名刺デザイン・ショップカードデザイン作成事例

名刺デザイン・ショップカードデザインの作例について

名刺デザイン・ショップカードデザインの作例一覧

各種名刺デザイン・ショップカードデザインの作成事例を掲載しています。作例の一覧は下記よりご覧いただけます。

ショップカード・名刺デザイン作成例一覧

 

名刺デザイン作成事例

名刺デザイン作成事例一覧

ビジネスの場ではじめて会ったときに交換する名刺。会社や自宅に戻り名刺を整理した後、期間をおいて見返した時に、どんな方がどの名刺をくれたのか明確に思い出すことができるでしょうか?

名刺は単なる連絡先の交換ツールと思いがちですが、実際は、確実に相手が受け取り、保管してくれる最短最強の販促ツール。とくに、今後の付き合いを左右する第一印象に大きな影響を与えます。

昔からある一般的な名刺の形は、企業名とロゴマーク、氏名と役職、連絡先という必要最低限のものを伝えるシンプルなものが主流でした。連絡先を交換するという大きな目的は果たしていますが、交換して以降、「こんな仕事があるけどどこに頼もう」と考えた時に、名刺を見返し、その会社がどんな事業をしていてどんな人が担当だったかを思い出せなければ名刺を交換した本当の意味は成せません。

名刺は連絡先情報だけを伝えるカードではなく、渡した個人、そして所属する企業を印象的にPRする販促ツールです。盛り込む内容はスタンダードなスタイルとさほど変わらなくても、デザインの仕方で印象は大きく変わります。

屋号の前に事業をアピールするキャッチコピーを印象深く入れる

企業ロゴと連動するイメージデザインで全体をレイアウトする

似顔絵や顔写真を入れて顔と名前を印象付ける

折り加工や小冊子スタイルでより細かく事業を伝える

二次元コードや検索窓をつけWEBに誘導する  etc

など、上記の他にも企業のカラーによって工夫できる方法はたくさんあります。

今では会社や自宅のパソコンで、簡単に名刺が作成できるデザインフォーマットサービスなどがあり大変便利になりましたが、自社のイメージを思った通りに伝えるにはオーダーメイドで対応するオリジナルデザインの名刺が力を発揮します。

 

ショップカードデザイン作成事例

ショップカードデザイン作成依頼事例

ショップカードデザイン作成事例一覧

名刺があるからショップカードはなくてもOK。そんな風に考えがちですが、個人の名前がメインになる名刺をお客さま一人ひとりにお渡しするのは難しく、お店を印象付けるには少し遠回りの方法です。名刺は個人を印象付けるもの。ショップカードはお店を印象付けるもの。本来、使い方も目的も異なるものです。

ショップカードのもっとも大切な役割は、お店を思い出してもらうことです。一度「お店に行った」というだけでは、短期記憶には残りますが、時間が経つと店名や場所の記憶があやふやになりやすく、印象がそれなりに良かったとしても「なんだっけあのお店・・・」と記憶の中に埋もれてしまいます。そんな時財布の中にショップカードがあれば、店の情報を思い出すことができ来店チャンスを逃すことを防ぐというわけです。

また、カードを手放さないようにしてもらうために、単にお店の情報を記載したカードというだけでなく、来店ごとにスタンプを押して特典が得られるスタンプカードや、提示しただけで特典が受けられる会員カードなど、カードを持って来店することでサービスが受けられる機能をつけることもおすすめです。

そして、もう一つ大事なのは「持って帰りたい」と思わせる見た目であることです。レジ横やテーブルなど自由に持ち帰りできるように配置することが多いショップカードは、カード自体がお店の雰囲気とよく合っており、目にしたお客さまが手元に置いておきたくなるようなデザインであればカードを持ちかえる確率が上がり、カードを介して友人や家族にお店を紹介したり、SNSなどにアップするなど二次的な効果も期待できます。何より見た目に好感をもったものは処分しづらく、お店の記憶と共にキープしてもらいやすくなります。お店のSNSアカウントやホームページを持っている場合は、カードにQRコードやURLなどを掲載することでフォローしてもらいやすくなり、ファンを増やすきっかけを作ります。

 

名刺・ショップカードを活用しよう

名刺・ショップカード

ショップカードや名刺というものは、ショップのイメージを決定したりPRをするための重要なツールです。ショップカードや名刺はデザインをどのようなものにするのかが重要になります。ショップカードや名刺にお店や自分自身・企業のイメージをデザインすることによって、PRや印象づけの効果が期待できるからです。ショップカードはお店をPRするためのツールとして欠かせないものとなっていますので、デザインに気を配るということはもちろんですが、PRの効果を際立たせるためにショップカードや名刺の活用方法なども考えておかなければなりません。

通常、ショップカードはお客さまに見てもらうということが大切ですから、店頭の見えるところに置いておき、ストックもしっかり確保しておきましょう。ショップカードや名刺をつくるときには、PR効果を出すためのデザインを考えるとともに、ツールとしても活用するということを念頭に入れておく必要があります。たくさんの方にPRできるツールとして活用するためには、名刺やショップカードを積極的に配るということも大切になってくることは間違いありません。それぞれのお店の個性やカラーを活かすことでより印象深い集客ツールとなるのが、ショップカードです。

また、個人のPRツールとしてはまだまだ名刺は根強い人気があります。最近では自身のSNSやWEBサイトへの導線として利用されているケースも見受けられますので、効果的に活用しましょう。

ショップカード・名刺デザイン作成料金について

※掲載しているカードのデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

名刺作成について

名刺印刷業者・名刺デザイン業者をお探しですか?名刺作成料金・名刺デザイン依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

名刺デザイン・名刺作成

ショップカード作成について

ショップカード印刷業者・ショップカードデザイン業者をお探しですか?ショップカード作成料金・ショップカードデザイン依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

ショップカード作成

カード決済対応

デザイン費用・印刷料金などの支払い方法は、銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました 書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例デザイン総合情報誌「MdN」に制作サイトが掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: