Skip links
飲食関連のデジタルサイネージ動画作成例1

飲食関連のデジタルサイネージ動画作成サンプルを作成しました。

和食を彩り美しく厳かに見せるデジタルサイネージ用動画です。

質感のある和紙を背景に浮かび上がる金枠に縁どられたおせち料理の写真。和洋折衷のお洒落な雰囲気の料理に合わせるように、雰囲気のある行書体で品名を表示し、赤のラインと共に画像横からスライドさせました。

2つの御膳を紹介した後、左斜め下から紅白の帯をスワイプさせ場面転換を図りました。新たな場面には御膳を中心に二つの皿を並べ、画像の上から雲柄や金箔、金の輪などのおめでたい和の絵柄を重ねて、時間の経過と共に2つの皿にコピーが浮かび上がるように編集しました。

デジタルサイネージ動画の作成依頼はこちら

全体に調理の映像が美しく見えるように装飾の色は赤と金だけに絞り、和と洋、両方の華やかさと味わいを感じられるようにシンプルに品よく仕上げました。

 

デジタルサイネージ動画デザイン例







 

飲食サービスのデジタルサイネージの効果的な活用方法

デジタルサイネージは、飲食業界ではすでに増加傾向にあります。デジタルサイネージの導入を検討されている方は、顧客に魅力的な体験を提供するアイデアに溢れているのではないでしょうか。

しかし、時にある重要な要素が見落とされていることがあります。それは、デジタルサイネージの美的感覚です。シンプルな画像であっても、アニメーションであっても、お客様にとって魅力的なビジュアルであることが重要です。デジタルサイネージを最大限に活用するためには以下のような取り組みがポイントです。

ブランド力を高める

まず最初にすべきことは、自分たちのレストランやバーの特徴をチームで話し合うことです。他のレストランとの違いは何か?自分のお店を特別なものにしているものは何か?この答えが得られれば、メインビジュアルや書体など、レストランのどの特徴がデジタルサイネージで最もよく見えるかを決めることができます。

常に鮮明な映像を届ける

デジタルサイネージは、屋外に向けて長時間使用されるため、傷や汚れなどの影響を受けやすくなります。毎日メッセージを鮮明に伝えるために、購入するデジタルディスプレイごとに保護スクリーン等への投資を検討しましょう。

 

飲食サービスのデジタルサイネージ動画で意識したい「統一感」と「差別化」

当サービスでは飲食サービスのデジタルサイネージ動画のデザインにおいて「統一感」を意識しています。飲食サービスの動画において、中心となるモノは「料理」です。料理にはさまざまな色が使われており、その料理の色合いを活かしたデザインが重要になります。また、飲食サービスのブランディングも考慮しなくてはなりません。

料理だけにフォーカスをあててしまうと、飲食サービスの差別化が難しくなってしまいます。だからこそ「統一感」をだしながら差別化されたデザインが必要になります。統一感と差別化をデジタルサイネージで表現するためのポイントは「カラーリング」と「アニメーション効果」です。

カラーリングを統一化させることで広告全体に統一感が出る

デジタルサイネージに限らず、広告媒体においてカラーリングは重要な要素になります。商品やサービス、ご依頼者さまのブランドイメージに合致したカラーリングで広告を作成することは大切です。

作例では白と赤のシンプルなカラーコーディネートにしました。サービステキストにある「御節」をカラーで表現しています。白と赤は目出たい色、魔除けの色として古くから親しまれている色の組み合わせです。白と赤で統一したことにより、どんなサービスなのか?どんな料理を出しているのか?が伝わりやすくなります。

ご依頼者さまのブランドロゴの色に合わせてカラーコーディネートを考えたサイネージ動画になります。

アニメーション効果を工夫することで差別化と統一化が融合できる

デジタルサイネージは複数の動画や静止画の「切り替え」が行える広告媒体です。この切り替えの仕方を工夫することで、サービスの差別化とデザインの統一化が融合させやすくなります。

作例では、1枚目の料理画像から2枚目のサービス詳細画像への切り替え(トランジション)時に、斜めから紅白のラインをインサートしました。画面切り替えのアニメーションにはさまざまなタイプのものがあります。作例では、あえてシンプルな斜線のインサートを採用しました。

斜線の色を紅白にすることで1枚目に与えたイメージをそのまま2枚目に引き継ぐことができます。1秒で切り替えるようにしたのも工夫したポイントです。切り替えのスピードが早すぎると、サイネージを見た人に焦燥感を持たせてしまいます。あえて1秒で切り替えることによって、サイネージそのもののタイム感に落着きを持たせ、サービスのコンセプトである「御節の料理」を印象づけられます。

サービスコンセプトとブランディングの融合は細かい部分のデザインが効果的

サービスコンセプトとブランディングの融合は、細かい部分まで意識してデザインすることが重要です。単に伝えたいことをサイネージ動画にしても、大味なままでは伝わるものも伝わりません。料理と同じように「侘び寂び」や「粋」といった日本人の心をデザインに反映させるように心がけました。

 

デジタルサイネージ制作例に対する感想 

VOICE

ハレの日のテーブルをイメージしたデジタルサイネージデザイン

白いお皿に赤い文字で格式の高さを表現

特別なお祝いや大切な行事には、いつもは違う食事があります。白を基調とした清潔感のあるテーブルと朱色のテキスト色は、そうした特別感をあらわすのにふさわしい組み合わせといえるでしょう。金箔のようなモチーフもおめでたい雰囲気を後押ししています。ぎゅっと詰められたお重は、彩豊かで「目のご馳走」という風情。明るい光を感じるレイアウトが印象的ですね。メニューをめくるような場面切り替えも、特別な食卓のワクワク感を想起させます。

水引のようなあしらいが和食の伝統をさりげなく伝える

問い合わせ先を示した画面下の部分を目立たせているのは、モダンな水引のような罫線です。おめでたい席のお祝いを彷彿とさせつつも目立ちすぎない控えめな意匠は、丁寧な仕事と質の高い食材によって作り出される和食をイメージさせるのにぴったり。眺めているうちに背筋がすっと伸びていきそうな、清々しさと特別感に満ちたサイネージデザインです。

※掲載の動画は実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載している動画編集サンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

動画編集・映像制作





error: Alert: Content selection is disabled!!