Skip links
世界の高級ブランドのコマーシャルについて

世界の高級ブランドを集めたテレビコマーシャル制作例

世界の高級ブランドのコマーシャルについて

昭和から平成に変わる頃、日本はバブル黄金期を迎えどこを見ても高級ブランド一色でした。海外の高級ブランドを身につけることが一種のステータスとなり、若い世代までが高価な貴金属やファッションを身につけていた様な気がします。そして今、時代は令和に変わりファッションも大きく変化してきた感じがします。ミニマリストという言葉も定着し、物欲や独占欲よりもシンプルに自分らしく生きるスタイルが主流になってきた現代、世界の高級ブランドはどの様に変化しているのでしょうか。今回はそんな古くから世界の高級ブランドとして名高いファッションメーカーのコマーシャルを集めてみました。(※紹介する動画は当サイトの制作事例ではありません)

映像編集の依頼はこちら

世界の誰しもが1つは持っていたいサングラス、レイバンのテレビコマーシャル

Ray Ban: Tomatina




レイバンといえばサングラス、サングラスといえばレイバン。というぐらい世界的なサングラスメーカー。トムクルーズやマドンナ、ボブ・ディランなど世界中のセレブが愛用していることでも有名ですね。そんなレイバンは現在イタリアの会社なんです。創業はアメリカなのですっかりアメリカのブランドだと思ってました。動画では冒頭からサングラスをかけた女性の日常が描かれます。サングラスのメーカーだから当然、なんて思っていると話は予想外の展開に。トマト祭りってスペインのお祭りなんですけどね。高級ブランドではありますが、飾らず気取らない感じも支持されている要因なのではないでしょうか。

 

日本でも一斉を風靡した高級紳士服、ヒューゴボスの横長テレビコマーシャル

Hugo Boss – Baldesarini (TV Commercial)




ドイツの高級紳士服メーカー、ヒューゴボスの香水のテレビコマーシャルです。創業当時は労働者のための作業着を作っていた会社で、戦時中はドイツ軍の制服なども手がけていました。このコマーシャルの面白いところは映画スクリーン並みのワイド画角で作られていて、スタイリッシュさが際立っています。そして白と黒、フォーマルとカジュアルの対照的な要素を盛り込むことで、幅広いニーズがあることを表現していますね。最後のロゴに時代の重さを感じます。

 

世界中の女性の憧れ、ディオールの香水のテレビコマーシャル

Dior Addict – Be Iconic & Eau Délice




今度は女性用の香水、Diorのテレビコマーシャルです。明るくポップで弾ける様な色使いが特徴ですが、全く嫌味がなく品があります。これが世界に名だたるデザイナー、クリスチャン・ディオールが醸し出す色気なのでしょうか。また映像内で印象的なピンクが使われていますが、これはディオールが幼少期に住んでいた家の外壁の色なんだとか。それ以来ブランドカラーとしてずっと使われています。こうした配色を映像内でも巧みに取り入れていますね。ちなみにDiorは日本で初めてファッションショーをやったヨーロッパのブランドなんだそうです。

 

伝統と格式、多くの著名人を虜にするタグホイヤーのテレビコマーシャル

TAG HEUER – TV Commercial 2010




2010年から1年間流れた高級腕時計メーカー、タグホイヤーのテレビコマーシャルです。奇をてらわず、淡々とした語り口調のナレーションが印象的です。時計職人の周りをカメラがくるっと一周することで職人以外の全てが様変わりしていきます。しかし変わらず時計と向き合う姿。これだけの演出で現代も変わらず技術が受け継がれていることを見事に表現しています。そして最後に一言「毎朝、歴史が始まる」。これが1860年から創業している時計メーカーの言葉の重みなのではないでしょうか。最近はスマホで時間を見てしまうことが多いですが、アナログな腕時計も欲しくなってしまいます。

 

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

動画編集・映像制作料金と作例

映像編集・動画制作について
デジタルサイネージや展示会などのPR用の動画編集、商品やサービスを紹介する店頭動画、SNSやWEBサイトでの利用を想定したWEB広告動画の制作など、様々な動画編集・映像制作業務を行なっています。動画編集の代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

動画編集・映像制作例はこちら
イベントや商品のプロモーション映像編集サンプルなどを紹介しています。魅力的なタイトル映像や、動画のイメージに合ったナレーション・テロップ入れなど、動画編集に必要な様々な作業にも対応しています。


動画編集・映像制作の依頼〜納品までの流れ

動画編集・映像制作の流れ①

見積もり

希望されている動画編集プランや要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【動画編集の制作費用について】提供動画や商用素材等を利用した動画制作となります。撮影については対応しておりません。

動画編集・映像制作の流れ②

作成情報の提供

動画編集・映像制作に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。プランによっては、この段階で静止画の簡易的なコンテを確認いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

動画編集・映像制作の流れ③

動画の編集・作成

動画の編集・映像制作に取り掛かります。完成した動画の見本データが閲覧できるURLをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正等があれば、適宜追加納期にて対応いたします。

動画編集・映像制作の流れ④

完成・納品

編集を行った動画が完成となりましたら、ご入金確認後に動画のデータ納品を行います。



error: