チョークアートの看板制作をPRするチラシデザインを制作しました。

チョークアート看板制作のチラシデザイン チョークアート看板制作のチラシ制作例_表

チョークアーティストの看板制作を宣伝するPRチラシデザインです。

チョークアートはイタリアンレストランやバルなどでよく見かける、黒板に描かれた文字やデザインです。最近はとても注目を浴びるようになっており、需要も増えています。そんなチョークアートを担うアーティストの制作プランを紹介しているチラシを作成しました。

icon-edit デザイナーの振り返り 
■ 実積をしっかりチラシデザインに掲載し、検討材料として利用してもらえるよう心がけました。また、このチラシ自体を黒板に見立てたようなデザインで、より印象を強めています
■ 背景が黒ですので、ずっしりと重く暗い雰囲気のチラシにならないよう、字体や装飾のチョイスに気をつけました。
■ 飲食ビジネスだけではなく、エステや個人のウェルカムボードなど需要の幅も広いため、チョークアーティストの制作の幅と対応力が感じられるようなチラシになるよう制作しました。

チョークアート看板制作のチラシ制作例_裏

チョークアーティストのアートボートの制作を宣伝するチラシ制作例

チョークアートとは、欧米諸国で飲食店の看板などによく使用されているアートジャンルのひとつです。黒板に、オイルパステルやアクリル絵の具などの鮮やかな色彩を使用して描かれる精緻なイラストやレタリングが、独特の風合いと手描きのあたたかさを感じさせる手法で、デジタルが主流を成しつつある現代、日本では徐々に注目を集め始めているジャンルでもあります。オーストラリアやイタリア、イギリスなど、本場として独自の発展を遂げたチョークアートの文化を持つ国々を旅したことがある方なら、これらの手法で描かれた看板を目にしたことがあるかも知れません。
元来がプロモーション活動の一環としてスタートし、発展を遂げたこのアートは、紛れもなく芸術の要素を持ちながらも非常に高い宣伝力を持った広告手法でもあります。デジタルサイネージやコンピューターグラフィックが隆盛を極めている時代だからこそ、こういった手作り独特のあたたかさを感じさせる広告媒体は、他店と差をつけるオシャレな手法として、これからもますます注目を集めてゆくに違いありません。

アート作品を邪魔せず、引き立てるようなチラシ作りを

そんな新しいアートジャンル、チョークアートによるボード制作を宣伝するチラシ作成例ですが、まずひと目で伝えたいことが理解できるわかりやすい構成になっています。黒板に見立てた粗いブラックの木目に配置されたクレヨン風のロゴと、ポップでカジュアルな色彩、そして作品の制作例は、シンプルに商品の魅力をお客様に伝えます。ぬくもりと可愛らしさを感じさせる手書き風のフォントは、いかにもターゲット層に訴求しそうなお洒落感を醸し出しています。作品制作例以外の部分は極力色味を抑えることで、商品そのものの素晴らしさと伝えることに成功しています。また、それだけでは些か物足りない印象になりそうなところを、控えめに配置されたキュートなカラーの植物フレームが埋め合わせています。
チラシの裏面は、鮮やかな色彩で人の目を惹く表のチラシデザインとは対照的に、控えめで機能的なモノクロのカラーリングになっています。モノクロデザインの場合、背景に黒を置くと暗く沈んだ印象になりがちなものなのですが、この裏面のデザインは、手書き風フォントの味わいと植物をデザイン化したフレームを敢えて賑やかに配置することで、そういった印象を払拭することに成功しています。表とはまったく違うフレームを使用しながらも、統一感が損なわれていないことも特筆すべき点でしょう。そして何より整然と並べられた情報はすっきりとまとまっており、注文方法も分かりやすいところが、顧客にとって一番嬉しい部分になります。

自身の個性を押し殺すこともデザイナーの仕事

チョークアートと同じように、時として広告表現もアートジャンルのひとつだと言われることもあります。それだけに、惜しみない個性を注いだ奇抜な広告が増え、確かに人の目を惹きつける手法も進化してきました。しかし、こういったアートそのものをアートとしての広告が請け負う場合、チラシデザイナーの個性は商品やサービスの個性を相殺してしまうことがありますから、注意が必要です。チラシ作成でもっとも重要なことは、クライアントの意志を尊重し、商品やサービスの魅力を最大限に引き出してターゲット層に訴求することです。デザイナーのテクニックを、チョークアートをサポートすることに注ぎ込んだチラシデザインです。

 

・その他関連作例

キュートなネイルサロンのチラシデザイン

手描きのラフ感が可愛い雑貨ショップのフライヤーデザイン

 

icon-comment-o 制作デザインに対する感想 

作家の作品をうまくチラシに取り込んだデザインですね。

看板制作と言えば、普通はペンキを用いて作成するのが一般的なのですが、このチラシデザインで宣伝されているのは、チョークアートとなっています。チョークアートというのは、名前の通りに黒板にチョークを使っていろいろな絵を描く作品のことです。日本でも最近では、カフェや洋食店などで見かけることがありますね。黒板を使用するということもあり、背景を黒にして、より絵や文字を目立たせるようにしたのでしょう。
しかし、学校の黒板のような物にチョークで書かれているだけでは、すぐに消えてしまう可能性があるので、木製のボードにブラックペイントを用いて作成するというわかりやすい説明が書かれています。このような説明があるだけで、作成してもらいたいという人は増えるでしょう。手書き感がしっかりと出ているチラシデザインになっているので、好感が持てます。表面は個性が出ていてかわいらしい感じになっていて、裏面には詳しい内容が書かれているので、表と裏のバランスがよいと言えるでしょう。

 

販促チラシ制作料金のページへ (印刷料金・送料込み)

ASOBO DESIGN™ とは

チラシデザイン・ポスターデザインのASOBO DESIGN

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。


 icon-envelope-o 

デザインの見積もり・制作依頼はこちら

メールでのご相談・ご依頼はこちら

sslクレジット対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

©ASOBO DESIGN

■デザイン・記事内容はASOBO DESIGN又は第三者に帰属します。
■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。

ピックアップNEWS

タイトルまわりのチラシデザイン 書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

adobemaxロゴ Adobe MAX Japanにて制作デザインが展示されました。

チラシデザインが紹介されました 書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

ファッションマガジンにデザイン掲載 インターナショナルファッション誌"En Vie Fashion Magazine"内にデザインが掲載されました。

asobo design factoryがデザイン誌に掲載されました デザイン総合情報誌「MdN」にてWEBサイトが掲載されました。

CD制作ガイドに掲載されました インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてインタビューを受けました。

アソボデザインが各種プレスリリースに載りました サイトのリニューアル情報がメディアに掲載されました。

グラフィックデザイン部門にノミネートしました OSAKA KAWAII!! クリエイターズアワードのグラフィックデザイン部門にノミネートしました。

デザイン講義を行いました バンタンデザイン研究所でデザインについての講義を行いました。

NEWS&PRESS情報一覧