ビギナーの質問に答えます。プロの映像制作者によるQ&A

プロの映像制作者によるQ&A

映画製作のゼネラリストであり起業家のIgnace Aleya 氏のYouTubeチャンネルより、今回は「ビギナーに最適なカメラは?どうやって始める?」をご紹介したいと思います。動画編集に興味があるビギナーへの的確な回答の数々はとても勉強になります。

以下翻訳内容です。

やあ、元気かな?知ってるかもしれないけどToleratedCinematics.comのIgnace Alexaだよ。今日は、僕が質問を募集した動画に寄せられた君たちの質問に答えていくよ。

 

After Effectsのお気に入りのエフェクトやプラグインは?

僕のQ&A動画に寄せられた質問に答えていこう。最初の質問はEvokansからだね。彼からは、僕の「お気に入りのエフェクトやプラグインは何か?」という質問だった。

これは難しいな…。でも何度も利用しているのは、プラグインじゃないんだけど、Fractal Noiseかな。After Effectsが必要なものにはFractal Noiseをよく使うよ。Premiereではプラグインもエフェクトも使わず、スタンダード編集だけで使用している。

有料のプラグインだと、Trapcode Particularが好きかな。Optical Flaresもすごく気に入っている。

無料のプラグインだと、Video CopilotのVC Core Vibrantもすごくいいよ。Saberも結構使いやすいかな。

僕の動画はあまりエフェクトが必要ないんだ。だから、持っていて気に入ってるし、とてもいいプラグインだけどあまり使わないんだ。1から作ることがあまりないから、あまりプラグインを使って作業することがないんだよ。

 

いつかイスラエルに来ますか?

Ido Moshinskyから。読み方がこれであっているのかわからないけど、もし間違っていたらごめんなさい。質問は、「いつかイスラエルに来ますか?」

そうだな、状況次第かな。世界を旅行するのは好きだし、したいと思っているよ。人生の中でやりたいことの一つでもあるからね。世界を見てみたい。だから僕が最終的にどこに住むのかはまだ誰にもわからないよね。

 

YouTube以外でモーションデザイナーが就ける仕事は何?

Assassin Creedの質問は「YouTube以外でモーションデザイナーが就ける仕事は何があるか?」という質問。

そうだね、可能性はたくさんある。マーケティングの会社にも入れる。たくさんの仕事を受ける小規模のインディーズ企業で働くこともできるよ。コマーシャルや他の目的でたくさんのモーションデザイナーを必要としているからね。

UpWorkに登録もできる。UpWorkはフリーランサーのプラットフォームで、自分の作品を披露することができるから、もしそれを気にいる人がいたら、仕事のオファーをもらうこともできる。だから、色々な企業から少しずつ仕事を受けて、仕事をした数が増えれば増えるほど、あなたへの信頼も高くなり、さらにたくさんの仕事をオファーされることになるだろうね。そしてあなたの技術もどんどん上がる、それだけの仕事の数をこなしているとね。だから、最初のスタートとしては素晴らしい方法だと思う。初めのうちは君を信頼できるかは誰にもわからない状態だから、始めたばかりの頃は特に、安定した収入を得られるかどうか確かじゃないけど、こういう始め方もあるっていうことだね。いくつか仕事がもらえて経験をつめば、このやり方がメインの仕事になるかもしれない。

それから、ここ最近でとても人気があるのは、YouTube自体ではなくて、ユーチューバーのための仕事をするモーションデザイナーだね。自分のYouTubeチャンネルを持って、動画を作るのではなくて、もっと有名で登録者が100万人以上もいるようなユーチューバーのために仕事をするんだ。彼らは動画を作ったりそれを編集するようなスタッフチームを持っている場合が多い。だからたくさんのモーションデザイナーを求めていて、もしそのチームに入ることができたらとても楽しいと思う。裏側を見れるし、大規模なYouTubeチャンネルでの仕事の経験を得ることができる。

どんなキャリアを積んでいきたいかによるけど、モーションデザイナーとしての可能性はたくさんある。特にこれからの時代はもっともっと動画が重要な世界になっていくだろうから、将来はさらに可能性が増えるだろうね。

 

爆発映像の作り方のチュートリアルを作ってくれませんか?

これはTristan Bastidasから。読み方があっているのかわからないけど、「爆発映像の作り方のチュートリアルを作ってくれませんか?」という質問。

そうだね、実はすでにいくつかの爆発映像のチュートリアルは作っているんだ。爆発映像のアセットもウェブサイトで販売している。リンクを貼っておくから、そこからチェックしてね。たくさんあるんだよ。本当にものすごくかっこいいから、見てくれよ。もちろん、チュートリアルや使い方の説明も含まれているからね。

https://creatorgalaxy.com

 

どうやってAdobe After Effectsを使いこなせるようになりましたか?

TheFlow Gamersからの質問は、僕が「どうやってAdobeのAfter Effectsをこんなに使いこなせるようになったのか?」という質問。

いい質問だ。After Effectsを自分のやり方でうまく使いこなせるのは、単純にずっと長い間使っているからだよ。基本的には長く使えば使うほど、たくさん使えば使うほど、上手に使いこなせるようになるからね。簡単なことだよ。どんな達人だって生徒だったころがあるんだから。

僕はとても若い頃から使いはじめたんだ。まあ、その頃は若い方だったかな。今はもっとたくさんのもっと若い人たちがAfter Effectsを使いはじめているからね。でもその頃はAfter Effectsを13歳、14歳ぐらいで日常的に使い始めることは普通のことではなかったんだ。だから僕はYouTubeで全てのことを学んだ、ものすごいたくさんのことを学んだ。

とても印象に残っていることがあるんだけど、僕はRoon ScapeやCounter Strikeとかのゲームで遊んでいて、たくさんの人たちが動画の編集をしているのを見たりしていた中に、1人の男性がいたんだ。彼の名前は知らないけど、彼の編集スタイルは群を抜いていて、とても目を引くものがあった。それが何故かって言うと彼はAdobeのAfter Effectsを使っていたんだ。僕も彼がどうやって編集したのかを調べた。そう、それで彼がAdobeのAfter Effectsを使っていたことがわかったんだよ。

すぐにそのプログラムをダウンロードしたんだけど、起動したらそれが怖くなってしまって、すぐに終了してその後9ヶ月間起動することもなかったんだ。僕には使いこなせない気がして、試すこともしたくなかった。でも9ヶ月後、もう一度起動してみたんだ。チュートリアルを使って始めてみた。AdobeAfter Effectsを使って、小さいことをやってみたんだ。それでもっとチュートリアルを見るようになったんだよ。

例えばその頃、Video Copilotにはたくさん助けてもらったな。それ以外にもブログをあちこちで見たよ。

調べて調べて調べまくった。そして作って作って作りまくったよ。

オンラインで見て、気に入ったものは全て、よく観察して、自分でそのエフェクトを再現できるか作ってみたよ。

そしたらそれが自分自身で作ったAfter Effectsになるんだ。だから、インターネットで色々探して、気に入ったものを見つけたらどうにか自分でそれを再現する方法を見つけ出す、それに尽きるね。そうすることでたくさんの事が学べるんだよ。僕はそうやってここまで来たんだ。自分でチュートリアルを作れるようにね。

 

お気に入りのカメラレンズを教えてください。

Vegard Pedersonから。彼が知りたいのはPanasonic  GH5に使用する僕の「お気に入りのレンズは何か?」ということ。

そうだなぁ、僕がよく使うのはPanasonic 2.8の12-35mmかな。理由は、とても小さい、良質のガラスを使用している、ブログやチュートリアルを作っている時に役立つオートフォーカスがある、それからものすごく軽い。手にとって、ラン&ガンで撮影もできるし、ジンバルに乗せることもできる。小さくて、コンパクトな設定だから僕自身はこれをよく使うかな。

それ以外では、18-35mmのSigmaのレンズを使うのが好きだな。これはメタボーンズと一緒に使うと1.8になるんだ。この二つが僕のいつも使うレンズかな。もちろん他のレンズも使ってみたことがあるよ。どんなプロジェクトかによるんだけど、僕が今やってるプロジェクトはほとんどがYouTubeだから、12-35mmレンズをよく使ってるよ。そして言っておきたいのだけど、このレンズは素晴らしいんだ。全ての面で気に入ってるよ。

 

Lavito  Beatsのことをどう思う?

Lavito  Beatsは自分で自身を宣伝するつもりらしい。彼からの質問は、「Lavito  Beatsのことをどう思う?」知らない人もいると思うから説明すると、彼は僕の良い友達なんだ。

彼も自分のLavitoBeatsっていうYouTubeチャンネルを持っていて、ビートを作っているんだよ。例えば、僕のチャンネルでみんなが聞いているイントロの音楽、あれは彼が作ったんだ。僕のために作ってくれたんだ。とても感謝してるよ。彼はもっといい仕事をすると思うよ。始めてからすごいスピードでグングン成長してるんだよ。彼のYouTubeのチャンネルを覗いてみて。ビートを作ることに関しては、ものすごくいい仕事をするから。もし彼が必要になったら、彼にコンタクトを取ってみて。それでは、次へ行ってみよう。

 

予算が$1000以下の場合のお勧めのカメラは?

FlaverHDが知りたいのは「もし予算が$1000以下だったら、どのカメラをお勧めしますか?」ということ。

これは難しい質問だな。何故かと言うと、僕はもう随分と長い間、安いカメラを使ってないんだ。でも僕が最初に使っていたのは、Canon550Dだったかな。その時はそれが1番の選択肢だった。そして今でもとてもいい選択肢の一つだと思っているよ。

ただ、今ならCanon650Dの方がいいかな、何故かと言うと値段も550Dと同じくらいだからなんだ。Canonの素晴らしいカメラはスターターカメラとしてピッタリだよ。品質も良いし、それに僕がメタボーンズやPanasonicGH5と一緒に使ってるCanonのレンズを使うことができる。だからCanonの650Dや、750Dも悪くないチョイスだと思うよ。値段によるけど、Canonのカメラのラインはとても良いし、低価格でも間違いがないと思う。

Panasonic G8もいいと思うよ。これもとてもいいラインなんだ。4Kのものもあるしね。ただカメラ本体が$800でレンズも必要だからね。

だから、僕がお勧めするのは、安いカメラ本体をCanonで買って、もう少し高いレンズを買うことかな。なぜなら、レンズは1番重要だからね。ガラクタみたいなレンズを持っていたら、全く意味がないから。僕がこの仕事をはじめた時は、自分のCanon550Dにすごくシンプルなレンズを使っていたんだ。スタンダードの18-70mm 4.8レンズをね。そのころは、わからないけど、とても悪い選択をしたと思ってる。僕がするべきだったのは、まず本体を買ってそれから必要なレンズ、50mm 1.8とかを買うべきだった。そうすれば、持っていたスタンダードレンズよりももっと役に立っていただろうと思うよ。

自分でよくリサーチをすることをお勧めするね。周りをよくみて、他の人が何を使ってるかとか、彼らはどんなものを作っているかとか。でも最終的には自分自身のスタイルを見つけないといけない。何をするのに必要なのか、何をやりたいのか。ショートフィルムを作りたいのか、ウェディングビデオを作りたいのか、YouTubeの動画を作りたいのか、ブログを作りたいのか、それによってどのカメラを選ぶべきかが変わってくる。あなたにぴったりなカメラが見つかることを祈っているよ。

 

ということで、このQ&Aでの質問はこれで終わり。もし他にも質問があったら動画のコメント欄に書き込んでくれたら、見ておくよ。もし質問が十分な数集まれば、また新しいQ&Aの動画を作るよ。もしまだ足りなそうなら、少し待とうかな。もし楽しんでくれたなら、いいねボタンを押してね。チャンネルへの登録も大歓迎だよ。ウェブサイトもチェックしてくれよ。たくさんのコンテンツがあるから。

参照リンク : Ignace Aleya Q&A – Best Camera for Beginners & How Did it all Start? – Ignace Aleya (CC BY 3.0)
当記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(Creative Commons license / CC license)に基づいて編集しています。

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。



サイトへのお問い合わせ・依頼動画編集について

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

映像制作・動画編集依頼について

映像・動画編集業者をお探しですか?動画編集、映像制作料金・動画編集依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

映像制作・動画編集

SSL

カード決済対応

銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: