メーカーの特殊な加工技術を宣伝するチラシデザインを作成しました。

メーカーの特殊な加工技術を宣伝するチラシデザイン

メーカーの特殊な加工技術を宣伝するチラシ_A4サイズ

シンプルさ簡潔さを心がけたチラシデザインです。

上部には、大きく5つの特徴として各特徴を記載しています。下部は、その加工技術の実例としていくつか内容を記載し、画像を載せています。爽やかなブルーを使用し、統一感を持たせています。

メーカーの特殊な加工技術を宣伝するチラシデザイン

チラシの導線を意識して、見やすく分割しています。

特徴や実例など、それぞれ情報を分割させる必要がありましたので、どのようにわかりやすく記載するかがポイントになりました。特徴の各項目の枠組みや、実例1~4の見出し部分は、適度にデザインして情報を分割させています。依頼者から頂いた素材画像など、どのようにトリミングし配置するかもポイントの一つとなりました。タイトル部分はそれぞれデザインの特徴をつけることにより、シンプル過ぎないテイストに仕上げ、他の情報の邪魔にならない程度に目立たせています。タイトル部分や、下部の会社情報部分などの青帯部分は、ベタ塗りよりも深みのあるブルーから爽やかなブルーへ、グラデーションをかけることにより、簡易資料っぽさを無くしました。

この加工技術の良さを、どうわかりやすく記載しデザインするか?が作成時のポイントになったのではないかと思います。

制作フライヤー・チラシデザインに対する感想 

VOICE

加工技術の特長が簡潔に分かりやすく紹介されたチラシデザインですね

金属などをコーティングする特殊な加工についてのチラシですが、専門的な知識を持っていない人でも分かりやすいよう、すっきりとしたデザインで簡潔に紹介されていてとても読みやすかったです。上半分では、加工の特長について短い文章で1~5のまとまった枠にはめてデザインされているので順を追って読みやすく、見る人にしっかりと内容が伝わる工夫がされています。

チラシの下半分では、実際に加工が使われた例が写真とともに紹介されているので、その加工を施した場合の効果をイメージしやすいと思います。中断と下段の帯がさりげなくグラデーションになっているところも、見る人が文字を目で追う際に、無意識的に流れを作りやすくする役割を担っているように感じます。専門的な内容ながらも、堅苦しくなく親しみやすいフォント選びや、枠やアイキャッチの丸みのある形状にも好感が持てます。爽やかなブルー系でまとめた全体の雰囲気からは誠実さも感じられ、企業のイメージアップの効果もあるのではないでしょうか。

 

※掲載しているチラシデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。


宣伝チラシデザインの依頼・外注はお任せください 



チラシの作成について

販促チラシ作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
営業資料・B to B向けのチラシ作成など、ビジネス関連の各種チラシの作成を行なっています。展示会での配布や、訪問先へ直接渡すサービス・製品紹介資料など、用途に応じたチラシデザインの制作を行なっています。チラシ(ビラ・フライヤー)の外注、製作依頼はお任せください。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

フライヤー・チラシ作成について

チラシ印刷業者・チラシデザイン業者をお探しですか?チラシ作成料金・チラシデザイン依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

フライヤー・チラシ作成

SSL

カード決済対応

銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: