それぞれのコンセプトを乗せた2色使いのおしゃれなカードデザイン

名刺やショプカード、ロゴを見たときにどう言う意図でこのデザインにしたのだろうと考える時がありませんか?ただただデザインや色使いが美しいことももちろんですが、そこにしっかりとしたコンセプトが隠れているのも素敵ですよね。今回は2色使いのデザインに絞ってそれぞれの背景を見てみました。

 

ディープブルーとパステルバイオレットのコントラストが美しいカードデザイン

カードデザイン

モントリオールに拠点を置くグラフィックデザイナーの名刺デザインです。印象づけるためパステルバイオレットと、ディープロイヤルブルーを組み合わせ、その上に金箔を重ねています。色のコントラストとともに、波や枝のような無機質なパターンがしっかりと主役を張っています。その上に箔で質感をプラスしてとても高級感があるデザインに仕上がっています。

 

ブランドロゴの幾何学パターンを使用した繊細なカードデザイン

カードデザイン

優しいブラウンベージュとホワイトで構成されています。ブランドロゴをパターン化して幾何学でグラフィックなタッチの背景を使用。優しい色合いなので、上にブラックで重ねたゴシック体の文字情報もすんなりと目に入ってきます。バックデザインはさりげなくブランドロゴの配置を変えて、中央のスペースを活用しています。スタイリッシュに仕上がっていますね。

 

何らかのコンセプトを感じさせる印象に残るカードデザイン

カードデザイン

ショップカードや会社の名刺もそうですが企業理念やコンセプトが視覚的に見えるというのも素敵ですよね。このデザインは2色を使ってと言うよりは、ポイントに青を置いています。この青い円は会社がすべてのプロジェクトに関わる情熱、そして影響を表しているそうです。線はプロジェクトを表しているんですね。円の周りの線はぐにゃりと曲がっています。何かは分からないけど、意味があるのだろうという意図が見受けられます。左上にロゴを入れただけのデザインですが、かなりインパクトがあります。

 

ビジョンがあってそれをデザインに落とし込むことは凄く労力がいることですが、会社や個人で経営をしている人にとってはとても重要なことだと感じます。また、こういったカードデザインを作る上で、デザインが決まらないな、まとまらないなと感じるときは色を絞ってみたり、フォントを絞ってみたりして統一感を出すことを目指してデザインするのも一つの方法ですね。



「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。

ショップカード・名刺のデザイン料金と作例

ショップカード/名刺の作成について
お店の宣伝やブランディングに欠かせないショップカードの作成、ビジネスシーンで欠かせない名刺の作成、カードタイプの販促ツールはお任せください。

ショップカード/名刺デザインの作成例はこちら
過去のショップカード作成例、名刺作成例をご覧いただけます。リーズナブルな飲食店から高級アパレルブランドのショップカードまで、イメージにあったデザイン作成を行なっています。名刺も与えたい印象や企業のイメージに応じて、ブランドに沿う名刺デザインを作成しています。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL

カード決済対応

銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: