Skip links

不動産会社のデジタルサイネージ動画サンプルを作成しました。

不動産広告のデジタルサイネージ動画

シンプルな編集で物件の高級感を伝える不動産会社の広告動画です。

デジタルサイネージを想定した縦長のサイズで、道行く人の視線を留めるような、モデルルームの宣伝動画をサンプル制作しました。

都会にそびえ立つラグジュアリーなマンションを下から映した雰囲気のある画像に、時間の経過と共にスライドして入るキャッチコピー。次のカットでは、リビングとキッチン、バスルームと寝室の様子が上下に分かれ、それぞれ左右別の方向へと流れていきます。ゆっくりと室内を見せた後は、外観の画像に戻り、画面下部に来場者特典である商品券プレゼントを告知する煌びやかなエンブレムが出現します。

デジタルサイネージ動画の作成依頼はこちら

不動産などの高級感を演出したい動画広告は、あえて過度な編集はせず、商品の良さを全面に出すシンプルな演出方法をとる方が魅力が伝わりやすい傾向にあります。動画はシンプルな編集でもパーツや画像にこだわりが伝わるようなデザインを施すことで、商品のクオリティーに説得力が付加されます。

 

デジタルサイネージ動画デザイン例







不動産関連のデジタルサイネージで意識したい高級感

不動産関連のポスターやチラシ、サイネージ動画のデザインで共通して意識すべきは「いかにして高級感を演出するか」です。ただ商品をPRするためのデザインとは異なり、購入を検討しているお客様に「特別なものであること」を感じてもらわなくてはいけません。

今回の不動産動画広告において意識していることは次の3つです。

  • 過度な装飾を避けてシンプルな構図
  • 商品の説得力を前面に押し出すデザイン
  • 不動産商品画像の見せ方

お客様に対象の不動産商品を「特別なもの」と感じてもらうためのデザイン手法についてお話しします。

過度な装飾を避けてシンプルな構図

不動産は高額な商品です。売り手として、さまざまな情報を広告に提示したくなる気持ちもわかります。高級マンションの場合、広告に多彩な情報を提示するのは逆効果になる場合もあります。多彩な情報ばかりに目が行き、商品本来の魅力を感じられなくなるからです。

作例のデジタルサイネージ動画は、過度な装飾を避けてシンプルな構図を意識しました。エントランスの光が宝石箱のように輝く高級感に余計な情報は必要ありません。あえてシンプルな構図にしたことで、買い手の「どんなマンションなのだろう?もっと知りたい」という気持ちをかき立てられるようなデザインにしました。

商品の説得力を前面に押し出すデザイン

良い商品はそれだけで説得力が増します。テキストを長々と書き連ねるよりも、商品そのものをありのままの姿で見せた方が買い手に魅力が伝わりやすくなる場合があります。

作例では、マンションの外観と内装の写真をアニメーションで切り替え、最終的に少ない量のテキスト+外観という流れで動画を作成しました。テキストを最後の部分だけに絞ることで、商品を知りたいという買い手の方に「問い合わせ」や「購入検討」といった消費行動を促すことができるでしょう。

不動産商品画像の見せ方

不動産広告における商品の外観は買い手の興味をひきつける役割をもっています。正面からの写真や航空写真など、いろいろな視点からの写真が不動産広告で使われています。

作例ではあえて下から見上げるようなアングルの写真を使用しました。高層高級マンションの特性を活かし、不動産がもっとも荘厳な雰囲気になる写真をチョイスしました。夜空のバックに映えるように、ゴールドと明朝体でテキストを挿入しています。

商品の邪魔にならないように気を配りながら内装の写真をゆっくりと入れ込むことで、購入後の生活をイメージしやすくなるように心がけました。

 

制作動画・映像編集に対する感想 

VOICE

「帰る家」を想起させるデジタルサイネージ

群青の空に明かりの組み合わせが家庭的

日が沈み、群青の夜空へと変わるひと時は、会社員や学生の帰宅時間でしょうか。穏やかなダークブルーの空に、暖色のライトが映えています。帰宅して見上げる我が家に灯る明かり、「あたたかい我が家」を直球なメッセージで表しているデジタルサイネージです。空から降る星のように流れてくるコピーも、上品でこだわりを感じさせますね。

ラグジュアリーな室内の様子は広く見えるレイアウトがポイントに

ドラマや映画のセットのように贅沢な室内は、スタイリッシュな家具がレイアウトされて夢のような生活をイメージさせます。木のぬくもりと都会的な佇まいが同居していて、見た人誰もが憧れを抱くことでしょう。室内の様子を写した写真の後に、冒頭の外観写真が再び掲載されているので、デジタルサイネージを見ると、内見を終えて再び外に出たような気分にもなりますね。アピールしたい来場者特典の情報も、目立ちつつ上品さを損なわないデザインで魅力的です。

※掲載している動画編集サンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

動画編集の依頼・外注はお任せください 

動画の作り方が分からない方もご安心ください。格安の作成費用で動画編集・納品までサポート致します。まずはお問い合わせフォームより無料見積もりをご検討ください。他の映像制作業者様・動画編集会社との比較検討も是非行ってみてください。WEB広告・YouTube用動画の編集代行、商品や会社のPR動画・セミナー動画・CM動画制作など...業態・規模問わず動画の作成を致します。



動画編集・映像制作の依頼〜納品までの流れ

動画編集・映像制作の流れ①

見積もり

希望されている動画編集プランや要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【動画編集の制作費用について】提供動画や商用素材等を利用した動画制作となります。撮影については対応しておりません。

動画編集・映像制作の流れ②

作成情報の提供

動画編集・映像制作に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。プランによっては、この段階で静止画の簡易的なコンテを確認いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

動画編集・映像制作の流れ③

動画の編集・作成

動画の編集・映像制作に取り掛かります。完成した動画の見本データが閲覧できるURLをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正等があれば、適宜追加納期にて対応いたします。

動画編集・映像制作の流れ④

完成・納品

編集を行った動画が完成となりましたら、ご入金確認後に動画のデータ納品を行います。


動画編集・映像の作成について

動画編集・映像作成料金のページへ
各種イベントのCM動画、SNS上の映像プロモーション、店頭のモニター動画やデジタルサイネージなど、各種動画の編集・映像制作に関する業務を幅広く行なっています。映像・動画の外注、製作依頼はお任せください。


error: