Skip links
高原レジャー施設のイベントポスター制作例

高原レジャー施設で開催されるイベントのポスターデザインを春らしく作成しました。

高原レジャー施設のイベントポスター制作例

高原レジャー施設のイベントポスター_A2

幻想的なムードでデザインした野外イベントの告知ポスター制作例。

キャンプサイトに張ったテントから望む朝焼けの風景を春らしい桜色に染め、タイトルデザインと一体化させた幻想的なムード満点の野外イベントのポスターを制作しました。

キャンプ場で行われる一泊二日の野外イベントは宿泊も大きな楽しみの一つ。ロケーションもさることながら、キャンプで得られる体験をポスターから感じ取ってもらえるように、早朝にしか見ることのできない神々しい風景をメインビジュアルに据えました。

イベントのポスターの依頼はこちら

開催時期に合わせて景色を春らしい桜色に加工し、上空から舞い降りてきたかのようなタイトルとシームレスに馴染ませました。

日程や入場料、開催地などの重要なインフォメーションは桜色によく映えるブルーグリーンでデザインし、ポスターを遠目から見た時にもよく目立つように配慮しました。

イベント告知のポスターデザイン1

イベント告知のポスターデザイン2

イベント告知のポスターデザイン3

季節感を出すポスターデザインのポイント

イベントポスターは開催日時などの情報を入れるだけでなく、いかに楽しそうなデザインにするかも大切です。そもそもポスターは文字だけでなく、写真や図を使って宣伝効果を出すものです。そのため、イベント用のポスターとなれば「お?」と興味をひくようなデザインが重要になるのです。

また、イベント用のポスターは開催時期に沿ったデザインを行うと、ワクワク感や季節感が出ます。さまざまな工夫をすることで他のイベントポスターとの差別化もできるでしょう。

季節感を出すポスターデザインで意識しているポイントは2つです。

  • 季節のイメージに合った色を使う
  • 補色を上手に使って映える工夫をする

「行ってみたい!」と興味をひくためのデザインのポイントについてお話していきます。

季節のイメージに合った色を使う

豊かな四季が日常的な日本では季節の色彩イメージに敏感な人が多いです。例えば、夏といえば海の青やスイカの赤、ひまわりの濃い黄色のようなビビッドな色がイメージに浮かぶ人が多いでしょう。逆に、冬は寒色で暗い色のイメージが強いはずです。

このように、季節ごとに色彩イメージが定着しているため、季節イベントのポスターデザインにも取り入れやすくなるのです。季節色は見るだけで特別感やワクワク感が演出できるのも大きな強みです。

作例では、春のイベントということもあり桜色をメインカラーに選んでいます。キャンプ場で春に行うイベントなので、春の朝の神々しい幻想的なイメージ写真と風に舞う花びらを連想させるタイトルデザインにしました。

春はパステルカラーのイメージが強いため、桜色とブルーグリーンといった淡い色味をあえて選んでいます。反対色を使うことでテキストを読みやすくしました。また、全体のカラーをグラデーションにしているため、フォントにもグラデーションを入れて統一感を出しています。

読みやすさとデザイン性の両方が成立するように心がけました。

補色を上手に使って映える工夫をする

補色になる色を2つ使うことでポスターデザインにメリハリをつけることができます。色の種類を円で表した「色相環」というものがあります。12色、24色で作られており、色の相性などが一目で分かる一覧表のようなものです。

冒頭の「補色」とは、色相環で色相の差が12になる色のことです。たとえば、赤と青緑や黄色と青紫は補色の関係になります。この補色を上手に使うことで「映える」ポスターになります。

作例では、桜色とブルーグリーンを使用しました。ピンクとグリーンは補色関係にあり、コントラストが強く出る組み合わせです。ピンクとグリーンは春のイメージにもピッタリです。色のイメージによって咲き誇る花々や新緑が連想できるでしょう。

ただ、ピンクとグリーンを原色で合わせるとキツイ印象を与えてしまいます。そのため、イベントの内容や春という季節感に合わせて淡い色味に変えてカラーリングをしてみました。補色であるグリーンの色味をフォントカラーにすることで、イベントの重要な情報が目立ちやすくなります。

 

制作ポスターデザインに対する感想 

VOICE

桜と太陽の暖色が印象的なポスターデザイン作成例

和風の文様と自然の風景がベストマッチ

舞い散る桜の花びらと、川面を意匠化したような優美な曲線が特徴的です。輝く太陽から広がる朝焼けも桜色のグラデーションで織り成され、キャンプ場の清々しい空気が伝わってきます。イベント名の踊るような動きのある配置も、ゴールドの帯状飾りとあいまって、優雅なムードを醸し出していますね。

自然の雰囲気にマッチしたブルーとアー写

キャンプ場の自然に溶け込みつつ、遠くからでも読み取りやすいブルーグリーンのテキスト色。川や緑、草原などをイメージさせてくれる色で、桜色と組み合わせるとさらに雅な雰囲気になっています。アーティスト写真も、ポスターのメインカラーとリンクしている構図、色使いのものが多く、統一感があります。地図や開催情報の詳細部分は、白地に切り替えているので、詳しく知りたい人にとって助かるデザインですね。キャンプは車での来場がメインなので、広域マップと周辺地図が併記されているのは広報的に高ポイントではないでしょうか。

※掲載のポスター・パネルは実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載しているパネル / ポスターデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

イベントポスター作成





error: Alert: Content selection is disabled!!