パッケージデザイナーに必要な知識

立体的かつ多面的にデザインを考える

パッケージデザイナーたち

パッケージデザイナーという職業をご存知でしょうか。店頭で販売されている全ての商品は、表面的または立体的に形や色彩がありますが、それをデザインする職業のことです。例えばインスタントカレーのパッケージデザインの仕事がくるとすれば、美味しそうなカレーを表現しつつ商品の特徴を一目でわかるように伝え、企業の魅力もアピールするパッケージができれば理想的です。

展開図が描けたりパソコンのIllustrator、Photoshopといったデザインソフトを使いこなせなくてはなりません。平面のデザインと立体的なデザインでは必要な技術や知識は変わってきますが、いずれも消費者が豊富な商品の中から短い時間の中で手に取って、これを買いたいと選び取るようなデザインをださなければならないのです。一目見て選ばれるような、パッケージデザインを表現する仕事です。

 

商品や包装の法律に関する知識

パッケージデザイン

パッケージデザイナーはその仕事の性質上、パッケージの材質が何かということも関わってきます。現在の日本には容器や包装に関する法律で容器包装リサイクル法というものがあり、事業者は製造する上でその量に応じてリサイクルをする義務を負うことになります。

また、家庭用品品質表示法というものもあり、これは消費者が日常で使うものを対象に、商品の品質について事業者が表示しなくてはならない事項や表示方法を定めた法律です。コスメや医薬品のパッケージをデザインするにあたって大切なのは、薬機法も守らなくてはならないということです。薬機法は以前は薬事法と呼ばれていましたが、平成26年の11月に改正されました。この法律で大切なのは、簡単に言うと医薬品のような効果をうたった化粧品、医薬品のように見せかけた健康食品、などの表記が禁止されているということです。

商品をデザインするにあたってこのような様々な法律も遵守しなければなりませんから、ただ言われるがままにパッケージをデザインすればいいというものではありません。法律を守りながらクライアントの注文に対応するということが求められます。

 

もちろんデザインセンスも大切です

商品棚と商品パッケージ

お店に行って商品棚にずらりと並んだシャンプーを見て、あなたが選択するものは何でしょうか。ロゴデザインをみればすぐにあの会社の商品だな、とわかりますし、ネーミングが面白くて目をひくというものもあるでしょう。真っ黒なボトルに文字だけのシンプルなデザインのもの、いたるところに水の玉がキラキラと光るようなデザインのもの、あなたはどんなパッケージのシャンプーを買いたいと思うでしょうか。

パッケージデザインは一目で、短時間で商品の全ての魅力を伝えなければなりません。企業の要望を十分にヒアリングでき、その上で数々の法律を守り、商品の魅力を表現出来るパッケージデザインが必要なのです。

パッケージデザイナーに適している人は、色んなものからインスピレーションを得て自分のものにし、アイデアを湧かせることの出来る人ではないでしょうか。一番必要なのはセンスですが、センスというのは一日では培えませんから普段からアンテナを張り巡らせることも大切でしょう。

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行はメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。(口頭による依頼の受付・進行は行なっておりません)
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。