Skip links
眉毛サロンのギフトカード作例_1

眉毛サロンの男性向けギフトカードのデザインを作成しました。

眉毛サロンのギフトカード作例_1

高級感のあるエレガントな雰囲気を大切にしました。

男性の中にはクーポンや割引券を使用するのをためらうという傾向がある方もいらっしゃいます。なんとなく「せこい気がする」「わざわざ使うのが気恥ずかしい」と感じて気後れするようです。

高級感を演出する表面のデザイン

今回のデザインは使用するのが楽しみになる高級感を念頭においてデザインしました、表面はマーブルの模様を背景にあしらって、細いゴールドのフレームで囲いました。GIFT CARDという文字を大きくあしらって、クーポンや割引券ではないことを強調しています。リボンの装飾は、ギフトらしさを演出するのに役立っています。

チケットの作成依頼はこちら

ギフトカードの使いやすさを考慮した裏面

裏面はボタニカルパターンを背景にして、カードを使用する上での注意事項を簡潔に記載しました。箇条書きにすることで、背景に模様があっても読みやすくなっていると思います。細いフレームで囲むことでオモテ面とデザインを揃え、全体の統一感を演出しました。

男性客に向けた心理的ハードルを下げるデザイン

このデザインは、顧客が抱える心理的なハードルを克服することを目指しています。高級感あるデザインにより、ギフトカードの使用が「特別な体験」の一部と感じられるようにしました。男性客が気軽にギフトカードを利用し、サロンのサービスを楽しむきっかけを提供することが、このデザインの主な目的です。

眉毛サロンのギフトカードデザイン_表

眉毛サロンのギフトカードデザイン_裏

眉毛サロンのギフトカード作例_2

 

制作チケットデザインに対する感想 

VOICE ※第三者による感想です

使いやすいデザインが良いですね。

持っていても良いと感じる高級感

白い清潔感のあるデザインで、マーブルやボタニカルといった上質な背景が印刷されていて、財布や手帳に入れて持ちやすいデザインになっていると思います。「激安」や「お得」といった文言が分かりやすく入っていたり、特売チラシのように派手なチケットだったりすると、受け取りにくく感じてしまう人もいるかもしれません。こちらは顧客だけが持つ特別なカードや、優待チケットのような高級感のあるデザインに仕上がっているため、持つことに拒否感を感じる男性は少ないのではないでしょうか。万年筆のインクにあるような深いブルーの文字も、ラグジュアリーな印象です。

ウラ面の記載が簡潔で分かりやすい

ウラ面は、余白のバランスや文字サイズのチョイスが絶妙だと思います。注意事項が大きく書いてあったり、色つきだったりすると、特売のような雰囲気になってしまいますが、こちらはフォーマルなフォントで、小さく控えめに印字されているので上品なイメージですね。余白が適度に取られていて、背景のボタニカルパターンが映えています。ウラ面まで洗練された雰囲気が統一されているという点も、男性から支持されやすいのではないでしょうか。

※掲載のチケットは実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載しているチケットのデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

各種チケット作成





Home
ご依頼・お問い合わせ
Top
error: Alert: Content selection is disabled!!