セクシーで神秘的。紫色の与える心理効果【色彩心理】

紫色のデザインの心理効果
色にはたくさんの種類があります。暖色系・寒色系・それらの中間色があります。それぞれの系統によって、人に与える心理的効果は異なります。それぞれの色のポイントを抑えることで、あなたの販売する商品やサービスの売り上げを上げたり、逆にイメージをダウンさせてしまうこともあります。様々な色がありますが、今回は、赤と青の対局の色の中間色である紫の与える心理効果についてご紹介します。

紫色は「活発な赤」と「抑制の青」という正反対な2色が混ざった色です。赤と青のように、ぶつかり合う2つの心が葛藤状態にあるとき、両方の性質を持つ紫色が心のバランスを整えてくれるという性質があります。

ただし、心身のバランスが崩れているときは自分の発している、赤や青の心理的影響を強く受けてしまうため、紫はよく欲求不満の色や、病的な色と言われます。従って紫色は、沈静色、重量色といった効果が色の特徴としてあります。しかし、中間的な色(中性色)なので周辺の色によってイメージ効果は左右されてしまいます。周囲の色が明るければとても明るく見えますし、逆に周囲の色が暗ければ、暗いイメージを与えてしまいます。

pose_lose_boy
例えば、漫画やアニメでどんよりしている背景の色は紫色がよく使用されます。これはその場の雰囲気に影響されて、暗い気持ちをさらにどんよりとさせます。

こういった暗いイメージをもってしまいがちな紫色ですが、多くのいい心理効果も持ちます。

紫色の与える心理効果として、

・想像力をかき立て、感性を豊かにする。

・緊張や不安を癒し穏やかな気分を与える。

・性的なものを感じさせる。

・催眠効果がある。

・心と身体の回復を促す。

などがあります。

また、五感のなかで触覚と関係が深いのは紫色です。そのため、手を触れる感覚を与える紫には目に見えないヒーリング効果があります。その効果によって、神秘的な感覚は紫色と結びつくと言われています。また、紫色は赤紫~青紫まで幅広い色域が紫と認識されます。青と赤が混ざり合い多様な色合いが生み出されるのが紫色の最大の特徴です。

osoushiki_obousan

紫色は昔からよく宗教に取り入れられています。そのため、紫はスピリチュアリティを象徴している色です。紫色はその効果によって、自分の潜在能力に気づかせてくれたり、精神を集中したいときには紫色を取り入れるといいと言われています。

紫色の与える心理効果をうまく活用した広告の具体例をご紹介します。

紫色は高貴なイメージを与えるため、女性の化粧品や美容関係商品によく使われています。とくに最近、ヘアカラーのテレビコマーシャルでよく目にします。今までは白髪を隠すための白髪染めであったのが、紫色で大人の女性をヘアカラーで演出することで、その商品は高級感を与え、特別感も与えてくれています。年配の女性は若くアクティブな印象のあるピンクや赤などの色には抵抗がありますが、紫は青が混ざることで大人の要素をうまく演出してくれます。

ぜひ、紫色のもつ、高貴なイメージや心のバランスを整える効果をうまくチラシデザイン・広告や看板に利用してみましょう。


紫色の与える心理を活用したデザインの制作例

特別感などを与えてくれる紫色の活用事例を見ていきましょう。

 

紫でチラシデザインにセクシーな高級感を

女性の化粧品や美容関係商品で紫色が使われることをご紹介しました。チラシにおいてもこちらのように魅力的な女性モデルの写真と組み合わせることで、セクシーで妖艶な魅力を効果的に表現できます。

デザインはシンプルですが、中東をイメージする紫色の花や、ふわりと浮かんでいるような構成によって、非日常感もプラスしています。こうすることで、紫色が持っている性的なものを感じさせる効果をほどよく緩和し、むしろ神秘的な印象になるように仕上げています。

ライブのフライヤー

こちらでは、ハワイアンな雰囲気の中に紫色を取り入れることでアーティストが持っていると大人っぽい魅力を表現しています。色調や見せ方などを変えると、妖艶さがなりを潜め、落ち着いた神秘さを紙面に添えてくれます。

どちらかというとシックな色合いながら目を引く紫色は、使う際のバランスを考慮することが大切です。見せたい効果に合わせて、全体のバランスを考えて配置することで、宣伝対象の魅力を最大限アピールできるようになります。

 

グラデーションを活かす

和洋が融合したフライヤー

紫色は幅広い色域を持っています。このことを活かして統一感のある美しいグラデーションを作り出すことが可能です。

西洋東洋を問わず、古来より紫色は高貴な色と認識されてきました。日本においても『源氏物語』を象徴する色が紫であるように、色そのものが伝統と気品を持っています。

こちらのチラシは、和テイストのイベントチラシデザインです。藤の花をイメージするような明るい紫色のグラデーションを用いることで、西洋風のヨーロピアンスタイルと日本古来の松のイラスなどが融合し和モダンという新ジャンルの魅力を伝えてくれています。真逆な取り合わせにも統一感を生み出すことができることも、グラデーションの魅力の一つでしょう。

