ネイルサロンの上品なショップカードデザインを制作しました。

ネイルサロン_二つ折りショップカードデザイン1

全面に写真をレイアウトしたネイルサロンの上品な二つ折りショップカードデザインです。

キレイなネイルと花のイメージが施術空間の快適さとレベルの高さを感じさせます。裏面は各種店舗情報を分かりやすくレイアウトしています。

デザイナーの振り返り 
■ ネイルサロンの上品なイメージを重視したショップカードを作成しました。
■ 多店舗展開をしているネイルサロンで共通使用するショップカードですので、裏面に各店舗情報を盛り込んでいます。情報量が多いため、片面内に工夫して収めています。内面は来店情報を記載できるようになっています。
■ 地図やQRコードなど、文字情報以外で伝えることができるものは、なるべく掲載するようにしています。(文字だらけになってしまうため)

ネイルサロン_二つ折りショップカードデザイン2

ネイルサロンの二つ折りショップカードの制作例

ネイルサロンを利用する客層は、若い女性が中心です。ネイルアートは、女性のファッションとして浸透しており、服装やアクセサリーなどと組み合わせて、日々のコーディネートを楽しむ人々が多いです。お洒落を演出するネイルサロンのイメージは、店のレイアウトやチラシ、Webサイトなど店のイメージカラーやコンセプトを統一させておく事が必要です。ショップカードも例外では無く、サロンのイメージカラーとコンセプトに合ったデザインで作成しておくのが良いです。

顧客情報の管理+リピーター・顧客拡大のツールとして

ショップカードに多くの情報を掲載したい場合は、二つ折りの物を作っていくと良いでしょう。上品なデザインとピンクの組み合わせをする事で、ネイルサロンのイメージを表現しています。黒を基調にしてピンクでロゴを作るといった方法も効果的です。二つ折りのショップカードは、サービスを利用して支払いをした顧客に対して、スタンプを押し、このスタンプが貯まったら、次回利用時に割引をしたり、何らかの景品をプレゼントするといったサービスを展開するのに使えます。サロンの利用者にとっては、ショップカードはサロンをお得に使う為の手段であり、店側にとっては顧客情報の管理、顧客拡大の為の道具となります。二つ折りのショップカードのデザインは、ショップをイメージを連想しやすいものにしていくのが良いでしょう。ネイルサロンのイメージカラーを演出する事によって、そのカードがネイルサロンの物であるという事が一目で分かり、リピーター率の向上に一役買ってくれます。
上品なデザインを実現するモチーフとしては、無地やストライブ、幾何学的な模様などが考えられます。豹柄やハート柄を過度に使ったりしますと、上品さが失われてしまいますので注意が必要です。二つ折りカードの素材は紙ですので、プラスチックが使われている磁気ストライブタイプのショップカードと比較して経年劣化が起こりやすいのが弱点ですが、コストを抑えながら、数多く作成出来るのが利点です。

 

制作ショップカードデザインに対する感想 

他店舗展開していることが分かるので、友人にも紹介しやすいです。

「女性のランチタイムの会話にかなり頻繁に出てくるのがネイルの話だったりします。特に同僚や、上司の女性がネイルを変えていると『かわいい!』と話題になります。指先までネイルでおしゃれを楽しんでいることで、女子力もアップさせてくれますし、自分自身、ネイルを見るたびに、嬉しい気分になります。普段はなかなかネイルをできなくても、結婚式の二次会や、主婦の方なら入学式などのセレモニーのときに、ネイルをしたいという人もいます。そんな大切なネイルはやはり自分ではできないので、プロのネイリストさんに頼んで、しっかりと指先をおしゃれにしてほしいもの。ネイルは技術の高さはもちろん、ネイルの施術を受けているときはお嬢様気分を満喫したいですよね。
そこで今回注目したショップカードは、多店舗展開しているネイルサロンのもの。キレイなネイルと花が施術空間とレベルの高さを感じさせてくれます。せっかくネイルをしてもらうなら、高級感あるネイルサロンでやってもらいたいですよね。さらに裏を向けると、他の店舗情報までしっかりとわかりやすく地図やQRコードが載っています。これなら、友達にどこのネイルサロン?と聞かれたときにも、ここのお店なら自宅や会社から近いね!とスグに検索できます。もし、文字だけの住所、電話番号のみの情報なら、すぐに調べるのは面倒ですし、検索されません。でも、わかりやすいQRコードが乗っていればその場で検索するので検索履歴にも残り、女子トークが終わったあとでじっくりとどんなネイルサロンか調べることもできますよね。
このショップカードは二つ折りのタイプなので、表では、しっかりとネイルサロンの高級感あるイメージを与えつつ、裏面をみれば、多店舗の情報もしっかりとわかるので、オシャレでありながら、とっても、効率のいいショップカードに仕上がっています。しかも、二つ折りなので、中には自分の次の予約もしっかりと書くことができるので、ネイルサロンは一石二鳥ならぬ、三鳥くらいです。予約カードはずっと持っているものですので、友達とご飯にでもいったときに、ダサいカードがお財布から見えてしまったら残念ですが、これなら持っているだけで高級感あるネイルサロンに通っている女子力の高い人と認識しますよね。お嬢様気分を味わせてくれるネイルサロンは、高級感がなくてはいけません。こういう高級感を演出するショップカードがあれば、友達にも紹介しやすく、持っていてもおしゃれなので邪魔になりません。予約カードはお財布を占領する邪魔なものというイメージがありましたが、そんなイメージを払拭してくれるオシャレなデザインです。
そんな持っていても邪魔にならず、オシャレと高級なサロンに通っているんだと周りにも思わせてくれる、ネイルサロンにとっても、他の店舗の紹介もできてしまう、とても効率的なショップカードのご紹介でした。」

情報が多いので、二つ折りのショップカードにしたのは正解。

「一般的なショップカードは名刺のように小さな1枚の紙になっていることが多いのですが、この場合には2つ折りになっており、ポイントカードのような感じだと言えるでしょう。2つ折りになっている内側の部分には、来店情報や予約情報が書き込めるようになっているので、診察券にもよく似ていると言えます。正面はいかにもネイルサロンというようなデザインが施されていますが、きれいな指先にネイルを施し、花を添えることによってより女性らしさを強調しています。
癒されるような写真を載せていると言えるのですが、決して派手ではなく、落ち着いた感じにもなっています。ショップカードの裏面はネイルサロンの情報がしっかりと書かれているのですが、注目してしまうのはQRコードが4つも記載されていることでしょう。通常QRコードが記載されていても、1つになっていることが多いのですが、この場合には4つも記載されているので、それだけ多くの情報をインターネットで公開していることがわかります。」

 

※掲載しているカードのデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

名刺・ショップカードの作成について

美容室・サロン名刺作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
美容室やサロンは店舗の魅力はもちろんですが、個人の技術・背術スキルに惚れ込んでリピーターになることもしばしばです。その為、個人をPRするツールとしての名刺も非常に大切です。最近ではSNSと紐づけたり、顧客とのより近い関係を構築する第一歩として名刺が用いられることもあります。名刺の外注、製作依頼はお任せください。

美容室・サロンのショップカード作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
基本的に美容室・サロンは定期的に通う場所です。その為ショップカードは、会員カードやスタンプカードのような役割を果たすこともあります。ショップカードは小さなキャンバスですが、店舗の個性を表現するための有効なツールでもあります。ショップカードの外注、製作依頼はお任せください。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: