Skip links
美容系サービスのデジタルサイネージ動画作成例1

美容系サービスのデジタルサイネージ動画作成サンプルを作成しました。

美容系サービスのデジタルサイネージ動画作成例1

美しい透明感が印象的な脱毛サロンのデジタルサイネージ用動画です。

まばゆい光の中から登場する美しい肌が印象的な女性モデル。左側の空間にリボンとサークルで装飾したバッジ状の限定割引の案内が出現し、そこから引き出すように真横から高い顧客満足度を示す数字が現れます。

以降、空間の中心にキャッチコピーとロゴタイプが大きく浮かび上がり、最後にwebサイトへと誘導するQRコードが吹き出しと共に出現します。

デジタルサイネージ動画の作成依頼はこちら

情報量を絞りビジュアル面を強調することで、サロンの利用で得られる「美しさ」や「満足感」を強調し、もっと詳しく知りたいという欲求につながるように構成しました。

 

デジタルサイネージ動画デザイン例







 

エステティックサロンやスパを経営されている方は、お客様のロイヤリティーが最大の資産であることをご存知かと思います。ロイヤリティーの構築には、お客さまに何度も足を運んでいただくことが大切です。

デジタルサイネージを活用することで、さらに店舗の魅力をアピールすることができます。デジタルサイネージには、道行くお客さまの目を引くものや、サービスの詳細を伝えるものなど、コンテンツやデザインによって様々な効果が期待できます。

 

美容系サービスの動画で重要な「もっと知りたい」を引き出すデザインのポイント

美容系サービスの広告にはさまざまなものがあります。化粧品やエステ、サロンなどさまざまな美容系サービスの広告において、共通しているのは「ユーザーの興味を惹きつけること」です。美容系サービスはユーザー自身が「調べる」ことから購買活動がはじまります。

つまり「調べる」という活動を促すためのデザインが重要になります。ユーザーのもっと知りたいという欲求を引き出すためのポイントとして「ユーザーの興味を引く数字」と「モデルの目線」が挙げられます。

広告における「数字」の役割

どのような広告においても「数字」のもつ力は大きいものです。値段や日付など、重要な情報を握っているのは「数字」であることがほとんどです。広告に数字を使う場合、どのような数値をデザインとして入れ込むかが重要になります。

美容系サービスは競合が多い業界です。そのため見込み顧客は「顧客満足度」を基準にして業者を選ぶことが多いです。作例では「顧客満足度97%」という数字をサイネージ動画の最初に表示させました。

見込み顧客が気になる数字を最初に入れ込むことによって、興味を引き付け、サイネージ動画の情報を最後まで集中して見てもらえるようになります。

広告のモデルは「目線」が大事

美容系サービスの広告に欠かせないのが「モデル」です。世界的に有名なブランドをはじめ、ほぼすべての美容系サービスの広告には「モデル」が起用されています。美容系サービスの広告における「モデル」の共通項として「目線」が挙げられます。

ほとんどの広告ではモデルが正面を向いている、つまり広告を見た人に訴えかけるように見つめているものが多いです。「目は口ほどにモノを言う」という言葉がある通り、どのようなサービスなのか、どのような商品なのかを「目線」で伝えるデザインが重要になるのではないでしょうか。

作例は脱毛サロンの広告になります。肩までを映した写真からは、美しい背中やうなじといった女性の気になる脱毛ポイントが目に入るでしょう。さらに目線をこちらに向けることで「あなたも私のようにきれいな背中やうなじになりませんか?」というメッセージが伝わります。

美容系サービスの広告では多くを語らないことも

数字や目線、フォントなど美容系サービスの広告には細心の注意が必要です。多くを語りすぎてしまえば、広告デザインが煩雑になり、顧客の「もっと知りたい」という欲求を引き出せない可能性があります。逆にあまり語らない広告では見た人の印象に残りません。

多くを語らず、しかし重要な情報はしっかりと伝える。デザイン技術を駆使しながら、伝えるべきところは伝え、行動喚起につながるようなデザインを心がけています。

 

デジタルサイネージ制作例に対する感想 

VOICE

透明感のあるモデルの魅力が光るデジタルサイネージデザイン

まっすぐこちらに目線を向けるモデルが印象的

光のエフェクトが、清潔感とフレッシュさをアピールしているデジタルサイネージデザインです。大きく女性モデルがレイアウトされていてこちらに視線を向けているので、街を歩いていても「ハッ!」と視線を感じるのではないでしょうか。店名とQRコードがモデルの横にレイアウトされているので、ショップ名が印象に残りやすく、詳細情報へのアクセスもスムーズに誘導できそうです。

数字であらわすアピールはおしゃれフォントが◎

美容系のデジタルサイネージは、全体の雰囲気も大切な訴求ポイントになり得るでしょう。このデザインでは、初回限定の割引や顧客満足度といった数字のアピール項目を敢えて控えめなフォントとサイズで表現することで、繊細さを表現しています。デジタルサイネージには、サロンの世界観を壊さない「イメージ」によるPRも効果的ではないでしょうか。使う色を限定することで、統一感だけでなく透明感も生み出されています。

■QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

※掲載の動画は実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載している動画編集サンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

動画編集・映像制作





error: Alert: Content selection is disabled!!