赤の与える心理効果を活用したデザインの作成例

赤いデザインの心理効果

■赤色を活用したデザインサンプル

 

誘目度を活用する

赤い帯が目立つチラシ

こちらのチラシでは、赤が持つ注目を集める効果を活用しています。一番の強調点となる情報を赤背景で中心に配置することで、相手が自然に注目しやすくなっているのです。また、ココぞというポイントである「チラシ持参で値引き」というお得情報が埋もれないように、赤い枠線でさりげなく目立たせていることもポイントです。新規オープンに合わせて顧客が足を運びたくなるように、赤で購買意欲も刺激しています。

紙面に対して使っている割合は少なく見えますが、ポイントに的を絞って使っていることで、赤の効果を引き立たせているのです。

 

ポイントに絞って使う

赤を効果的に用いたチラシ

堂々とした落ち着いた店内の写真と、魅力的なランチメニューとともに一番伝えたい「ランチを始めました」という趣旨を赤背景で目立たせることで、画面全体によい緊張感を持たせています。赤は情熱や積極性を感じさせます。このように、赤を使う際は、ポイントに絞って使うと、自信を醸し出させることができるのです。

情緒を感じさせる写真や全体的に落ち着いた紙面構成の中で、赤の主張が際立ちます。ポイントに注力することで、赤が与える刺激を生む効果も引き立たせることができます。

 

同系色で合わせてデザインする

同系色を合わせたチラシ

全体的に暖色系のあたたかみのあるチラシデザインです。画面を効果的に印象強くしているのは、少量の赤い部分と言えるのではないでしょうか。このようにほんのわずか使うだけでも、赤は人目を引きつける効果が抜群です。魅力的なネイルデザインの中にワンポイントアクセントとして赤を用いれば、自然と人目を集めてくれます。1点しっかりアイキャッチをして注目を集めれば、自然とチラシ全体の情報を相手に伝えやすいです。

また、たくさん情報があるなかでも、特に伝えたい情報のみに使用することで相手の記憶に残りやすいという効果もあります。このチラシの中でも「(オフのみ)¥2,500」という情報に赤が用いられています。もちろん目立つピンク色で値段などの情報を記載してありますが、インパクトとして残りやすいのは赤い部分となりやすいでしょう。赤は分量が少なくても、チラシ全体を印象強くする効果に優れています。

 

赤の効果を逆手にとる

赤の攻撃性を活用したチラシ

赤が与える心理効果として、ほんのわずか使うだけで情熱を感じさせ人に刺激を与える効果があることをお伝えしました。使いすぎると、逆に攻撃的になってしまい一般的なチラシなどのデザインに向かない場合もあります。ただし、このチラシデザインのように格闘技系なら、逆手にとる手法が活きてきます。

勢いよく赤を使い、ボクシングジムの持つアグレッシブな魅力を表現しています。使いすぎてしまうと暴力的な側面を生んでしまう赤の負のイメージも、この手のチラシならむしろ魅力として相手に伝わります。格闘技イベントに対する顧客の期待を煽ることも可能です。赤のメリットとデメリットをしっかり理解していれば、あえて逆手にとるようにしてアピールする方法を用いることができます。

 

イベントカラーとして取り入れる

クリスマスカラーのチラシ

気分を盛り上げてくれる心理効果がある赤は、定期的なイベントごととも結びつきが深いです。例えばクリスマス。クリスマスカラーとして、赤・緑・白の3色は定番と言えます。サンタのイラストともに用いれば、イベントそのものが持つ購買意欲の刺激効果と合わせて、より人が行動しやすいように力添えしてくれる効果が期待できます。

チラシに記載された期間限定セールなどの情報にさらに勢いをつけるためにも、あえて定番カラーとして取り入れてみましょう。年に1回のイベントなどは、もともと気分が高揚しているところに、さらに後押ししてくれる効果が期待できるのです。効果的に活かしてあげましょう。

 

赤の膨張効果を活かす

赤をスポットで使う

力強さを感じさせる赤は、膨張して通常より大きく見えるという効果もあります。このチラシのように、金色と白を基調としたゴージャスなチラシの中にあっても、赤字のインパクトは強いです。文字としては小さいですが、目に自然と迫ってくるような関心を集める効果が生まれています。

また、赤には熱や温度を感じさせる効果があります。当日のダンスイベントの熱気を色だけで見ている人に伝えることができるのです。クールでスタイリッシュなデザインであっても、少量の赤を効果的に使えば、紙面の雰囲気を壊すことなく、情熱を表現することができます。

 

効果に合わせた赤を用いる

美を赤で表現したポスターデザイン

一口に赤色と言っても、様々な色調が存在します。ポスターなどのデザインによっても変わってきますが、どの色調の赤を使うかによって、相手に与える効果が変化してきます。このポスター制作例のように、上品で綺麗な赤を活用すれば、愛情や高級感を醸し出すこともできるのです。

赤を活用するときは、心理効果を考えて量や色調をベストな割合に調整してあげましょう。ポジティブな効果を引き出すように用いても良いですし、上級テクニックとしてネガティブな効果を逆手にとる手法もあります。赤の持つ心理効果を活かせる場所は、とても多いです。

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

ASOBO DESIGN™ とは

チラシデザイン・ポスターデザインのASOBO DESIGN

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

 icon-envelope-o 

デザインの見積もり・制作依頼はこちら

©ASOBO DESIGN

■デザイン・記事内容はASOBO DESIGN又は第三者に帰属します。
■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン_s 書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。   タイトルまわりのチラシデザイン 書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。     adobemaxロゴ Adobe MAX Japanにて制作デザインが展示されました。   チラシデザインが紹介されました 書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。   ファッションマガジンにデザイン掲載 インターナショナルファッション誌"En Vie Fashion Magazine"内にデザインが掲載されました。   asobo design factoryがデザイン誌に掲載されました デザイン総合情報誌「MdN」にてWEBサイトが掲載されました。   CD制作ガイドに掲載されました インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてインタビューを受けました。  

NEWS&PRESS情報一覧




事業概要

ご利用規約

ASOBO DESIGN™ではチラシやポスターのデザイン制作をはじめとした、様々なデザインサービスを行っています。