元気で明るく目立つ奴!黄色の与える心理効果【色彩心理】

黄色いデザインの心理効果
色にはそれぞれに人に与える影響が異なります。人は知らず知らずのうちに、日常生活の中で色の影響を受けています。例えば、信号を思い出して見ると、赤は止まれ、青は通っても大丈夫、黄色はもうすぐ止まれ、と危険を知らせています。こういった情報は瞬時に判断されていますから、赤を見ると足がとまりますし、黄色は危険な感じがします。逆に青には安全なイメージがあります。これが色の効果です。色が与える心理効果をうまく使うことによって、私達の生活に様々な影響を与えてくれています。今回は様々な色の中から、黄色の与える心理効果について、ご紹介しましょう。

ranger_yellow

有彩色の中で最も明るい色というのが黄色となります。そのため、黄色を眺めるだけで、気分を明るくさせてくれます。黄色が与える心理効果には以下のようなものがあります。

・気分を明るくする

・判断力を上げる

・記憶力を高める

・危険を感じさせる

・元気なイメージを与える

それぞれの心理効果を日常生活に応用した例を紹介していきましょう。
まず、気分を明るくする効果をうまく利用しているシンボルとして、ニコチャンマークがあります。黄色の顔にニッコリした顔が描かれていますね。元気の象徴とも言えるこのマークは人を明るい気分にさせてくれます。表情の効果も勿論ですが、黄色であることがより一層明るい気分にさせてくれます。例えば、赤では刺激が強い色となるため、怒っているような印象を与えてしまいますし、青では気分蒼白に見えるため、風邪を引いていそうなイメージを与えてしまいます。このように、元気印というと、黄色が最も効果を与えることができます。元気を与える商品の代表であるビタミンにはこの黄色とオレンジがよく使われていますね。

body_nouha

また、黄色には記憶力を高める効果もあります。これはみなさん、昔からよく経験があるのではないでしょうか。テスト勉強をするときに、ノートでまとめて、黄色の蛍光ペンで線を引くことで、その大切なワードを覚えやすくなります。黄色の付箋を貼ると大切だから覚えやすいといったこともよく使われる学習方法のひとつです。こういった記憶力を高める効果をチラシではよく利用されています。また、黄色を基調としたチラシはかなり印象に残りやすいので、手に取りやすくなります。

job_kouji_stop

次に黄色には危険感知させる効果があります。これは信号や工事の看板でよく目にするかと思います。黄色は光や太陽と同じで単体で強い印象を与えるため、夜では暗くて他の色ではなかなか目にはつかなくても、黄色はよく目立ちます。目立つ色の代表として、赤色もありますが夜でも目立つのは黄色です。(実は赤は暗い場所では、他の色よりも見えなくなってしまいます) 注意喚起などの危険を知らせる必要があるときは、黄色が最も適しているといえます。逆に危険なイメージのある黄色ですから、リラックスさせるマッサージ屋さんの店内にはあまり置かない方がいいかもしれませんね。気になって施術の邪魔になってしまうかもしれません。

youchien_hobosan

そして、黄色には元気なイメージがあります。黄色は子供に好かれる色であるため、幼稚園の帽子や小学生のランドセルカバー、傘などによく用いられています。幼稚園や保育園のチラシやホームページには黄色を使うと、子供の元気なイメージを与えることができます。大型ショッピングセンターのキッズルームなどには黄色がよく用いられています。黄色はこの元気なイメージがあり、親しみやすいので、多くの人に利用してもらいたいサービスに用いると効果的です。また前述のように、何より目立つ色ですので、交通事故などから子供の身をまもる為にも効果的な色と言えるでしょう。

黄色にはこのように様々な効果がありますが、デメリットもあります。それは幼稚さと安っぽさです。黄色は開放的で身近な色で、活溌さを表します。そのため、裏を返せば、子供っぽい・安っぽいイメージを与えてしまいます。つもり、やみくもに黄色を使ってしまうと、そのブランド力を低下を引き起こすこともあります。メリットもたくさんある黄色ですが、この幼稚さ、安っぽというデメリットもあるため、使い所が難しい色とも言えます。

 

黄色のメリットとデメリットをチラシや看板にうまく活かすことで、あなたのお店やサービス、商品にとって、素晴らしい宣伝効果をもたらします。ぜひ、黄色をチラシや看板にうまく取り入れてみましょう。


黄色の与える心理を活用したデザインの制作例

子供にも好かれる黄色の活用例を見ていきましょう。

 

黄色の気分を明るくしてくれる効果を活用したチラシ

メディアカフェのチラシ

メディアカフェのチラシ制作例です。開放的な南国テイストのイラストと、目を引く黄色のデザインがカジュアルな親しみやすさを演出してくれます。黄色と青色は捕色の関係であり、お互いの色を引き立たせて注目を集めやすくなる効果も活かしているのです。

黄色にはポップで気分を明るくしてくれる心理効果がありますので、気軽に利用できるメディアカフェというコンセプトとも合致しており、色とデザインの相乗効果を上手く組み合わせています。黄色の部分は決して紙面の中で多いとは言えませんが、それでも十分に目を引き元気を与えてくれる効果あることがわかります。

ヒップホップイベントのフライヤー

黄色を用いたデザインの代表格となるスマイリー(ニコちゃんマークなどとも呼ばれています)を活用したフライヤーデザイン例です。明るくフレンドリーで見ていて楽しいシンボルとして親しまれているスマイリーを使うと、グッと親しみやすさが増し思わず足を運びたくなる雰囲気を伝えてくれます。

黄色は元気で開放的である反面、幼稚であったり子供っぽく見えてしまうというデメリットもありますが、スマイリーをあえて立体的に表現することで、親しみやすさを感じつつも、安っぽくならないように工夫してあります。

 

黄色を使って広告デザインに注意を引きつける

ライブハウスのフライヤー

一番目を引くのは、ドラマや映画などで見かける「KEEP OUT」と書かれた立ち入り禁止テープを思い起こさせるデザインではないでしょうか。危険感知させる効果がある黄色は、とても目立つという特性があります。その特色を活かして目立つチラシデザインに仕上げてあります。黄色のテープの向こうで楽しそうな人々のシルエットが見えるデザインにすることで、このチラシのライブハウスに行くと、とてもワクワクするひと時を過ごせるのではないかという想像を喚起させています。このチラシから黄色を抜いてみたデザインを想像すると、かなりインパクトが落ちることが想像できるかと思います。

“警戒色” “安っぽさ”という危険性もはらむ黄色ですが、効果的なアイテムと組み合わせることで、他にはない楽しいチラシを作り上げることができます。

展示会のチラシ例

こちらは海外市場でビジネス内容をPRするチラシ制作例です。例え文字が読めなくても、十分目を引くデザインであることがわかります。黄色の帯の部分がアイキャッチ効果をもたらしています。色に目を引かれて紙面を見ていくことで、魅力的なキャラクターや文字情報を自然と追えるように工夫してあります。フランス語で書かれているので、より色の特性がわかりやすいチラシかもしれません。例え言語がわからなくても、十分にインパクトのあるデザインに仕上げてあります。

 

黄色は子供や若者にも好かれる色

学校相談会のチラシ

元気な色というイメージがある黄色は子供に好かれる特性があります。都立・私立の中高一貫校合同相談会のチラシ制作例であるこちら。背景に、柔らかみのある黄色を採用することで、親だけでなく子供の注意も引きつけるチラシデザインにしています。あまりはっきりしすぎた黄色を使うと、安っぽく幼稚なイメージになってしまいますが、このチラシのように色調を工夫することで、親しみやすい信頼性をアピールすることも可能です。

地域文化祭のフライヤー

若々しいフレッシュな魅力あふれるイベントの雰囲気を伝える上でも、黄色は大活躍します。メインタイトルに輝くような黄色を用いることで、カジュアルでありながら楽しい様子を表しています。これなら、若者が足を運びやすいと言えるでしょう。スポットライトを浴びているようなキャラクターのイラストが気分を盛り上げてくれます。

 

広範囲の利用でインパクトのあるチラシデザインに

ダンスイベントのフライヤー

人目を引きつけ、ポジティブなイメージを喚起してくれる黄色ですが、使いすぎると幼稚になるというデメリットもあります。しかし、全体のバランスを考えて活用することで、メインの色合いとして使うことも可能です。

ダンス発表会のチラシ制作例であるこちらは、黄色の人物シルエットが目を引きます。広範囲に使用されていますが、想像力がほとばしり出るような放射線状のイメージを写真と合わせて使うことで、ポップでありながらも工夫のしがいがあるイベントであることが伝わってきます。素材との組み合わせをアレンジすれば、デメリットを抑え、黄色のメリットを最大限に活かしやすくなります。

学生パーティーのフライヤー

黄色にも様々な色があります。色味を工夫すれば、ゴージャスな雰囲気を演出することも可能です。このチラシデザインでは、格調高いイメージとややオレンジがかった橙色のような黄色を使うことで、カジュアルでありながらも軽すぎないデザインにしあげてあります。

また、黄色には、実際よりも大きく見えるという特性があり”進出色”とも呼ばれています。全体に使用すると、人目を引きつける効果が抜群です。

 

黄色で全体を引き立たせたチラシ

チャリティーライブのフライヤー

チャリティーロックイベントという社会的使命のあるチラシにも黄色は活用できます。光の表現と組み合わせることで、アーティストやイベントそのものを引き立たせてくれます。無言でありながら、ポジティブで前向きなメッセージも伝えてくれる黄色の底力が発揮されたデザインです。

 

黄色は良くも悪くも、デザインにおいて強力な存在感があります。黄色の心理効果を活用し、デザインを輝かせましょう。

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

asobo design factory とは

チラシデザイン・ポスターデザインのasobo design factory

asobo design factory (アソボデザインファクトリー)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。


dekiru2

 icon-envelope-o 

デザインの見積もり・制作依頼はこちら

メールでのご相談・ご依頼はこちら

ssl対応クレジット対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

©asobo design factory

■デザイン・記事内容はadobo design factory又は第三者に帰属します。
■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。

カテゴリー

ピックアップNEWS

タイトルまわりのチラシデザイン 書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。 adobemaxロゴ Adobe MAX Japanにて制作デザインが展示されました。 チラシデザインが紹介されました 書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。 ファッションマガジンにデザイン掲載 インターナショナルファッション誌"En Vie Fashion Magazine"内にデザインが掲載されました。 asobo design factoryがデザイン誌に掲載されました デザイン総合情報誌「MdN」にてWEBサイトが掲載されました。 CD制作ガイドに掲載されました インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてインタビューを受けました。 アソボデザインが各種プレスリリースに載りました サイトのリニューアル情報がメディアに掲載されました。 グラフィックデザイン部門にノミネートしました OSAKA KAWAII!! クリエイターズアワードのグラフィックデザイン部門にノミネートしました。 デザイン講義を行いました バンタンデザイン研究所でデザインについての講義を行いました。

NEWS&PRESS情報一覧

アーカイブ

ページ上部へ戻る
チラシデザイン・フライヤー制作をはじめ、各種デザイン・印刷はasobo design factoryにお任せください!