放課後デイサービスの不登校・ひきこもりサポートのチラシデザインを作成しました。

放課後デイサービスの不登校・ひきこもりサポートのチラシ作成例 放課後デイサービスの不登校・ひきこもりサポートのチラシ_A4サイズ

子どもの新たな居場所を提案する不登校サポートのチラシです。

黄色のヘッダーが目を引く、不登校や引きこもりの子供たちをサポートするデイサービスのPRチラシデザイン。

子供が不登校になると、誰もが抱える大きな悩み。学校は、大人にとっては小さな世界でも子供にとってはすべてといっても過言でないほど大きな影響力をもつ世界。保護者にとっても、頭ではわかっていてもいざ自分の子供が不登校になると、何とかして学校に復帰できないか考えあぐねます。そんな悩みを抱える方々の気持ちをフッと楽にしてくれるのが、ヘッダーに入ったキャッチコピー。子供たちがひらめくイラストと共に、学校だけが勉強の手段ではないことに気づかせてくれます。

具体的なサポート方法は、ヘッダー以下に子どものイラストを先頭にして4つの項目に渡り詳しく解説しています。黄色を基調としたチラシデザインは、明るく前向きな気持ちにしてくれます。不登校という塞ぎがちな問題に対し、気持ちを切り替え背中を押すポジティブなイメージを意識しました。

不登校・ひきこもりサポートのチラシデザイン

制作フライヤー・チラシデザインに対する感想 

VOICE

大切な悩みを相談してみたくなる親近感のあるチラシデザイン

チラシの明るい黄色のヘッダーは目を惹きやすいだけでなく、「不登校」や「ひきこもり」といったワードを重くし過ぎない効果もあると思いました。大切な問題でありながらも、決してマイナスに捉えない。悩める人々を明るく迎えいれてくれるような安心感があります。子供たちのイラストもあえて明るい髪色を使用することで陽気なイメージにしながらも、色数を抑えて白のベースを活かすことで、誠実さも伝わってきます。

できることを簡潔に、項目に区切って記載しているため、とても読みやすいです。文字が多すぎると読解するのに、頭を悩ませてしまうこともあるでしょう。前向きな言葉を端的に伝えることで心を軽くすれば、積極的な気持ちにさせる効果もあるのかと。具体的に説明しないことで、「コンタクトを取ってみたい」という行動に移す作用があると思います。連絡先は赤字で見やすいだけでなく、担当者の名前を赤字で大きく配置し、ある工夫をしたことがポイントになっていると思います。デリケートな悩みだけに、相談相手選びは慎重になってしまいそうなもの。漢字でなく大きなカタカナにしたことで親近感が生まれ、話しやすそうなイメージを与えることができると感じました。

 

※掲載しているチラシデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

チラシの作成について

講座・スクールチラシ作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
音楽や料理などのカルチャースクールの勧誘フライヤーや、学習塾・起業セミナーなどの宣伝チラシの作成まで、教育や講座に関するチラシのデザイン・印刷を行なっています。チラシ(ビラ・フライヤー)の外注、製作依頼はお任せください。チラシ(ビラ・フライヤー)の外注、製作依頼はお任せください。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: