祇園を舞台にしたアルバムの宣伝チラシデザインを制作しました。

演歌歌手の祇園が舞台のチラシ
演歌歌手のチラシデザイン

京都の不在と哀愁をたたえた演歌歌手のチラシデザインです。

歌手が佇み見つめる先にストーリーを感じさせるデザインです。タイトルごとに個性的な文字のデザインにすることでそれぞれの楽曲のメッセージ性を高めています。

デザイナーの振り返り 
■ 今回の主役である演歌歌手のジャケットがとても鮮やかだったので、この色をチラシのアクセントカラーにすることにしました。楽曲のタイトルの”恋”の文字にもその色を用いて、紙面に一貫性を持たせています。
■ 情報は多ければ良いとも限りません。余裕あるレイアウトは堂々とした雰囲気を感じさせてくれます。
■ 京都が舞台となると寺社仏閣や名所を背景に制作しがちですが、黒で統一された町家を背景にすることで大人の仕上がりになっています。

 

演歌歌手のCDリリースを告知するチラシ制作例

演歌という音楽は、それ自体に幅広いファン層を有し、独特な伝統と文化を形成している一大ジャンルですが、その隆盛には、必ず強い個性を持った歌手個々人の力が大きく関わっています。音楽シーンの流行にはあまり左右されることなく独自の世界を築き上げ、我が道をゆく演歌歌手の方々の力強い歌声と生き様は、これからもファンの方々の心を揺さぶりながらも、その人生の支えとなってゆくのでしょう。
そんな日本人の情緒に根差した音楽ジャンルを担う歌手のCDリリースを宣伝するチラシですから、やはり人物の風格に主題を置いたチラシデザインになっています。CDのタイトルでもある『祇園』という言葉が持っている風情を生かすべく、京都の町家の格子をバックに撮影されたこの写真は、印象的な赤のジャケットの存在感と相まって独特のアートのような雰囲気を放っていますが、そこにジャケットと同じ赤をポイントにしたレトロなタイトルフォントを配置することによって、和モダンなスタイリッシュさを演出することにも成功しています。
もともと黒と赤の組み合わせは和モダンではスタンダードなカラーリングでもあり、洗練された美しさや品格を表現するにはうってつけの配色ですから、写真の良さを最大限に引き出すには、こういったシンプルなデザインが最適だと言えます。人物の印象をより際立たせるため、情報はかなり限定的に絞られており、このままではやや地味な印象になりそうな構成のチラシなのですが、歌手の方の名前、メインの曲名、そしてカップリング曲名と、すべてのフォントを違うものにすることで変化をつけ、視覚的な賑やかさを与えています。

人物と文字のレイアウトで、雰囲気作りを

また、文字情報をすべて左側に寄せることによって、人物の周囲に敢えて余白を作ったレイアウトは、堂々とした大人の余裕を感じさせる絶妙なバランスになっていますね。人物の雰囲気や風格だけに頼ることなく細部にまで緻密な計算を働かせて作成されたチラシデザインだからこそ、より効果的にその魅力を表現することができます。一般的にCDで発売される曲を宣伝する場合、メインの楽曲のタイトルの方を大きく入れる傾向がありますが、こちらのチラシは、カップリングの曲名もほぼ同じ大きさで表記されています。フォントを変えて強調しているところを見ると、どちらもメインという意図を感じられます。かたや正統派演歌の持つ力強さを思わせる筆文字フォントで、もう片方は京都を舞台にした切ない大人の恋を思わせるレトロなフォントで歌の内容を想起させるこのチラシは、早く歌を聴いてみたいという期待感を抱かせてくれます。

・その他音楽のプロモーションに関わる作例

ライブハウスのホールレンタル紹介チラシ制作事例

ミニアルバムのPRチラシ制作事例

 

制作デザインに対する感想 

風情があるチラシデザインですね。曲名の「祇園」というイメージにとてもよく合っています。

「「祇園恋物語」の「恋」の字だけが、ピンクになっているのがまた粋だなあと思います。それも、奇抜なピンクではなくて、どこか艶やかで、大人の落ち着いた、けれども内側で燃えあがるような恋という感じです。チラシデザイン全体の中のひとつのアクセントにもなっています。フォントも独特ですね。祇園というと名の知れた場所ですが、この曲の中の恋物語で、恋をしている人たちは、名もなき個人と個人かもしれません。恋だってありふれたものだったりするのかもしれないですよね。それでも、本人たちにとってはそれはかけがえのない恋で、たったひとつだけの物語なのだと思います。
このフォントの個性が、その「それでも、たったひとつの恋物語」という感じをよく表していて、哀愁感もあり、ぐっときます。対して、もうひとつの曲の「一本道」のフォントは力強い筆文字です。漢の一本道、という感じがすごくしますよね。筆文字は、なにかひとつを極めた人の字、という印象があります。全然違う雰囲気のタイトルで、それぞれそれに合わせたフォントになっているのに、少しも違和感がないところが、このシングルに収録されている二曲の相性の良さや、まとまりを感じさせてくれます。」

日本の音楽の良さを思い出させてくれますね。

「京都は日本が誇る有名な観光地で、修学旅行で京都に行くという人も多くなっています。そんな京都と言えば祇園が思い浮かぶという人も多いでしょうが、祇園を舞台にしているのがこのチラシデザインとなっています。背景も日本らしくなっているので、演歌には最適だと言えるでしょう。最近は演歌歌手の数も少なくなってきましたし、音楽もどんどん欧米化していき、日本の古き良き音楽が失われつつあると言えます。
そんなときだからこそ、どんどん日本の文化を紹介していくべきだと思います。全体を見ても一体感が出ていますし、少し哀愁が漂っているような点も見ている人の興味を惹いてくれるでしょう。無駄な文字が一切ありませんし、演歌の宣伝ということもあり、文字も日本語のみを使用して書かれている点も好印象を与えられます。背景の黒に対して、衣装の赤がとても似合っていますし、より一体感を出しています。文字のフォントも工夫されている感じがしっかりと伝わってきます。」

 

販促チラシ制作料金のページへ (印刷料金・送料込み)

ASOBO DESIGN™ とは

チラシデザイン・ポスターデザインのASOBO DESIGN

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

 icon-envelope-o 

デザインの見積もり・制作依頼はこちら

©ASOBO DESIGN

■デザイン・記事内容はASOBO DESIGN又は第三者に帰属します。
■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン_s 書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。   タイトルまわりのチラシデザイン 書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。     adobemaxロゴ Adobe MAX Japanにて制作デザインが展示されました。   チラシデザインが紹介されました 書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。   ファッションマガジンにデザイン掲載 インターナショナルファッション誌"En Vie Fashion Magazine"内にデザインが掲載されました。   asobo design factoryがデザイン誌に掲載されました デザイン総合情報誌「MdN」にてWEBサイトが掲載されました。   CD制作ガイドに掲載されました インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてインタビューを受けました。  

NEWS&PRESS情報一覧




事業概要

ご利用規約

ASOBO DESIGN™ではチラシやポスターのデザイン制作をはじめとした、様々なデザインサービスを行っています。