Skip links
高級感のある箔押しを取り入れたパッケージデザインについて

高級感のある箔押しを取り入れたパッケージデザイン作成例

高級感のある箔押しを取り入れたパッケージデザインについて

印刷物にインパクトや高級感を持たせるためによく利用されるものとして、箔押しがあります。メタリックな光沢感はデジタルには無い紙モノだからこそできる技術・表現ですよね。特にこれからクリスマスやお正月などが近づくにつれ、特別感のある箔押しはいろんな商品のパッケージや印刷物などに利用されることも多くなると思います。プレゼントに利用するものなんかは箔押しがされているだけでグレードが上がったような感じがしたり、年賀状を始めとした新年のお祝いなどに関するものに取り入れるだけで、グッとお祝い感が増します。今回は、そんな箔押しを取り入れたパッケージデザインをご紹介していきます。(※紹介するパッケージデザインは当サイトの制作事例ではありません)

パッケージ作成の依頼はこちら

ダークなクリスマスカラーにシルバーが映えるパッケージデザイン制作例

パッケージデザインを見る (via Pinterest)

こちらはリトアニアのヴィーガン向けのチョコレートブランドが販売した、クリスマス限定のチョコレートのパッケージ。アーモンドと粉状に加工した花を使用した、リッチな大人向けのチョコレートになっています。クリスマスと聞いて思い浮かぶ色といえば赤と緑ですが、そんなクリスマスカラーを少しダークなトーンにしてパッケージに使用しシックで落ち着いた高級感を演出しています。パッケージの全面にはシルバーの箔押しで手書き風のデザインが施されており、ダークトーンとのコントラストが曲線の美しさをより強調しています。

ゴールドではなくシルバーを使用することで、ただゴージャスで華やかなだけではなく少し落ち着いた大人向けの印象を受けるかもしれませんね。クリスマスの限定商品らしいパッケージで、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそうなデザインです。

 

ラベルだけではなくボトル全体がデザインとしてまとまっている作例

パッケージデザインを見る (via Pinterest)

ダンボーイアイリッシュウイスキーは、アイルランド西部にある港町ベレーヘイブンを守るために建てられた城、ダンボーイ城に敬意を表して作られたウイスキーです。アイリッシュウイスキーの特徴であるトリプル蒸留を行い、ファーストフィルバーボンカスクというシェリー樽などに使用された樽を用いて熟成させたウイスキーで、こちらのパッケージは商品へのこだわりを視覚的に表現しています。

ヨーロッパの美術品などに見られるような繊細な装飾を箔押しでデザインに落とし込み、そこに商品名などを斜めに角度をつけて表記することで、繊細で高級感のある美しさの中にも立体感と動きを感じられるデザインになっています。ラベルの深い赤と金色の箔押し、深い琥珀色のウイスキーの色のすべてが芸術的な美しさを織りなしており、ラベルだけではなくボトル全体が目を引くデザインとなっていますね。

 

ポイントで箔押しを入れることで遊びを感じるデザイン制作例

パッケージデザインを見る (via Pinterest)

ここまではパッケージの全体に箔押しを施したものをご紹介してきましたが、こちらは一見すると非常にシンプルなデザイン。白い背景に商品名の赤い色やネイビーが映え落ち着いた印象を受けますが、よく見るとフォントは色々なものを使用しており、少しユニークさも感じるデザインですね。

Aguardente Rumarというポルトガルのブランデーなのですが、全体のタイポグラフィーなどは細くスッキリとしたラインのものを使用されています。そこにポイントとしてゴールドの箔押しを取り入れることで、シンプルで落ち着いたデザインの中のアクセントとなっていますね。細いラインや小さい丸などに箔押しを施すことで、角度を変えたり光に当たった時にチラチラと控えめな輝きを楽しむことができます。全面に箔押しを取り入れた場合は高級感が非常に強くなりますが、このように小さめにポイントで入れるとパッと見はシンプルなデザインの中に遊びを感じることができます。

パッケージデザインを見る (via Pinterest)

ブラン・ナチュラルズは、オーストラリアの農場で栽培された材料を使用して現代女性のために考え抜かれたスキンケア用品を製造している会社です。こちらの紙筒の中にはガラス瓶に入れられた美容液が入れられています。

筒状の外箱というのもあまり見かけないですよね。筆で大胆に描かれたようなペイントと緻密に描かれたスケッチ部分に箔押しを使用することで、オーガニックな材料をブレンドし、ダイナミックかつ新しい体験を生み出すというブランドの理念をデザインで表現しています。そこに淡いピンクを加えることで可愛らしさと優しさを感じることができ、スキンケアタイムによりリラックスすることができそうなデザインに仕上がっています。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

ラベル・パッケージデザイン料金と作例

商品パッケージデザインの作成について
箱や手提げ袋などのパッケージデザインから、商品に貼り付けるラベルデザインまで、包装に関わるデザイン作成を行なっています。パッケージデザインの代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

ラベル・パッケージデザインの作成例はこちら
パッケージやラベルのデザイン事例・サンプルを掲載しています。紙箱からポリ袋などの軟包材まで、様々な商品パッケージの作例を掲載しています。


パッケージデザインの作成依頼〜納品までの流れ

パッケージデザインの流れ①

見積もり

作成を希望されているパッケージの仕様や要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【パッケージデザインの制作費用について】パッケージのグラフィックデザインの制作となります。商品パッケージの設計・印刷・製造については対応しておりません。

パッケージデザインの流れ②

制作情報の提供

パッケージのデザイン制作に必要な掲載文面や素材・図面データなどを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

パッケージデザインの流れ③

パッケージデザインの作成

パッケージのデザイン制作に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。デザインや文面などに修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

パッケージデザインの流れ④

校了・納品

パッケージデザインが校了となりましたら、ご入金確認後にデータ納品を行います。



error: