シックなコンサートプログラムのデザインを制作しました。

DUO_パンフレットデザイン1DUO_パンフレットデザイン3DUO_パンフレットデザイン2

ピアノとパーカッションによるリサイタルの格調あるプログラムをデザインしました。

両面ともモノトーンで仕上げることで、統一感とクラシック音楽の格調を与えるデザインです。ただ、真っ黒・真っ白というわけではなく両面ともに繊細な装飾が背面にレイアウトされており、コンサートのイメージに相応しい内容のプログラムに仕上っています。

デザイナーの振り返り 
■ プログラムの表紙は深い黒をベースにしており、ズッシリとした存在感のあるデザインになっていますが、開くと、表紙とは対照的な明るくスッキリとしたデザインになっています。表との対比でメリハリがあり、内容を読む際にも疲れにくい色彩です。
■ 前面白黒=コストを削減したという印象を持たれることのない、格調のあるプログラムになるよう、細部に注意してデザインしました。
■ 比較的フラットなデザインのため、演奏者2人を囲う額縁が映え、2人の姿を一層印象的にしています。

 

コンサートの落ち着いたプログラム制作例

ピアノリサイタルやオーケストラなどのクラシック音楽のコンサートのプログラムは、シックで落ち着いたデザインのものが多いです。ピアノリサイタルなどはカラー印刷にするよりもモノトーンにする方が、格式高い雰囲気のプログラムになります。モノトーンといっても一般的なモノクロ印刷ではなく、背景などの随所には繊細な装飾が施されており、高級感を醸し出しています。
ロックバンドのコンサートのプログラムは多彩な色を使った派手なデザインのものが多いですが、クラシックコンサートのプログラムはあまり派手なデザインにすると、クラシック音楽に特有のエレガントさや上品さが薄れてしまいます。落ち着いたデザインのプログラムにすることによって、クラシックコンサートの上質感をビジュアル面で演出することができます。ピアノリサイタルのプログラムでは、演奏者の顔写真に縁取りを入れるなどして、演奏者の顔が印象的に目立つための工夫を施しています。演奏者の顔写真の印刷を工夫することによって、演奏者のイメージの向上につながります。

宣伝効果+奏者やイベントのブランディング・プロモーションに繋がる

演奏者の経歴を記した文字の書体も格調高い書体にすることにより、観客の脳裏に演奏者の経歴がしっかりと残りやすくなります。ジャズのコンサートのプログラムもクラシック音楽と同様に格調高いものが多いです。ジャズは都会的で夜の雰囲気がする音楽ですので、二つ折りパンフレットも都会的な雰囲気が感じられるデザインになっています。都会の夜の雰囲気を演出するために、色は黒を基調とするシックなモノトーンが主流です。上質な二つ折りパンフレットを制作することによって、クラシックやジャズのコンサートの格式を一層高めることに貢献します。

 

制作デザインに対する感想 

品位のある演奏会に行ってきたと自慢できそうなパンフレットデザインです。

「クラシック音楽を楽しむときはやはり最高の空間で落ち着いた感じで音楽を楽しみたいものです。とくにクラシック音楽の場合は、演奏者の奏でる音楽が素晴らしいため、演奏者のファンとなって通い続ける方が多いです。そんなクラシック音楽を聞くときに、演奏者の経歴などを知りたいときに参考になるパンフレットですが、こちらのパンフレットは、必要な情報をたくさん、しかし、文字だけで読みたくなくなるようなデザインではありません。文字だけであれば飽きてしまいますが、演奏者の写真をしっかりと載せて、その横に経歴をしかも格調のある字体で書くことによって、情報が入りやすくなります。
また、カラーを使わず、白と黒のモノトーンのみの配色にすることによって、高級感をパンフレットが演出しています。このようなクラッシック音楽は、高級感を味わうのも楽しみの一つですから、カラーを使わずにモノトーンだけで高級感を表現していることは、このクラッシック音楽の演奏会のイメージをより高いものにしてくれています。写真もカラーではなく、白黒であるため、落ち着きのある演奏者に見えます。特別感を味わうことのできるデザインだと思います。」

パンフレットを開くと、中面はパッと明るい雰囲気。そのメリハリも良い。

「コンサートというのは日本各地で行われているのですが、1日のみの開催という場合が多いので、宣伝には力を入れることが多くなっています。このパンフレットデザインもコンサートの宣伝や案内を行っているのですが、黒で統一されているのがとても印象的です。ただ黒い背景になっているだけでは暗いだけになってしまうのですが、植物の葉をいくつも散りばめられていることから、黒い背景でもかなりインパクトが出ています。格調が高いような感じに仕上がっていますし、とても落ち着いた感じになっているのもよいでしょう。
誰が出演するのかもきちんと書かれているだけではなく、プロフィールも詳しく記載されているので、初めて訪れる人でもわかりやすくなっています。コンサートのプログラムも記載されているので、どのような流れでどれぐらいの時間行われるのかもすぐにわかるのがよいでしょう。外側は黒が基調でクールな落ち着いた感じになっているのですが、内側は白が基調になっているので、メリハリのある作りになっています。」

格調のあるコンサートでありながら、敷居が高くならないように考えて作成されていることがわかります。

「コンサートの場合には、どのような音楽のジャンルなのか、どのような楽器を用いるのかによっても宣伝方法をガラッと変えていく必要があります。ロックバンドなどであれば派手にすることが多いですし、ピアノやオーケストラなどであればシンプルでクールな感じにすることが多いのですが、このパンフレットデザインもシンプルでクールな感じになっています。ピアノが中心になっているコンサートなので、このように黒を背景に用いて植物の柄を薄らと載せるような神秘的な感じはピッタリです。
裏表紙には下の部分の背景を白にして、楽器の写真を載せている広告に目が行ってしまいます。中面はプログラムと出演者のプロフィールが載せられているのですが、やはりシンプルに記載されていることから、とてもかりやすい内容だと言えるでしょう。大きく顔写真も記載されているので、どのような感じの人であるのかもはっきりとわかります。」

 

二つ折りパンフレット制作料金のページへ (印刷料金・送料込み)

ASOBO DESIGN™ とは

チラシデザイン・ポスターデザインのASOBO DESIGN

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

 icon-envelope-o 

デザインの見積もり・制作依頼はこちら

©ASOBO DESIGN

■デザイン・記事内容はASOBO DESIGN又は第三者に帰属します。
■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン_s 書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。   タイトルまわりのチラシデザイン 書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。     adobemaxロゴ Adobe MAX Japanにて制作デザインが展示されました。   チラシデザインが紹介されました 書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。   ファッションマガジンにデザイン掲載 インターナショナルファッション誌"En Vie Fashion Magazine"内にデザインが掲載されました。   asobo design factoryがデザイン誌に掲載されました デザイン総合情報誌「MdN」にてWEBサイトが掲載されました。   CD制作ガイドに掲載されました インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてインタビューを受けました。  

NEWS&PRESS情報一覧




事業概要

ご利用規約

ASOBO DESIGN™ではチラシやポスターのデザイン制作をはじめとした、様々なデザインサービスを行っています。