Skip links
黄色いデザインの心理効果

色彩心理とデザイン【黄】~周りを明るく照らす光の色

黄色いデザインの心理効果

私たちが普段色に抱くイメージは、熱いものは赤く、冷たいものは青いというような本能に刻まれた生存的イメージと、個人の生活や体験の中で生まれた色への感情、文化や習慣、宗教など国やコミュニティで育まれた社会的イメージの3つの要素が複雑に合わさり形作られているといわれています。

色の中でもっとも明るい色といわれる「黄色」は、欧米では太陽をイメージするのが一般的ですが、日本で太陽は「赤」、月は「黄色」という方がしっくりきます。黄色は「太陽」や「光」のイメージを持つことから宗教と深い結びつきがあり、国や宗教によっては特別な色として扱われています。

光のイメージの強い黄色は、喜びや希望、ユーモアや楽しさなど周りを明るく照らすような印象を与えます。明るく天真爛漫なイメージとはまた別に、知性や好奇心を象徴する色ともいわれ、知的なイメージとしてもよく活用されます。

また、明度の高さから注意を喚起する警告色という一面もあり、標識や看板など人目を引く強いインパクトのあるデザインとしてよく目にする色です。

デザイン作成の依頼はこちら

「黄色」のイメージワード

「黄色」のイメージ

●光 ●明るい ●陽気 ●輝き ●希望 ●ユーモア ●お金 ●天真爛漫 ●子供 ●好奇心 ●知性 ●ひらめき ●注意 ●レモン ●バナナ ●ひまわり ●電球

 

「黄色」の心理的効果

・明るく陽気なムード

・好奇心を刺激する知的でユニークな感覚

・危険を知らせる強い警告色

 

色味や濃さによって変わる「黄色」のイメージ

明るい黄色

幸福・赤ちゃん・ひよこ・ポジティブ・陽光・サポート・献身

やわらかな黄色

落ち着き・知的・ソフト・勤勉・初秋・お洒落

鮮やかな黄色

楽観的・陽気・喜び・朝・覚醒・エネルギー・フレンドリー・金運・おしゃべり・好奇心・注意・警告

濃い黄色

健康的・やまぶき・リッチ・食欲旺盛・豊か・安楽・盛隆・強運

 

「黄色」をデザインに取り入れるポイント

「黄色」をデザインに取り入れる

黄色は、印刷で使うインクや絵具など色材を使った混色における三原色の一つです。有彩色の中でもっとも明るい色とされ、人の視線を引き付けやすい誘目性の高い色です。

とくに、黒と組み合わせるとその明るさはどの配色よりも目を引き、高い視認性を発揮するため、工事中を知らせる看板や道路標識、立入禁止のテープなど必ず視界に入らなければならない重要なメッセージを伝えるデザインには必要不可欠な色だと言えます。

黄色と黒の組み合わせは、色の中でもっとも暗い後退色である黒と、明度の高い進出色の黄色を組み合わせることで、前に突出するように見える黄色の進出色の効果を最大限に発揮させます。この二色の組み合わせは、安全色の一つとしてJIS(日本工業規格)でも規定されており、標識などに使うことを推奨されています。

黄色のデザインイメージ

黄色は警告色以外にも配色次第でさまざまなイメージに変化し、デザインに豊かな表情をもたらします。黄色単色では、明るく賑やかなイメージを伝え、寒色と組み合わせるとヘルシーで瑞々しいイメージ、鮮やかな色を合わせれば元気でPOPなイメージになります。

青と黄色のデザイン

中でも、青や紫などの濃く深い色との組み合わせは相性が良く、知性と遊び心、高揚と鎮静をバランスよくイメージさせるメリハリのあるデザインに仕上がります。

人の目を引きやすく、心をワクワクさせるような印象を持つ黄色は、さまざまなデザインに生かしたい色です。明度が高い色との組み合わせは、場合によって見えづらい配色になることもあるので視認性に配慮して取り入れるのがおすすめです。

 

※色が与える印象や影響には個人差があり、国や環境・文化背景などによっては持つ意味や受け取るメッセージが異なる場合もあります。

最後までお読みいただきありがとうございます。共感する点・面白いと感じる点等がありましたら、【いいね!】【シェア】いただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!(掲載情報や画像等のコンテンツは、当サイトまたは画像制作者等の第三者が権利を所有しています。転載はご遠慮ください。)


サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について


error: