Skip links
体育教室の体験チケット制作例

体育教室の元気あふれる体験チケットデザインを作成しました。

体育教室の体験チケット制作例

体育教室の明るく活動的な様子が伝わる体験チケットデザイン。

明るくアクティブなイメージを持つ黄色を背景にし、爽やかなブルーを組み合わせて、子どもたちの元気はつらつとした様子をデザインで表現しました。

体験チケットの文言の後ろには湧き上がるようなもくもくとしたイラストを入れ、運動している子どもたちのシルエットと共に、溢れ出るような「元気」を感じさせます。

チケットデザインの依頼はこちら

また、背景や装飾にドットを使うことでデザインに奥行きが生まれ、よりアクティブな印象を強めています。チケット裏面はモノクロでシンプルに、利用上の注意や有効期限、捺印スペースなどを設け、利用に際した要件を確認しやすいように構成しました。

体育教室の体験チケットデザイン_omote

体育教室の体験チケットデザイン_ura

体育教室の体験チケット制作例_3

元気あふれる印象を与えるチケットデザインのポイント

「元気」をデザインで表現する場合、あらゆる表現が可能です。例えば、色の持つ効果を使い元気を表現することもできます。擬音などを使って文字で表現することもできるでしょう。

ただ、表現方法を限定しておかなければ元気を通り越して騒がしいデザインになってしまいます。チケットという表現範囲が小さなものならばなおさら気をつけなければなりません。

元気あふれる印象を与えるデザインで意識しているポイントは2つあります。

  • 色の持つ効果を利用して表現する
  • イラストを入れることで視覚的なアクティブさを出す

見ただけで元気になれそうなデザインのポイントについてお話していきます。

色の持つ効果を利用して表現する

デザインをする際に、色の持つ効果を利用することはとても有効です。色にはそれぞれが持つイメージや受ける印象があります。

作例では明るくアクティブなイメージを持つイエローやオレンジを使用し、爽やかなブルーで子どもたちのハツラツさを表現しました。

「色彩心理学」と検索してみると、心理や行動に影響を与える色の効果について詳しく知ることができます。カラーによる訴求効果の一覧が確認できます。作例で使用したイエローには「愉快、元気、軽快、希望、無邪気」といったイメージがあります。オレンジは「喜び、活発、陽気、明るい、暖かい」イメージ。ブルーには「知的、落ち着き、信頼感、誠実、爽快感」というイメージがあります。

それぞれの色彩効果を考えながらカラーリングを設計することで、イメージをより強く演出できます。

また、暖色と寒色を使い分けることでデザインにメリハリを出すことも元気な印象付けとしては有効な手法です。反対色を使うことで印象に残りやすくするのも狙いです。

イラストを入れることで視覚的なアクティブさを出す

色だけでなくイラストを使って元気を表現することもできます。色がそれぞれのイメージを持つように、イラストからも情報を伝えて印象を操作できるのです。単なるイラストではなく「動」つまり動きのあるイラストを用いることで、視覚的なアクティブさを演出できます。

作例でいえば、跳び箱を飛んでいる子どもやバスケットをしている子どものシルエットのイラストが「動」のイラストになります。動きのあるイラストを使うことで、あらゆる運動ができることを視覚的に伝えられるようにしました。

また、イラストの背景にも一工夫しました。イラストの背景をドットにすることで奥行きを出し、もくもくとしたイラストからは運動する子どもたちから出る熱気・エネルギーを表現しています。

一方、裏面は白背景に黒文字とシンプルにすることで説明や注意事項が十分に伝わりやすくなります。キャッチコピーや、イラストを添えることで硬い印象にならないようにバランスをとっています。統一感がでるように、裏面にも「動」のシルエットイラストを配置したのも工夫の1つです。

 

制作チケットデザインに対する感想 

VOICE

ワクワク楽しい雰囲気満載のチケットデザイン作例

健康的なカラーリングで持っているのが楽しくなる券に

オレンジとブルーの組み合わせは、キッズらしい健康的なイメージです。お互いを引き立てあうような色合わせで、グラデーションやドットといったバリエーションによって奥行きのあるデザインになっているようです。ボールをシュートしようとするシルエットや、跳び箱を跳んでいるようなシルエットも、グラデーションカラーで表すことで躍動感がプラスされているような気がします。ウラ面のイラストもサッカーをしている子どものシルエット、ロゴもシルエット風なので、統一感があります。

雲のエフェクトや斜体フォントがエネルギッシュ

やる気がモクモク湧いてくるような雲のデザインや、「体験チケット」の斜体表現も、とにかく元気でエネルギッシュな印象です。賑やかなデザインですが、オモテ・ウラともに重要事項はくっきり読みやすいフォントで書かれているので安心感があります。二次元コードも大きめのサイズでレイアウトされているのが現代風ですね。

※掲載しているチケットのデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

チケットデザインの依頼・外注はお任せください 

チケットの作り方が分からない方もご安心ください。格安の作成費用で製造・納品までサポート致します。まずはお問い合わせフォームより無料見積もりをご検討ください。他のチケット業者様・デザイン会社との比較検討も是非行ってみてください。様々なニーズに合わせたチケットデザインを作成致します。


チケットデザインの作成依頼〜納品までの流れ

チケットデザインの流れ①

見積もり

チケットの制作部数や要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【チケットデザインの制作費用について】グラフィックデザインのみの制作・チケット印刷込みのデザイン制作、両方の依頼に対応しています。

チケットデザインの流れ②

作成情報の提供

チケットのデザイン作成に必要な掲載文章や素材などを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

チケットデザインの流れ③

チケットデザインの作成

チケットデザインの作成に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

チケットデザインの流れ④

校了〜印刷・納品

チケットのデザインが校了となりましたら、ご入金確認後に印刷手配(またはデータ納品、及びその両方)を行います。お届けまでお待ちください。(※チケットの印刷は外部印刷会社へ委託となります。印刷・入稿手配の代行費用等はサービス料金に含まれています。)


チケットの作成について

チケットデザイン作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
イベントやコンサートなどのチケット作成を行なっています。チラシよりもスリムで場所を取らないため、クーポンやちょっとした情報を伝える媒体としても活用できます。チケット・クーポンの外注、製作依頼はお任せください。


error: