商品紹介動画の編集・制作のポイントとコツ

商品紹介動画の編集・制作のポイントとコツについて

スマートフォンやパソコンで調べ物をしていると、必ずといっていいほど遭遇する動画。少し前までは、動画はYoutubeなどの動画用プラットホームで視聴するのが通常でしたが、今ではホームページのコンテンツの一部やSNSのタイムライン、ネット広告などweb上のどんなメディアにも登場しています。

近年、急速に身近になった動画は、その利用範囲も広く、これまでホームページやパンフレット·チラシなどの媒体を使うことが多かった商品紹介にも動画が積極的に使われるようになりました。商品紹介を動画で行うことによって、どういった点が変わり、またメリットとなるのでしょうか。効果的な編集·制作方法と合わせてご紹介いたします。

 

圧倒的な情報量を発信する商品紹介動画の4つのメリット

商品紹介動画の編集・制作のポイントについて

商品紹介を動画で行うことのもっとも大きなメリットは、情報量が圧倒的に多くなるということ。紙媒体では、写真やイラストなどのビジュアルと文章だけだったものが、動く映像に加え、テロップなどの文字情報、ナレーションやBGMなどの音声も同時に発信できるため、その情報量は数千倍にもなるといわれています。

視覚と聴覚の両方からアプローチできる動画は、情報量の多さと共に見る人に与えるインパクトも十分。静止画と比べ、短時間で膨大な情報を記憶にしっかりと残すことができます。

1.  視覚に強く訴え直観的な理解を促す

これまで読み込む時間や集中力を必要としてきたカタログやパンフレットでの商品紹介や使用方法の案内も、動画なら視聴するだけで直観的に理解しやすくなります。百聞は一見に如かずという言葉通り、内容が複雑になればなるほど言葉を説明するよりも目で見たほうが理解しやすくなり、加えて音声やテロップのサポートが入ることでよりわかりやすくなります。

とくに、時間の限られた展示会や客先でのプレゼンテーションなど、商品の特性を短時間でわかりやすく伝えたいときには動画はぴったりのツール。事前にメール一通で送ることもできる動画は、プレゼンテーション時のみならず資料としても大変有効なツールです。

2. 使用感を伝えることで顧客満足度アップに貢献する

商品の姿かたちや説明書きだけでは理解が難しい使用方法や使用感を、購入前に動画で確認することで「思っていたのと違う」「想像より使いにくい」などの商品購入後に感じるギャップを低減することができます。静止画と比べ実際の使用シーンを動く映像として確認できる動画は、視聴する側の想像力に頼らずとも商品購入後の使い方や効果を見せることができるため、顧客の期待を裏切らず結果的に商品の満足度向上に貢献します。

3. 映像と音で積極的にアピールする能動的なメディア

前述した展示会やプレゼンテーションなどのBtoBでの用途以外にも、商品説明動画の使い方は数多くあります。商品を販売している店頭の陳列棚にデジタルサイネージ等で動画を流せば、直接商品購入につながる営業マンのような役割を果たし、使い方やセットアップの方法など商品購入後必要となるマニュアル的な動画をホームページなどに設置しておけば取扱説明書やFAQのような役割を果たします。

また、人目を引くようなインパクトのある短めの動画の場合、SNSにアップし拡散を狙うのも広告戦略の一つです。いずれも、「動く」「聞こえる」コンテンツであるからこそ、「読んでもらう」「見てもらう」ことを待たず、こちら側から能動的に働きかけることを可能にします。

4. イメージや付加価値を伝えるストーリー性

目に見えないサービス形態の商品紹介はもちろん、手に取れる形のある商品についても外面的な情報に留まらず伝えることができるのが動画のメリットの一つ。例えば、工業製品の紹介をする場合、機能や使い方の説明に加え、製品誕生までのストーリーや製作者のこだわったポイントなどをインタビュー形式で収録することで、実務的な側面のみならず、製品やブランドに対するイメージの向上や新たな付加価値の創造につながります。形や言葉にしづらいイメージを伝えるのに適した動画はブランディング戦略に適したメディアといえます。

 

商品紹介動画の方向性を考える

商品紹介動画の方向性を考える

商品紹介動画には、前章で紹介したようにさまざまなパターンがあり、商品の特性や目的によって動画の内容は変わってきます。まずは、商品紹介動画を作る目的とゴールを明確にし、誰に、どのようなシチュエーションで、どのようなアプローチの動画を視聴してもらいたいのか、動画の方向性を定めましょう。

【例】
目的:副業を支援するマッチングサービスの紹介
ゴール:サービス登録サイトへの誘導
ターゲット:現在企業で働く30~40代の男女
シチュエーション:SNSや動画サイトでのインストリーム広告·自社サイトでの閲覧
アプローチ:アニメーションを使ったサービスの紹介·利用者のインタビュー
動画の方向性とテイスト:キャリア世代にフィットしたスマートな演出。シンプルで合理的な表現。

 

ユーザー視点に立った動画の構成を考える

動画の構成を考える

方向性がある程度定まったら、それを元に動画の骨子となる構成案を考えます。その際に、前提として考慮しておかなければならないのが、出稿媒体の選定とそれに適した長さ、ユーザーの視点に立ったシナリオの構成です。

制作側が伝えたい内容がどれだけたくさんあっても、ユーザーにとってメリットにならない情報は期待する結果を生むことはありません。動画の内容や表現を考える際は、必ずユーザーの視点に立ち、自分が利用者だったらどう感じるかを考えながら構成を考えましょう。

また、動画を再生する媒体や顧客の商品に対する購買意欲によっても適する長さが変わってきます。潜在顧客の発掘や商品の認知に適したSNSやWEB広告用の動画はコンパクトにまとめる必要があり、長くても60秒以内、20~30秒前後の動画が多く見かけられます。ただし、短ければよいというものではなく、要点を絞り時間内の内容で十分理解でき、記憶に残る動画である必要があります。

商品に関心を持ち、自社ホームページや展示会などで商品を積極的に知ろうという段階の顧客には、2~5分程度の商品の特性や使い方に関する動画を見てもらえる可能性が高くなります。詳しく商品のことを知ってもらうことで商品やブランドに対して理解が深まり、信頼を醸成することができます。

動画を見る人

さらに次の段階に進むと、動画の長さに関わらず商品購入の具体的な検討に役立つ、より詳しい使い方の説明や商品開発に関するストーリー、開発者のインタビュー、購入後のメンテナンスやオプションなど商品とその周辺の話題にまで展開が可能です。同様の商品を購入したお客様のインタビューなどもユーザー視点に立った有力なアピール材料となります。

上記の購買意欲の進度、媒体や閲覧するシチュエーションを考慮し、動画に盛り込む内容と長さを考えて大まかな構成案を考えます。その構成案を骨子とし必要な映像やテロップの原稿などを集め肉付けしていきましょう。

 

撮影と編集の計画を立てる

撮影と編集の計画

構成案がまとまったら撮影に備えて計画書や絵コンテなどの準備を進めます。撮影前に必ずしもそれらの準備が必要なわけではありませんが、数人のチームで動く場合、情報共有や作業の進捗度を確認するためにも用意があった方がスムーズに進みます。

最低でも撮影場所ごとに必要なシーンを書きだし、撮影に必要なキャストや道具、機材、ロケーション、スタッフなどを確認しておきましょう。

撮影が完了したら、映像をチェックし編集の準備を進めていきます。全体の長さに対してどのように映像をカットし、BGMやテロップを合わせていくか、ナレーションを依頼する場合の原稿作成や収録の打ち合わせ、全体の雰囲気やトーン、アニメーションの作成やグラフや図の挿入など動画の内容に合わせて各項目をクリアーにしていきます。

 

まとめ

商品紹介の動画について

商品紹介動画の内容は、紹介する商品の特性や目的によって千差万別です。従来のカタログやパンフレットを使った商品紹介や営業トークでも十分商品の魅力は伝わりますが、商品紹介を動画で行うことで、より効率が良くなり、今まで見せることができなかった商品の舞台裏やストーリー、開発者や愛用者の声を届けることができます。どのようなジャンルの商品も、動画を導入することで、より広く簡単に商品を紹介できるようになり、たくさんのユーザーに魅力が伝わることが一番のメリットです。

簡単な商品紹介動画ならば内製することもできますが、競合が多くある場合や本格的な動画を制作する場合はプロに編集を任せるのがおすすめです。動画制作がスタンダードになってきた今だからこそ、日常的にたくさんの動画を見ているユーザーの目も日に日に厳しくなっています。イメージダウンを回避するためにもクオリティの高い動画制作は今や必須といえます。

企画・撮影からすべて依頼すると製作費もそれなりの金額になりますが、企画の相談・編集のみをWEBで依頼する当サービスならプロレベルの編集クオリティをリーズナブルに発注することができます。

さらに、動画とセットで使える紙媒体も同時に制作可能です。多くの情報を伝えられる商品紹介動画ですが、営業をサポートする紙媒体やマンパワーはまだまだ必要な世の中です。魅力的な商品を効率よく紹介するなら、動画・印刷物をワンストップで制作できる当サービスにぜひご相談ください。

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。



サイトへのお問い合わせ・依頼動画編集について

ASOBOAD®(アソボアド)とは

広告・デザイン作成のASOBOAD(アソボアド)

ASOBOAD(アソボアド)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

映像制作・動画編集依頼について

映像・動画編集業者をお探しですか?動画編集、映像制作料金・動画編集依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

映像制作・動画編集

カード決済対応

デザイン費用・印刷料金などの支払い方法は、銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例デザイン総合情報誌「MdN」に制作サイトが掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: