Skip links
クラシックカーを愛する人たちを追いかけた映像

クラシックカーを愛する人たちを追いかけた映像作成例

クラシックカーを愛する人たちを追いかけた映像

かつて日本の製造業を支えていた自動車業界。今や日本の若者の多くは個人で車を所有することに興味をなくし、ただの道具としてしか見なくなってしまったと言われています。ある種のステータスやファッションアイコンとして車が持てはやされた時代は終わってしまったのかもしれません。しかし、世界には車を愛する人が沢山います。今回はそんな古き良き時代の車を愛する人たちを追いかけた動画を集めてみました。(※紹介する動画は当サイトの制作事例ではありません)

映像作成の依頼はこちら

メルセデスベンツだけを扱う修理業者にスポットを当てた動画

Cool Hunting Video: Mercedes Motoring




アメリカ、カリフォルニアで車の修理業を営むフランシスはメルセデスベンツ専門の業者です。作業場に所狭しの並ぶアンティークベンツは60~80年代のものばかり。修理に使うほとんどがオリジナルのパーツだというから驚きです。日本でベンツというと黒塗りで特定の人だけが乗っているイメージが強いかもしれませんが、海外でのイメージは違います。街中を走るトラックがベンツなんてこともよくありますし、映像を見ても分かる通り、ベンツってとってもカラフルなんです。おじいちゃんが埃まみれの古いベンツを運転して近所のスーパーに買い物に出かける光景なんかもよく見かけるんですよ。ちなみにシンプルに撮影された映像に見えますが、走っている画や前からのショットなんかを多用しているので、撮影には結構時間がかかっていると推測されますね。

 

ちっちゃな車ばかりを集めている車博物館の動画

Microcars at the Jesada Technik Museum




タイのバンコクにあるジェサダテクニックという車の博物館での紹介動画です。イギリスでは一般的な二階建てバスやヘリコプター、トゥクトゥクなどに混じって目を引くのがマイクロカーと言われる極小の車たち。全部で500台以上もあるというから驚きの展示量です。マイクロカーはもともとヨーロッパで戦後に資源と材料費の軽減のため積極的に開発されたようで、それが昨今の軽量、ミニマムな車の原型となっているんだそう。確かに映像内でもドイツなどヨーロッパで作られた車体がいっぱい出てきます。今、世の中にある車を全てマイクロカーに変えたらなんだかワクワクした毎日が過ごせそうだと思うのは自分だけでしょうか?

 

レニーの車庫という名のクラシックカーの神様を収めた動画

Lenny’s Garage




世の中にはすごい人がいるものです。アメリカブルックリンの倉庫には58台もの珍しいクラシックカーが収められているガレージがあります。その名もレニーのガレージ。倉庫内に入るとまるで時代が遡ったかのような景色を見ることができます。キャデラック、シボレーなど映画の中でしか見たこのない車が所狭しと並んでいます。しかもその全てをたった一人で直し、メンテナンスをしているというんだから驚きです。今はもう役目が終わってしまったイエローキャブがガレージから出てくるところなんかは、感動すら覚えます。レニーの素晴らしいところは車だけでなく、車を通じて様々な人とコミュニケーションをしていることだと思います。当時のアイスクリーム販売の車で実際にアイスを振る舞うレニーの顔はたまりませんね。

 

イギリスのクラシックカーショーの模様を収めた動画

Car Show : Enfield pageant of motoring 2016




2016年にロンドン近郊インフィールドで開催されたクラシックカーショーの模様です。インフィールドでは毎年大規模なクラシックカーの祭典が開かれていて、世界中からクラシックカーファンが訪れるんです。ただ車を展示するだけでなく、様々な催しや、お店なども出店しているので家族づれで楽しめるお祭りです。車好きの人なら映像を見ているだけでヨダレが出てしまうんではないでしょうか?確かに見るだけでも面白いかもしれませんね。映像自体も個人製作っぽくのどかな感じがして好印象です。かかっているBGMも味がありますね。ちなみにカメラはPanasonic GH4、レンズはCanon 50mm f1.4 (with Speedbooster XL)で撮ったとのこと。個人製作の作品だとこうした機材情報が知れるのも興味深いです。

 

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

動画編集・映像制作料金と作例

映像編集・動画制作について
デジタルサイネージや展示会などのPR用の動画編集、商品やサービスを紹介する店頭動画、SNSやWEBサイトでの利用を想定したWEB広告動画の制作など、様々な動画編集・映像制作業務を行なっています。動画編集の代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

動画編集・映像制作例はこちら
イベントや商品のプロモーション映像編集サンプルなどを紹介しています。魅力的なタイトル映像や、動画のイメージに合ったナレーション・テロップ入れなど、動画編集に必要な様々な作業にも対応しています。


動画編集・映像制作の依頼〜納品までの流れ

動画編集・映像制作の流れ①

見積もり

希望されている動画編集プランや要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【動画編集の制作費用について】提供動画や商用素材等を利用した動画制作となります。撮影については対応しておりません。

動画編集・映像制作の流れ②

作成情報の提供

動画編集・映像制作に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。プランによっては、この段階で静止画の簡易的なコンテを確認いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

動画編集・映像制作の流れ③

動画の編集・作成

動画の編集・映像制作に取り掛かります。完成した動画の見本データが閲覧できるURLをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正等があれば、適宜追加納期にて対応いたします。

動画編集・映像制作の流れ④

完成・納品

編集を行った動画が完成となりましたら、ご入金確認後に動画のデータ納品を行います。



error: