炭火焼ダイニングの和テイストのショップカードデザインを制作しました。

ダイニングレストラン_ショップカード

赤の波模様がPOPに和のテイストを演出するショップカードデザインです。

ダイニングの活気と熱気が伝わるようなデザインに仕上げました。ブランディングを考慮し店舗ロゴとトーンを揃えて制作したショップカードデザインです。

デザイナーの振り返り 
■ 炭火焼ダイニングの、和の雰囲気をポップに表現したショップカードです。
■ 食欲や活気を想像させる赤やオレンジをキーカラーにし、柔らかく仕上げることで、過度な高級感を与えないようにしています。
■ QRコードでfacebookページへのリンクを設けるなど、ショップカード自体がSNSも絡めたファン作りの一助になっています。

 

和ダイニングの、活気を感じるショップカード制作例

飲食店は同業他社との競争が激化しています。このため、様々な集客ツールを駆使して顧客を得る必要がありますが、飲食店の差別化を図る集客ツールのひとつとしてショップカード作成があります。ショップカードのメリットは、その飲食店を知ってもらいやすくなったり連絡先が記載されていますから、予約を入れるきっかけになり易いということが挙げられます。

ショップカードは、携帯出来るお店の看板

但し、ショップカードを本当に効果のあるものにするには、独自のデザイン性を向上させる事が大切です。これが高ければ、それだけエンドユーザーに注目され、顧客となってくれる人々がその店へと足を運んでくれる可能性が高まります。赤の波模様が和のテイストを演出して、活気と熱気のあるダイニングの雰囲気が直接伝わるようなデザインに仕上げています。また、食欲や活気を想像させる赤やオレンジを基調カラーとして柔らかく仕上げることによって、極端な高級感を与えないように配慮していて、QRコードでfacebookページへのリンクを設けるなどカード自体がSNSも含めた集客ツールとなるよう工夫も加えていますから、店の紹介だけではない多様な情報を発信することができます。エンドユーザーからの評価も好評で、店名の周りの火花のような小さなマークが情緒に溢れ、まるで線香花火のように目立つし暖かい感じも伝わるといった声が寄せられていますから、店のファン拡大のきっかけとなっています。

 

制作デザインに対する感想 

ショップカードのデザインからお店のフレンドリーさが伝わりますね。

「季節の節目節目に訪れる歓送迎会や飲み会など、働いているサラリーマンはもちろん、学生さん、最近では、主婦の方もママ友とのお食事会でも、飲食店には行く機会が多いです。そんなときに幹事になることもあったり、おすすめしたいお店を紹介したいという機会も増えてきます。そんなときにあると、とっても便利なもの、それがショップカードです。
今回、注目したショップカードは、炭火焼きダイニングさんのものです。赤の模様がポップで、和のテイストをもりこんであり、活気を感じますよね。炭火焼きダイニングといえば、炭と火の活気があるものの、ちょっとおしゃれとはかけ離れているイメージがありますが、このショップカードは、そんなイメージとは違い、おしゃれで、しかも、和のテイストなのにポップなので、女性を始め、幅広い年齢層に人気がありそうです。和というブランディングイメージを大切にしていることから、店舗のロゴと和のデザインがマッチして、お店全体が和のイメージを想像させてくれます。ただし、和というと、おしとやかなイメージですが、あえて和とポップをマッチさせて、こちらのショップカードでは、活気さと熱気も伝わってきます。活気と熱気が伝わってくるのに、和のテイストがあり、それでいて、気軽にお店に入りやすい親しみやすいデザインです。
さらに、食欲をそそるオレンジや赤をメインに使用しているため、掲載している写真の料理がいっそう引き立ちます。さらに最近の方はスマートフォンを使ってお店をさらに検索して、他にどんな食事やドリンクを提供しているのか、コースはあるのかを調べます。そういった検索にもすぐに対応できるように、QRコードでFacebookページへリンクできます。さらにフォローしてもらうことによって、こまめにお店の情報をお客様はキャッチできます。このショップカードはお店のファンを作ることもサポートしてくれています。これなら、行きたいと思ったときにFacebookページを確認しておすすめ料理を事前に確認できるので、歓送迎会のときにはより素敵な料理をチョイスできますよね。お店を紹介するときにもかなり役立つ、おしゃれな和のテイストのショップカードのご紹介でした。」

和の文様で、伝統的な印象になっているのが好印象です。

「炭火焼の店は日本でもかなり人気があり、多くの人が訪れているのですが、和風の店が一般的です。そのため、ショップカードもこのように和の感じをしっかりと出したものに仕上げることが多くなっています。最近は日本でありながら、日本らしくない店も多くなっていますが、やはり炭火焼という日本の伝統文化をしっかりと出すためには、和風に作成するのが最も適していると言えるでしょう。赤を中心に使用しているのですが、炭火の赤をイメージしているように思えます。
店の名前が書かれている真ん中の丸いマークを中心に、火花のような小さなマークがたくさん描かれているので、とても情緒あふれる線香花火のようなデザインになっていると言えるでしょう。名刺デザインではこのように作成することは珍しいのですが、ショップカードであれば全く違和感がありませんし、暖かい感じも伝わっています。店の紹介だけではなく、写真やQRコードも記載されているので、チラシに負けず劣らずの情報量だと言えるでしょう。」

 

名刺・ショップカードの作成について

カフェ・飲食店名刺作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
飲食店は料理を担当するスタッフやバーテンダーを始めとする”人"との交流も魅力の一つです。連絡先やSNSで繋がることで、気軽に予約をしやすくなったり通いやすくなることもあるでしょう。名刺デザインで個々のスタッフの個性を発揮したり、象徴的な食材をモチーフにするなど、デザイン展開も様々です。

カフェ・飲食店のショップカード作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
お店とのきっかけを作る、つながりを保つ、飲食店でショップカードが今現在も用いられているのには、様々なメリットがある為です。ブランディングの一環としてロゴを組み込んだものや、他の人に紹介する時に分かりやすいようお店の地図が記載されたもの、常連客にお得なポイントカードになっているものなど、単にデザイン性のあるカードという位置付けだけではなく、販促ツールとしての側面もあります。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

事業概要 / ご利用規約

お問い合わせフォーム

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。
電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行はメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。(口頭による依頼の受付・進行は行なっておりません) タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。