大学祭のポスターデザインを作成しました。

大学祭のポスターデザイン

大学祭のポスター_B2サイズ

豪華なゲストやイベント盛りだくさんな大学祭を告知する華やかなポスターです。

色とりどりの花が咲き乱れる華やかなタイトルバック。楽しくPOPな書体で書かれたタイトルと大きくわかりやすい開催日の告知を花の上に配置しました。大学のマスコットキャラクターの写真やイベントの紹介など大学祭らしい内容を次々に紹介し、最寄りの駅から大学までのアクセスマップをランドマークの写真を交えてわかりやすくデザインしています。

そして、学校祭の目玉企画である、現役の人気芸人が出演するライブの告知を一番下に大きくレイアウト。下からスポットライトを照らすように3組の芸人の写真を大きく配置しています。ポスターは目に入った瞬間に自分にとって有益であるかないかを判断されます。加えて一歩離れた距離から見られることが多いため、要素を大きくわかりやすく配置する必要があります。大学祭に関心を持ってもらえるよう、タイトル・日付・キャラクター・ゲストのそれぞれを大きく人目を引くようにデザインしました。

大学祭のポスターデザインイメージ

制作ポスターデザインに対する感想 

VOICE

学祭ポスターの役割を理解しデザインされている。

オレンジをメインにしたカラフルな配色で、とても楽しそうな雰囲気が伝わってきますね。学祭のポスターということですから、やはり楽しかったりにぎやかだったりといったお祭り騒ぎなイメージをデザインで伝えることは大事です。その上で、このメインカラーをオレンジにしつつ、背景にカラフルな花をたくさん散りばめているのは、まさにお祭りやイベント感がしっかり感じられていいですね。その背景のカラフルな花も全体に散りばめるのではなく、上半分のみに配置することで、下半分との情報のグループ分けを背景を使って行っているのがわかります。

ポスターの下半分には学祭のゲストを紹介しており、よりスペシャル感を出すために日の出を彷彿とさせる放射状のデザインが施されています。全体に花を散りばめるのもアリだとは思いますが、このような背景を使用したグループ分けをすることで、「情報を伝える」というポスターの役割をしっかりと果たしていますね。また、全体の要素がそれぞれ大きく配置されているのも良いですね。たくさん情報を載せようとするとそれぞれのサイズがどうしても小さくなってしまい視認性が低くなってしまいますが、こちらのポスターデザインはその点も配慮されていると感じました。

 

※掲載しているパネル / ポスターデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

ポスターの作成について

イベントポスター制作料金のページへ (印刷料金・送料込み)
様々な催し・イベントに関するポスター作成を行なっています。ミュージックフェスのような賑やかなデザインから、厳かな雰囲気の講演ポスターまで、ジャンルや世代に合わせたポスター作りを心がけています。ポスター・パネルの外注、製作依頼はお任せください。


ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

パネル・ポスター作成について

ポスター印刷業者・ポスターデザイン業者をお探しですか?ポスター作成料金・ポスターデザイン依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

パネル・ポスター作成

SSL

カード決済対応

銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: