Skip links
不動産のカーラッピング_A

ペットに特化した不動産会社の営業車ラッピングデザインを作成しました(サンプル作例)

不動産のカーラッピング_A

イラストでメッセージが伝わるようデザインしました。

ペットと安心して暮らせる物件紹介を得意とした会社であることが一目で分かるように、ガッツポーズをする猫のイラストを大きくレイアウトしました。猫はアニメタッチですが、首輪をつけて飼い猫であることをしっかりアピール。街並みと青空はあえてグリーンとブルーの2色のみでシルエットとして表現して、猫のイラストに目がいきやすくバランスをとっています。

カーラッピングデザインの依頼はこちら

町並みと自然の表現

町並みはビルや木、集合住宅風の建物などをバランスよく配置して「動物と人が共存して暮らせる住みやすいまち」をイメージしました。猫のイラストとアンバランスにならないよう、絵本のようなシンプルなタッチで描いています。また、自然の雰囲気を強調するため、ブルーと白で雲と青空を表現しています。

フレームと色で情報を強調

アピールポイントであるペット可物件多数、敷金礼金0円ありというフレーズは、それぞれを丸いフレームで囲んで強調、フリーダイヤルの電話番号は赤く太い文字で目立たせています。

不動産のカーラッピング_B

訴求力を高めるカーラッピングデザインのポイント

カーラッピングデザインは、イベント告知から社用車の広告までさまざまなものがあります。訴求力の高いデザインに仕上げると、道路を走るだけで大きな効果を生んでくれます。カーラッピングでは、インパクトはもちろんのこと、いかに「わかりやすいか」というところも重要です。情報のわかりやすさが訴求力を高め、集客につながるからです。

訴求力を高めるデザインに重要なのが「ベネフィットがきちんと伝わっているかどうか」です。ベネフィットとは、利用した先にどんなメリットがあるのかという結果です。ベネフィットを明確にわかりやすく表現することで、訴求に有効な宣伝カーになります。

ターゲットに焦点を当てる「猫OK」の力

作例では、ペットOKの物件を多く扱っている不動産会社を想定してサンプルを作成しました。ペットOKと漠然としたベネフィットではなく「猫OK」と対象をより絞ることで、猫を飼っている方の注目度が高まり、集客につながりやすくなるでしょう。

レイアウトと文字数の最適化

セールスポイントは端的にまとめ、見えやすい位置にレイアウトします。後部座席の窓部分も使用することも可能です。ベネフィットやセールスポイントは、15文字までが理想です。一般的に、人が一瞬で認識できる文字数は13〜15文字程度といわれています。

連絡先の強調 – 電話番号のデザイン的工夫

また、訴求力を高めるために、電話番号をわかりやすく表示することも大切です。電話番号を赤色にして目立たせることで注意をひくことができます。連絡の取りやすさを伝えるメッセージにもなるのです。

イラストを使用する場合は目立たせたいものを大きくし、コントラストをつけることで情報の混乱を回避します。背景色は淡い色味を選び、主役となるイラストとのトーンを変えることでデザインに奥行きが出ます。視覚的要素のバランスをとることで、文字情報が伝わりやすくなり、反応率も高まることが期待できます。

 

制作カーラッピングデザインに対する感想 

VOICE ※第三者による感想です

ペット=家族の価値観が伝わるデザインですね。

イラストが直球でメッセージを伝える

このデザインは、ペットと安心して暮らせる物件紹介を得意とする会社のメッセージを、キュートなイラストを通じて効果的に伝えています。猫のガッツポーズをするイラストが頼もしく印象的。町並みのシルエットは、ナチュラルな雰囲気でシンプルさが魅力となっています。イラストと文字の配色やレイアウトのバランスも見やすく、一目でペットとの共存をアピールしていることが分かります。連絡先である電話番号目立つ配置も工夫されており、視線を引きつける効果があります。「ペット可物件多数」「敷金礼金0円」などのフレーズは、丸いフレームで囲んで強調されていて、道行く人に効果的なアピールができそうです。

カラフルさで目立ちつつも優しい雰囲気で◎

色使いはカラフルで、猫のイラスト自体も大きめですが、優しい色使いなので柔らかい印象を感じます。住宅探しは親身に寄り添ってくれる方がニーズに合致していると思うので、ペットとの暮らしをサポートさせていただく姿勢を表しているのは高ポイントですね。

可愛らしさと信頼感が共存する広告デザイン

・猫の笑みが語る信頼性

このカーラッピングデザインは愛らしい猫のイラストを主体にしていますが、その様子から会社のポリシーが感じ取れます。首輪をつけた猫のガッツポーズは、安心と自信、そして幸せな暮らしを体現しています。このイラストが、企業がペットオーナーとその家族を大切に扱い、それに見合った物件を提供することを強く訴えています。

・色彩とレイアウトが作り出す調和

グリーンとブルーの2色で描かれた街並みは、猫の存在感をより際立たせています。同時に、緑豊かな環境と広い青空が飼い主とペットが楽しく共生できるイメージを具現化しています。色の選択や配列、そしてレイアウトが全体の調和を保ちつつも、各エレメントの特性を引き立てています。

・強調による訴求力

フレーズのデザイン的な強調も印象的です。丸いフレームで囲まれた「ペット可物件多数」「敷金礼金0円あり」という情報は、企業がペットオーナーのニーズを深く理解し、それに応える解決策を持っていることを示しています。赤く太い文字で表示されたフリーダイヤルの電話番号も、すぐに連絡を取りやすいというメッセージを伝え、顧客に対する親しみやすさを感じさせます。

このデザインは、ペットとそのオーナーに対する深い理解と尊重、そして信頼性を伝える一方で、カラフルでデザインとして魅力的な要素も兼ね備えています。

デザイナー
※掲載のカーラッピングデザインは実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※カーラッピングのモックアップはイメージです。実際の仕上がりとは異なる場合がございます。

カーラッピングデザインの作成





Home
ご依頼・お問い合わせ
Top
error: Alert: Content selection is disabled!!