Skip links
赤いデザインの心理効果

色彩心理とデザイン【赤】~情熱的でエネルギー溢れる色

赤いデザインの心理効果

普段何気なく目にする景色、掌の中のスマートフォンや部屋のインテリア、今日着ていく服・・・すべてのものに「色」が存在し、無意識下で色は私たちの心と体に大きな影響を与えています。

さまざまな色の中でも注目を集める色「赤」。

赤は人間がはじめて認識し名前をつけた有彩色だといわれています。太陽や血、愛や情熱のように、内からこみ上げるような感情的なパワーや生命と強い結びつきのある色です。

実際に赤を目にすることで、体温や血圧が上がり血流を活発化させ身体を興奮状態に導くという傾向もあります。また、その変化は身体的なものだけではなく、心にも大きな影響を与えます。赤は数ある色の中でも、もっともポジティブでパワフルな色。目にしたり身に着けることで、活力を呼び起こし積極的でエネルギッシュな行動力に繋げます。そのため、大事なプレゼンテーションや商談など「ここ一番」という時には、赤い下着や赤いネクタイなど「赤いもの」を身に着けるという人も多いようです。

そのほかにも赤は、鳥居や還暦のお祝い、紅白の垂れ幕など魔除けや厄除けとして「縁起物」にもよく使われる色。無視できない存在感の強さは、危険を知らせる「警告」や国を象徴する「国旗」、企業のロゴマークなどデザインとしても非常に有用な色です

デザイン作成の依頼はこちら

「赤」のイメージワード

「赤」のイメージ

●太陽 ●炎 ●血 ●情熱 ●愛 ●怒り ●興奮 ●危険 ●革命 ●歓喜 ●熱狂 ●祝い事 ●鳥居 ●サイレン ●ポスト ●口紅 ●トマト ●リンゴ ●バラ

 

「赤」の心理的効果

・エネルギーを引き出し積極的になる

・魔除けや厄除けになる縁起の良い色

・視線を引き付ける注目度の高い色

・危険を知らせる警告色

 

色味や濃さによって変わる「赤」のイメージ

鮮やかな赤

情熱的・エキサイティング・刺激的・好戦的・挑発的・アドベンチャー・勇敢・活発・ダイナミック・お得感・危険・暴力的

濃い赤

上品・高級・洗練・贅沢・エレガント・濃厚・成熟・グルメ

茶系の赤

安定感・温かみ・自然・頑強・ふるさと・懐かしさ

赤紫

大人の魅力・ドラマチック・クリエイティブ・豊かな感性・スリル

 

「赤」をデザインに取り入れるポイント

赤の影響力

赤は、色の中でも彩度が高く、人の視線を集める色=もっとも誘目性の高い色です。誘目性とは、読んで字のごとく視線を誘う色のことを言い、無彩色より有彩色、寒色系より暖色系、彩度の低い色よりも高い色が誘目性が高くなります。

また、色は人の記憶や知覚と深く結びついており、古くからある自然や風景が持つイメージや温度とリンクしています。空が高く遠く感じるのに対し、太陽は実際には遠く離れているにも関わらず、その照り付ける温度から、すぐ近くにまで迫ってくるようにも感じます。

赤からイメージするものは、炎や血など身近で温かさを感じるものが多いのが特徴。青などの寒色系の色と並べてみると、こちら側に迫ってくるように見える「進出色」でもあるのです。

このような特性を持つ「赤」は、人目を引く強い色。他の色と比べ、こちらに迫ってくるような強い主張を持っています。

赤色のポスター

ここだけは強調したいというポイントに使ったり、ブランドイメージを体現するロゴマークに使用するなど、デザインの中では、与えるイメージを考慮して慎重に使いたい色です。どんなにインパクトの強い色でも多用すればその効果は薄れてしまいます。使いどころを選び、適切な配色でデザインに生かしたいですね。

 

※色が与える印象や影響には個人差があり、国や環境・文化背景などによっては持つ意味や受け取るメッセージが異なる場合もあります。

最後までお読みいただきありがとうございます。共感する点・面白いと感じる点等がありましたら、【いいね!】【シェア】いただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!(掲載情報や画像等のコンテンツは、当サイトまたは画像制作者等の第三者が権利を所有しています。転載はご遠慮ください。)


サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について


error: