Skip links
懐石料理店の正方形チラシ作成例

懐石料理店の宴会プランを紹介する正方形チラシデザインを作成しました(サンプル見本)

懐石料理店の正方形チラシ作成例

深みのある赤で季節感を表現した宴会プランのチラシデザイン。

おもて面は正方形の紙面に45度傾けた正方形を重ね、四隅それぞれに宴会料理の写真を配置しました。センターに正方形を置くことで紙面の角を当分に区切り、バランスよくおすすめの料理を見せることができます。

センターに置いた正方形は、上から下へいくほど色濃くなる深みのある赤のグラデーションを使い、深まりゆく秋の雰囲気とシックな和のイメージを表しています。また、タイトル文字「秋」から流れるように伸びるしなやかな線と、舞い散る紅葉の葉のイラストが宴会の賑わいと風流な秋の風景を想像させます。

チラシ作成・デザインについて

裏面はおもて面と同じ赤を背景に敷き、上部に金色の模様をあしらって漆器のような艶やかなデザインで和を表現しました。プランの具体的なメニューを写真付きで紹介し、商品を検討してもらうスペースになっています。プラン同士の距離を十分にとり、余裕のあるレイアウトにすることでそれぞれの料理が引き立ち品良く見せることができます。

懐石料理店の正方形チラシデザイン2

懐石料理店の正方形チラシデザイン1

季節の雰囲気を感じて思わず食欲がそそられるチラシデザインのポイント

飲食店のチラシをデザインする際は、料理のみずみずしさを表現した「シズル感」が重要です。飲食店の広告は写真のみならず、レイアウト全体からシズル感を演出する必要があります。

作例は懐石料理の宴会プランのチラシサンプルです。深みのある赤色で秋の雰囲気を演出しつつ、メニューの一品一品を上品に見せる工夫をしました。ただ料理の画像を並べるのではなく、料理の写真の角度が異なるものを整理しつつ配置することで、よりその料理のシズル感が演出できます。

今回の飲食店のチラシデザインを制作する際に心がけたポイントは3つあります。

  • 食欲のそそる「暖色系」をメインカラーにする
  • グリッドレイアウトを使用した写真配置
  • 余白をもうけたレイアウトは商品を引き立てる

思わず食欲が刺激されるような、飲食店のチラシデザインを制作するポイントについてお話しをしていきたいと思います。

食欲をそそる「暖色系」をチラシのメインカラーにする

食べ物を「美味しい」と感じてもらうには、味覚だけではなく視覚も刺激する必要があります。人は視覚から得た情報をもとに、脳内で味のイメージをします。自分のイメージどおりの味、イメージ以上の味の際に「美味しい」と言ってもらえるものです。

視覚への刺激は「料理は美しさも重要」と言われる理由のひとつです。同じ料理の写真やモチーフを使用しても、カラーリングを変えれば料理に対する印象も変わります。

飲食店と相性の良いカラーは暖色です。とくに赤やオレンジ色は食欲に大きな影響を与えます。作例は、赤のグラデーションを使用し、舞い散る紅葉のイラストが食欲の秋を感じさせるデザインに仕上げました。

裏面はメインカラーの赤に、漆器のような金色模様をあしらっています。背景にワンポイントをつけることで、高級感や落ち着いた雰囲気も表現しました。シズル感だけではなく、お店全体の雰囲気も伝わるデザインとなっています。

グリッドレイアウトを使用した写真配置

写真素材が多くなる場合、グリッドレイアウトを活用することで異なる写真素材を整理することができます。マス目状に補助線をイメージし、その上に写真を配置するように並べていけば、写真を綺麗に並べられ、より多くの写真を配置できます。

グリッドレイアウトは正方形で横3列、縦3列のマス目が基本です。ただし、その通りに写真を配置する必要はありません。素材や訴求ポイントに合わせて配置を調整することも重要です。

グリッドに沿って大きさを変えると、全体が整うだけでなくメリハリもつきます。また、雑なレイアウト配置にもなりにくいメリットが生まれます。

作例のチラシサンプルでは、グリッドの四隅に写真を配置するデザインに仕上げました。表紙の四隅に三角型の写真として配置することで、デザインが単調になるのを防いでいます。写真がフレームのような役割を果たすため、中央の文字に視線を誘導することもできます。

余白をもうけたレイアウトは商品を引き立てる

チラシの制作において、余白は非常に重要です。相手に伝えようとすればするほど、文章を細かく書いたり、写真をより多く掲載したりしたい欲求が生まれます。

しかし、ある程度のスペースがないと読みづらくなり、理解されにくい文章になってしまいます。余白を考えたレイアウトにすることで、テキストや写真で伝えたいことが伝わりやすくなるのです。

作例の裏面には、具体的なメニューを写真付きで紹介し、購入を検討してもらうスペースを設けました。プラン同士の距離を十分にとることで、ゆったりとしたレイアウトに仕上げています。レイアウトに余裕を作ることで、料理の写真が引き立つように工夫しました。

余白がバランス良く取れると、図や文字の見やすさが変わってきます。

  • 図と文字の間
  • 文字と文字の間
  • 文字と図の端の空間

これらの余白スペースを気にしながらレイアウトを考えることが大切です。

 

制作フライヤー・チラシデザインに対する感想 

VOICE

重箱風のにぎやかで美しいチラシデザイン

ごちそうの詰まった御重を彷彿とさせる和風の美

食欲の秋という言葉もあるほど、秋は美味しいものが沢山ありますが、こちらのチラシは正方形で、秋の味覚を詰め込んだ重箱のような雰囲気が華やかですね。食欲をそそる深い赤色に、色づいたモミジの葉が秋の行楽気分を連れてきてくれそうです。正方形に菱形の図形を重ねることで、奥行きが生まれているのでしょうか。豪勢な料理がことさら強調されているように感じられます。

赤色と金色の組み合わせが食欲をそそる

チラシのウラ面はメニューが写真つきで掲載されていて、見ているだけでお腹がすいてきます。ウラ面は赤色をベースとして紅葉のように金色があしらわれていて、豪華な雰囲気ですね。電話番号や受付時間などの情報は、白く色分けしたスペースに掲載されていて目立っています。オモテ面にも電話番号とQR画像があるので、チラシを受け取った人がどちらの面を最初に見ても、すぐに問い合わせにつなげられそうです。はんなりした質感のテキストも「和」な雰囲気。上品で素敵ですね。

※掲載のチラシ(フライヤー)は実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載しているチラシデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

カフェ・飲食店のチラシ作成





error: Alert: Content selection is disabled!!