ダーツチームのメンバー募集ポスターデザインを作成しました。

ダーツチームのメンバー募集_ポスター制作例

ダーツチームのメンバー募集ポスター_A2サイズ

存在感のある写真とキャッチコピーで目を引くダーツチームの募集ポスターです。

シズル感のあるビールジョッキの写真とダーツボードの写真。この二つの写真を一つの画像に加工し、キラキラと輝く光の粒を合成することで、夜のダーツバーに流れる大人の雰囲気をポスターを通して表現しています。

ポスター上部の空間には、印象の強いキャッチフレーズを白字で大きく入れ、やや斜めに振ることで動的なイメージを作り、ビアジョッキに重ねるようにして大きく入れたチーム名はビールと同系色でデザインすることで、大きさのインパクトを残しつつも、キャッチコピーの印象を邪魔しないように配慮しました。

下段最後に、黄色の帯でチームのTwitterアカウントとメンバー募集の告知をし締めくくっています。バーに飾られても違和感なく溶け込み、それでいて印象の強いビジュアルで目を引く、ディスプレーされる場所を意識したポスターデザインです。

ダーツチームのメンバー募集ポスター作成イメージ_01 ダーツチームのメンバー募集ポスター作成イメージ_02

制作ポスターデザインに対する感想 

VOICE

SNSのアイコンがさりげなく目立つところがポイントに。

大きなビールジョッキに、ライトに反射したかのようなキラキラとした幻想的な背景にとけ込むダーツの写真。ダイナミックな配置に見る人の気持ちも大きくなり、リアルに楽しんでいるかのようなワクワク感を思い出してしまいました。ただし真ん中にあるのはお店の名前ではなく、ダーツチームの名前。下部にはメンバー募集の小さな文字が見え、ポスターの意図がやや遅れて伝わる印象に。最初に異なるイメージを受け取ったことで、ダーツチームの募集という表現がおもしろいものに感じてしまいました。ストレートに「メンバー募集」と記載するよりも、ポスターを見つめる時間も長くなりそうです。

白く目立つキャッチコピーも、最初は意味が分からなくても目的が分かれば納得できるもの。あえてチームの存在を見せないことで、SNSから活動や詳細をチェックしてしまいたくなってしまいます。バーなどのお店に貼られていても違和感はないものの、見慣れたSNSのアイコンがあればアクセスしてみたくなるでしょう。小さくても青いアイコンを目立たせながらもポスター全体になじむよう、タイトルと同じ黄色い帯を入れたところが効果的なポイントになっていると思います。

※掲載しているパネル / ポスターデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。


宣伝ポスターデザインの依頼・外注はお任せください 



ポスターの作成について

宣伝・販促ポスター制作料金のページへ (印刷料金・送料込み)
ポスターによる販促は、BtoCの事業以外でも必要になることが多々あります。看板の代わりにしたり、商品や企画の宣伝をしたりと、ポスターの用途も様々です。多様な業種・ニーズのポスター作成に対応しています。ポスター・パネルの外注、製作依頼はお任せください。


ASOBOAD®(アソボアド)とは

広告・デザイン作成のASOBOAD(アソボアド)

ASOBOAD(アソボアド)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

パネル・ポスター作成について

ポスター印刷業者・ポスターデザイン業者をお探しですか?ポスター作成料金・ポスターデザイン依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

パネル・ポスター作成

カード決済対応

デザイン費用・印刷料金などの支払い方法は、銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例デザイン総合情報誌「MdN」に制作サイトが掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: