシ制作料金

B6両面カラーチラシ制作料金

B5フライヤーデザイン・チラシデザイン制作料金

B5片面カラーチラシ制作料金

B5カラー×白黒チラシ制作料金

B5両面カラーチラシ制作料金

B4フライヤーデザイン・チラシデザイン制作料金

B4片面カラーチラシ制作料金

B4カラー×白黒チラシ制作料金

B4両面カラーチラシ制作料金

 

チラシ・フライヤーの特長について

サロンのチラシ作成例

インターネット上の広告の台頭により、チラシやパンフレットなどの紙媒体(印刷媒体)の広告の価値が改めて問われています。ペーパレス時代の到来も幾度となく謳われていますが、世の中を見回してみると、まだまだ紙を用いた広告は衰えてはいません。どちらかといえば、違うアプローチを行う広告として、ネット広告と直接手元に届くチラシ広告は棲み分けを行なっているように感じられます。

印刷物の魅力

チラシのメリットは手元に保存でき、時間をおいて見返すこともできる事です。SNSのタイムラインのように高速で流れていってしまう心配はありません。また、スマートフォンなどのデバイスに加えて表現スペースが広く、ビジュアル・デザインを効果的に用いる事で、ネット広告にはない訴求力や魅力を演出することができます。現実に存在するという点で、用紙の種類や厚みから触感を伝えることも可能です。厚みのある用紙であれば手に取った感覚から高級な印象を受ける事もあるでしょう。

イベントフライヤーのデザイン作成例

チラシ広告は宣伝広告費としては比較的リーズナブルなため、手軽に販促・宣伝活動を行えることも見逃せません。地域性のあるイベントや宣伝であればスピード感のある広告展開ができるのもチラシ広告の魅力と言えます。

宣伝にチラシ活用をおすすめする3つの理由

チラシを活用すべき理由とは

自社の企業の商品やサービスなどを売り出す方法として、インターネットの広告などが台頭し、昔ながらのチラシは押され気味になっているように見えるのが現状です。インターネット広告やテレビ・ラジオなどのメディアへの広告だけが宣伝活動ではありません。宣伝・販促の手法として、今こそ身近にあるチラシを活用して効果的な宣伝を行うことに目を向けていただきたいと思います。

DMチラシデザイン作成例

宣伝チラシ活用のメリット1 – キャンペーンや販促などに低価格で取り組むことができる

まずインターネットの検索エンジンなどに出稿するリスティング広告等にくらべて、取り回しがよく、扱いやすいことです。ネット広告も地域やターゲットを絞り込んで配信することが可能ですが、より高い宣伝効果を上げるためには専門知識を要するため、使いこなせない場合は効率が良いとは言えません。

WEB広告

こうしたインターネットを活用したリスティング広告はもはや参入している事業者が数多くあり、競争が激しく飽和状態になっているので、余程訴求力のある商品やサービスでなければ、知識無しに費用に見合った効果を得るのは難しいでしょう。そう考えた場合、インターネットでの販促よりも新聞に入っていたり、ポストなどに投函されるチラシでの宣伝の方がよりピンポイントな販促が可能になります。

ポスティングチラシデザインの作成例

WEBによるビジネスが盛んになった今でも、チラシでの宣伝の方が効果的な場合も少なくなく、改めてチラシ広告の持つ力が見直されつつあります。

こうした点から見ても、地方にあるスーパーや家電量販店など商圏が狭い事業者の場合は、自社のホームページやインターネットによる販促よりは、むしろチラシを活用した方が短期で効率的な販促が可能になる可能性は十分にあります。

見直されるチラシの力

中でも特に効果が高いと考えられる業種なのが、

■毎日の生活に欠かせない青果や鮮魚を扱うような食料品店、食品・日用雑貨を扱うスーパー。
■ペット用品、カー用品、家電用品、家具やインテリアショップ、衣料品店など毎日ではないにしろ定期的に足を運ぶ店。
■水回りの修理、ガラスの修理などような緊急性の高い業種。
■旅行会社、エステサロン、学習塾、不動産業など数多くの商品やサービスを紹介したい業種。

などがチラシ(DM)を用いた宣伝に向いています。

宣伝チラシデザイン

他にも車の販売店や新築のモデルルーム、新規にオープンする地域に根差した鍼灸・整体・マッサージなどのサロンや、パン屋・居酒屋・カフェなどの業種もチラシやパンフレットを利用して効果的に販促が可能です。

 

宣伝チラシ活用のメリット2 -素材などを含めた自由度の高いデザイン

次にチラシを活用するべき理由としてあげられるのが、デザインの多様性でしょう。

多様なデザインバリエーションも魅力

インターネットでの広告の場合は選択できるデザインがそれ程多くはなく、チラシデザインに比べて自由度が低いという特徴があります。使用出来るサイズが大きくない為に同業他社と同じようなデザインになってしまう事も否定出来ません。

販促チラシのデザイン

一方紙媒体であれば、新聞の折り込みや家庭の郵便ポストに入る範囲ならば大きさは問われないので、自由なチラシレイアウトで販促が可能になります。また、素材の質感や紙の厚みなど、触覚から高級感・素朴さなどの印象を伝達できるのも面白い点です。比較的短期から取り組むことができ、インターネット上の販促とは違ったアプローチで、商品やイベントの紹介・PRを行えるのが魅力と言えるでしょう。

宣伝チラシ活用のメリット3 – チラシは保存性のある媒体である

最後にチラシの活用をオススメする理由としては、見込み客や潜在的な顧客を開拓する効果が見込めるという点です。

口コミマーケティング

地域に根差したお店であれば、近隣に住む人にチラシを使って効果的にアピール出来れば、見込み客を開拓出来るだけではなく、口コミで人から人へと噂が噂を呼んで評判になるという事にも繋がります。チラシは手にした人以外にも波及しやすい事も見逃せません。

インターンチラシのデザイン作成例

家庭やオフィスで気軽に回覧でき、気になったものは保存しておくこともできます。これだけインターネットが発達した現代では、チラシデザインをWEB(SNS)とリンクさせることも重要です。インターネットや検索エンジンなどを効果的に活用する事も、自社の商品やサービスを理解してもらう上で重要な要素であることは間違いありません。

 

チラシデザインと購買行動

どうすれば買ってくれるのか

チラシデザインを製作する場合、自社が提供するサービスや商品を広く認知してもらい、消費者の購買行動に繋げることを主な目的としています。購買行動とは、消費者が商品やサービスを購入したいと感じる購買意欲を高め、実際に購入する行動のことを言います。購買意欲が高ければ高いほど購入に繋がりますし、低ければ当然購入には至りません。

講演会のチラシ制作例

チラシデザインを作成する場合に大切なことは、商品を販売している会社側がこの購買意欲を的確に理解し、それを高めるためのデザインや構成を意識して作成しているかという点です。もし大量にポスティングしても売り上げが変わらなかったり、集客効果すらなかったとしたら、それは購買行動に繋がらない無駄なチラシを作ってしまっている可能性が高いと言えます。このため、本来の目的を達成するためには人間の心理を巧みに利用し、購買行動を起こさせるようなチラシデザイン作りを意識しなければなりません。

人間の心理や意識というものは、無意識に色の影響を大きく受けていると言われています。

色彩心理

身近な例で言えば、信号の赤は止まれを意味します。赤は人間にとって危険を知らせ、注意喚起を促す効果があるためです。逆に歩行しても問題ない時には緑が点灯しますが、緑には安心感を与える効果があります。このように、私たちの身の回りにある色には様々な効果が隠れています。つまり、色の特徴を理解し、商品などの特性やターゲットなどに応じた配色のチラシデザインを制作すれば、より良い効果が見込める可能性があります。

色は購買意欲を高める

ただ、いくら適していると言っても一色や少ない色合いでチラシデザインを作成してしまっては、消費者も面白さを感じないうえに、場合によっては見にくくなり逆効果となってしまいます。商品を宣伝する場合、背景や魅力的な宣伝文言(キャッチコピー)、値段など様々な色をつけるポイントがありますが、できれば3色から多くても5色程度にまとめると非常にまとまりが良くなります。

また、色の他にもチラシデザインには消費者の購買行動を引き起こす要因があります。AIDMAの法則と呼ばれる広告業界では有名なセオリーがあります。

AIDMAの法則

消費者はまずチラシなどでその商品を認知し、自分に関係あると感じた場合に興味を示します。その後、それが自分に利益をもたらすと感じれば購入したいという欲求が生まれ、さらにその商品の効果や評価、実績を知ることでさらに欲求が高まり、購買行動へと繋がるというものです。

この流れを理解しておくと販売戦略や売り上げ不振の原因究明などに役立つのですが、同じようにチラシをはじめとする広告を作成する上でも非常に役立ちます。購買行動を起こさせるためには、そもそも商品を知ってもらう必要がありますが、それだけでは足りません。知ってもらったうえで、購入するとどのようなメリットがあるか、世間ではこんなに認められているといったPRポイントをチラシの内容にプラスすることで、消費者の欲求を高めることができます。1枚のチラシ広告の中に伝えたいことをすべて記載するのは難しいですし、あまり文字ばかり多くなってもゴチャゴチャして読んでもらえなくなるので、文字量は無理がない程度に抑えておくのもポイントです。

展示会のチラシデザイン作例

このように、チラシを作成する場合は単に目立つものや、一方的に商品の宣伝をするだけではなく、それが購買行動に繋がらなければ意味がありません。そのためには色や構成などのチラシデザインにも注意を払い、計算された宣伝文を作り上げることが重要となります。

コピーライティング

この場合の構成はAIDMAの法則に則って行うと非常に効果が高いので、チラシの原稿を考える時点で商品やサービスがAIDMAの法則のどの段階にあるのかを把握しておくことが重要です。

そもそも知名度が無い場合は商品を知ってもらうことを目的としてチラシを作成し、ある程度知名度が上がってきたら購入することで得られるメリットなどを重点的に盛り込んだチラシを作成…といった具合に、段階を踏んだチラシを作りましょう。このように、段階ごとに適したチラシ広告を作ることで、コストや時間を無駄にすることなく効率の良い販売戦略を進めることができるでしょう。

 

チラシ・フライヤーのはじまりと歴史

私たちの日々の生活において、チラシを見ない日はありません。新聞に折り込まれているものやポストに入れられているもの、街中で配られるのもや電車の中吊りなど、チラシや広告はありとあらゆる場所に存在しています。自社の商品やサービスをアピールして消費者の興味を惹くため使用されるのですが、今や様々なチラシデザインや媒体が登場し、もはやただの宣伝とは言えない領域にまで発展しています。

このように日々進化する広告ですが、世界で最初にチラシが作られたのは紀元前1世紀ごろの古代エジプトだと伝えられています。

チラシの歴史はエジプトから

実物も現存しており、イギリスの博物館に展示されているので見に行くことも可能です。エジプトのテーベという古代遺跡から発掘されたもので、その時代に使用されていたパピルス紙に手書きで記されていました。

パピルスをチラシ代わりに内容は商品などの宣伝ではなく、逃げてしまった奴隷を捕まえた人に褒賞を与えるというお触れのようなものでしたが、これをきっかけに紙などの媒体を用いて人々に情報を知らせるという手段(=チラシ)が広まっていったと考えられています。このように太古の昔から紙や文字が普及していたことも驚きですが、チラシの歴史がこのように古いものであったという事実もまた世界中を驚かせました。

また、この時代の遺跡からはパピルス紙に書かれたものだけでなく、今で言う屋外広告(ポスター)のようなものも発見されています。トルコに現存する古代ローマ時代の建築物にある廊下の壁面に、足形やお金の入れ物、ハートなど様々なものの形が刻まれており、それぞれに特定の意味があったと言われています。

※掲載しているチラシデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

印刷用紙のサイズについて

A判用紙 -  A8 / A7 / A6 / A5 / A4 / A3 / A2 / A1 / A0

B判用紙 - B8 / B7 / B6 / B5 / B4 / B3 / B2 / B1 / B0

用紙サイズ早見表

SSL

カード決済対応

銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: