ずっととっておきたくなる名刺デザインのアイデア

とっておきたくなる名刺デザインのアイデア

まるでギフトのような、もらったら嬉しい名刺デザインをご紹介します。かわいさやオシャレさなどを見せることで、ずっと大切にとっておきたくなるような名刺に。どんな工夫がされているのかを、チェックしてみてください。

 

オシャレなポイントが多い名刺デザイン

とっておきたくなる名刺作成例1

黒をベースにしたデザインですが、やわらかな質感を感じる紙を使用することにより、ベースカラーの強さがやわらいでいます。細い白の斜線を入れて明るさを出しつつ、ほどよくスペースを埋め、リボンのシンボルマークを際立たせてオシャレな雰囲気に。裏面には細かな白い花びらのような模様を散らし、表のスタイリッシュさとは異なる動きを出して、ドラマティックな印象に仕上げています。単調にならない名刺デザインに、関心を寄せてしまう方も多いはず。シンボルマークのリボンとロゴ文字を金色で施し、高級感を出しているところもポイントが高いでしょう。

 

ピンク×グリーンの親しみある名刺デザイン

とっておきたくなる名刺作成例2

ピンクとグリーンを使ったシンプルな名刺デザインです。カラーは2色のみ、ロゴを真ん中に大きく配置しただけにも関わらず、印象に残るデザインです。細い筆でざっくりと、弾むように描かれたロゴ文字の存在感が強いため、複雑な飾りは不要なのかもしれません。落ち着いたピンクと深みのあるグリーンを合わせると、甘過ぎず地味過ぎずに、ちょうど良いバランスを保つことができます。ピンクの花とグリーンの葉は自然界にも存在しているもの。誰もが安心してしまう配色に、好感を抱いてしまう方も多いでしょう。

 

さわやかな水玉模様の名刺デザイン

とっておきたくなる名刺作成例3

水玉模様は名刺に使用すると、ポップになり過ぎてしまう恐れも。そんな模様をクールなブルーで統一することで、涼しげでさわやかな印象に仕上げた名刺デザインです。画用紙に色をにじませたような、手描きのぬくもりが伝わるような質感に。ですが、円の形は正確に描き、乱れることはないように留めています。大きさとカラーの濃淡を変えた水玉を配置して、動きを感じさせるデザインに。ずっと見ていたくなるような、心地よさを感じさせてくれます。

 

ロゴやマークはしっかりとアピールしつつも、見ることを飽きさせない配色やデザインで、名刺を渡した相手を喜ばせることができます。「こんな名刺ならもらってみたい」と思わせるような、ギフトのような名刺デザインを考えてみたくなります。



「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。

ショップカード・名刺のデザイン料金と作例

ショップカード/名刺の作成について
お店の宣伝やブランディングに欠かせないショップカードの作成、ビジネスシーンで欠かせない名刺の作成、カードタイプの販促ツールはお任せください。

ショップカード/名刺デザインの作成例はこちら
過去のショップカード作成例、名刺作成例をご覧いただけます。リーズナブルな飲食店から高級アパレルブランドのショップカードまで、イメージにあったデザイン作成を行なっています。名刺も与えたい印象や企業のイメージに応じて、ブランドに沿う名刺デザインを作成しています。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: