Skip links
コーヒーカップ型のフライヤー作成例

カフェのコーヒーカップ型のフライヤーデザインを作成しました(サンプル見本)

コーヒーカップ型のフライヤー作成例

カフェのほんわかした雰囲気が伝わるコーヒーカップ型フライヤーデザイン。

コーヒーカップの形に紙をカットしたハンディサイズのユニークなフライヤー。従来の四角い定型用紙スタイルに捕われず、自由な形に紙を裁断することでカタチそのものに意味が生まれ、一目見るだけで何を伝えたいフライヤーであるかが認識されます。

また、可愛らしい形にカットされたフライヤーは手に取られやすく、コンパクトサイズであるため手元に残してもらいやすくなります。

チラシ作成・デザインについて

デザインは、コーヒーを連想させるほんわかとしたゆるいタッチの絵柄を配置しました。おもて面は優しいブルーで全面を塗り、下からニョキっと真上から見たコーヒーの絵柄を挿入。可愛らしい湯気のマークを足しました。周りにはコーヒー豆のイラストを散りばめ、上部にカフェのロゴを入れバランスを取っています。

裏面はモノクロでシンプルなデザインに徹しながらも、人物イラストやコーヒーのイラストをほっこりとしたタッチで描き、カフェのリラックスしたムードを表現しています。マグカップの持ち手部分のカーブを生かし、キャッチコピーとイラストを入れアクセントとしました。

コーヒーカップ型のフライヤーデザイン

コーヒーカップ型のフライヤー作成例2

コーヒーカップ型のフライヤー作成例3

優しい気持ちになれるほんわかした雰囲気のフライヤーデザインのポイント

ほんわかした雰囲気のデザインは、見た人に優しさや温かみといった印象を与えます。ほんわかした雰囲気は色の使い方、イラストなどの選び方で表現できます。言葉を語らずとも雰囲気で伝わるデザインを形にしてみましょう。

当サービスが今回のカフェのフライヤーデザインで意識したポイントは次の3つです

  • パステルカラーを効果的に使う
  • フォントやイラストの線を統一する
  • 店舗情報などは裏面にまとめて記載する

心が和んで思わず手にとりたくなるようなフライヤー制作のポイントについてお話していきます。

パステルカラーを効果的に使う

ほんわかした雰囲気を引き出す色としてパステルカラーが有効です。パステルカラーとは、淡いトーンの色彩の色を指します。鮮やかな原色に白を混ぜたような色味が特徴です。

寒色系のパステルカラーは寒すぎず、涼やかな印象を与えられます。一方で暖色系のパステルカラーはデザインに素朴な温かみを加えられます。パステルカラーはどんな色味でも優しい印象になるため、汎用性の高い色彩と言えるでしょう。

パステルカラーを効果的に使うことでデザイン全体に優しい雰囲気を演出できます。

作例では、優しいパステルブルーを表面全体に使用することで落ち着きのある印象に仕上げました。ブルーは寒色ですが、パステルカラーにしてコーヒーの茶色と配置することによってコントラストが生まれ、茶色の部分からぬくもりのある優しさが感じられます。

また、ブルーには「落ち着き」や「知的」な印象を与える効果もあり、大人のコーヒータイムを表現するのに最適な組み合わせです。優しい青みなので、白いフォントとも相性が良く、何のフライヤーなのかが一目で理解できるでしょう。

フォントやイラストの線を統一する

ほんわかした雰囲気を出したい場合には、イラストやフォント選びも重要です。配色だけでなく選ぶフォントやイラストによってデザインの雰囲気が大きく変わります。とくにイラストは情報を直感的に伝えられるので、印象に残りやすいものです。

イラストやフォントの選択で重要なのが、そのイラストやフォントをかたどっている「線」です。線が集まると図形になり、デザインは図形によって全体的な印象が決まると言ってもよいでしょう。

線のタッチを工夫することで、与えたい印象を操作できるのです。

作例では、ホッと一息ついているコーヒータイムが創造できるように、ほっこりとしたタッチの線を使用しました。ゆるい線のみで描かれたイラスト素材が優しい雰囲気に溶け込んでいます。

人物やコーヒーのイラスト、フォントの線のタッチを統一したことで、より全体的にリラックスした雰囲気が演出できました。

店舗情報などは裏面にまとめて記載する

店舗の置くフライヤーはスーパーのチラシ等とは違い、サイズが小さめな場合が多いです。小さなサイズというデメリットを補う方法として、形やデザインに個性を持たせることがポイントになります。

個性的な形やデザインのフライヤーの場合、表面に中心となるデザインを置き、裏面に店舗情報などの顧客誘導に向けた重要な情報を記載することが多いでしょう。フライヤー自体のサイズが小さいために、伝えたいことを簡潔にまとめることも大切なポイントです。

作例では、表面をカップに見えるようにデザインすることで、思わず手にとりたくなるようなフライヤーに仕上げました。

コーヒーカップの独特な形状を活かし、裏面にはコーヒーやコーヒーを飲みながら談笑するカップルのイラスト素材、キャッチコピーを入れてアクセントをつけました。メニューからお店の住所などをカップの形に沿って余すことなくレイアウトしているのも特徴です。

モノクロでシンプルなデザインであるため、情報を読みやすいのもメリットです。

 

制作フライヤー・チラシデザインに対する感想 

VOICE

「コーヒーブレイクしたい」と思わせるフライヤーデザイン

陶器カップ風カラーが魅力的

淡いブルーが印象的なフライヤーは、ぽってりしたコーヒーカップの形でユニークです。ブルーにコーヒー豆がよく映えて、今にも香りが漂ってきそうな気配。白抜きの文字もおしゃれな雰囲気で、手に取った途端にカフェへとトリップするような体験を提供できそうです。

ゆるイラストとメッセージで「ほっと一息」

ウラ面は、ゆるい雰囲気のおしゃれイラストがあしらわれて、カフェのムードをより高めているようです。丁寧でゆとりを感じさせる優しい風合いのフォントで表されたメッセージも、喫茶店の佇まいを彷彿とさせてくれますね。カップ型だと情報がうまく盛り込めないかも、と思ってしまいがちですが、メニューや店舗情報、QRコードまでがバランスよくレイアウトされていて、必要なインフォメーションはすべて揃っているようです。手に取った人が思わずにっこりしてしまうような、ほっとできる瞬間を提供できるフライヤーデザインと言えるのではないでしょうか。

■QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

※掲載のチラシ(フライヤー)は実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載しているチラシデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

カフェ・飲食店のチラシ作成





error: Alert: Content selection is disabled!!