紫のグラデーションを活かしたフライヤー

こちらはパーティーのイベントチラシです。ラグジュアリーな雰囲気を伝えてくれる紫色を効果的に用いることで、豪華でしっとりした大人の魅力が伝わってきます。

パーティーと聞くと、金や銀で彩る方法が一般的かもしれませんが、紙面全体を華やかにすることに終始してしまうと、肝心のアーティストなど、依頼主が宣伝したい存在がわかりにくくなってしまう可能性もあります。このチラシのように、要所に金や銀を活用しつつ、全体はパーティーの持つ雰囲気を伝えてくれる淡い紫色を取り入れることで、アーティストもしっかり目立たせることが可能です。依頼する側の意図を読み取り、宣伝したいものがしっかり伝わるデザインに仕上ることは当然の基本です。

海外イベントのポスターデザイン

このポスターデザインにも紫色のグラデーションの魅力が活かされています。こちらは海外向けの公演ポスターであり、文字だけで構成して欲しいという希望がありました。その為、いかに雰囲気を伝えられるかに気を配って作成しています。

グラデーションは色変化の緩急があり過ぎるとチープな印象になってしまいます。こちらのように緩やかな変化にとどめることで、重厚な趣を感じさせてくれます。

 

紫の妖しさをデザインに取り入れる

ハロウィンイベントのフライヤー

想像力をかき立てて感性を豊かにしてくれる紫色には、良い意味で妖しい魅力もあります。紫が似合うイベントごととしては、ハロウィンが真っ先に思い浮かぶことでしょう。ハロウィンパーティーのフライヤーデザインであるこちらは、中央の茶目っ気のあるジャック・オー・ランタンと、明るめの赤紫色が妖しさを引き立ててくれます。

妖しい雰囲気は決してマイナスばかりとは言い難く、人を引きつける不思議な魅力があります。紫色の持っている神秘的で想像力を豊かにしてくれる効果を活かすと、他とは一味違う雰囲気を表現することが可能です。

ピアニストのフライヤーデザイン

ミステリアスな雰囲気を表現してくれる色としても優秀です。こちらは若手ピアニストの持つ、穏やかながら勢いのあるミステリアスな底知れない魅力を、全体的な紫色の演出が上手く表現してくれています。

バックの神殿の写真素材とあいまって、若いながらも気高く幻想的な雰囲気を紙面で表しているフライヤーデザインです。ミステリアスな魅力と言うと、なかなか言葉で端的に表現しにくいのではないでしょうか。しかし、紫色を用いることで、無言ながらも視覚にダイレクト伝えることができます。色を効果的に用いると、時に文字よりも雄弁に対象の持つ魅力を届けることができるのです。

 

紫は動的なデザインにも活用可能

ライブイベントのフライヤーデザイン

ヒーリング効果もある紫色は、どちらかというと静的なイメージがあるかもしれませんが、ライブなどの動的なイベントのチラシにも用いることができます。

ギタリストのチラシデザインであるこちらは、紫色を効果的に使うことでファンタスティックな雰囲気を表現しています。紫は芸術的な世界観ともマッチングしてくれる色合いです。激しいアーティストのパフォーマンス写真などと組み合わせるとこで、ライブの熱気とともに独特の世界観も表現することができるので、チラシに深みをもたらしてくれる効果があります。

 

紫色は表現の工夫の仕方によって活用の幅が広がる色合いです。使いこなしてみましょう。

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

ASOBO DESIGN™ とは

チラシデザイン・ポスターデザインのASOBO DESIGN

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。


 icon-envelope-o 

デザインの見積もり・制作依頼はこちら

メールでのご相談・ご依頼はこちら

sslクレジット対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

©ASOBO DESIGN

■デザイン・記事内容はASOBO DESIGN又は第三者に帰属します。
■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。

ピックアップNEWS

タイトルまわりのチラシデザイン 書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

adobemaxロゴ Adobe MAX Japanにて制作デザインが展示されました。

チラシデザインが紹介されました 書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

ファッションマガジンにデザイン掲載 インターナショナルファッション誌"En Vie Fashion Magazine"内にデザインが掲載されました。

asobo design factoryがデザイン誌に掲載されました デザイン総合情報誌「MdN」にてWEBサイトが掲載されました。

CD制作ガイドに掲載されました インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてインタビューを受けました。

アソボデザインが各種プレスリリースに載りました サイトのリニューアル情報がメディアに掲載されました。

グラフィックデザイン部門にノミネートしました OSAKA KAWAII!! クリエイターズアワードのグラフィックデザイン部門にノミネートしました。

デザイン講義を行いました バンタンデザイン研究所でデザインについての講義を行いました。

NEWS&PRESS情報一覧