美容室・ヘアサロンの魅力を動画で伝えるには

美容室・ヘアサロンの魅力を動画で伝える

行きつけの美容室の急なお休みや、担当していた美容師さんの移動など、行こうと思っていた美容室に急に行けなくなった時や、新たに美容室を見つけようとする時、どのような方法で美容室を探しますか?

口コミや雑誌など様々な方法がありますが、もっともスタンダードな方法がスマートフォンなどのデジタルデバイスを使った検索ではないでしょうか。

地域の名前と美容室を検索ワードにすれば何件もの美容室がたちまちヒットします。その候補に挙がった数多くのサロンの中で、お客さまの心をつかむにはどのようにアピールするのが効果的なのでしょうか。

また、SNSやYouTubeなどで情報を発信し、顧客満足度を高めたり潜在顧客を発掘するにはどのような発信の仕方が良いのでしょうか。

自店のホームページの公開やSNSの発信、美容室専門サイトに広告を掲載することである程度集客は見込めますが、発信の仕方次第でさらに大きな反響を期待できます。これまでWEB媒体というと写真とテキストが主体でしたが、今、右肩上がりで成長しているのが動画を使ったアピール方法。WEB広告やSNSでの動画配信、YouTubeチャンネルの開設や自店ホームページのコンテンツなど、ほぼすべてのWEB媒体で動画の需要が伸びています。とくに、美容業界は動画と親和性が高いと言われ、ヘアアレンジやセットのハウツー動画など何百万と再生される人気コンテンツも数多くあります。

そのような動画を集客ツールとして活用する場合、どのようなメリットがあるのか、また、サロンの魅力を伝えにはどのようなポイントに留意したら良いのか具体的に考えていきましょう。

 

美容室・ヘアサロンを動画でアピールするメリットとは

美容室・ヘアサロン

サロンの紹介というと、外観や室内の写真、スタイリストの写真とプロフィールやスタイリング例となるカットモデルの写真、サロンメニューの案内などが一般的なものです。これまで写真と文章で行ってきたこれらの内容を動画で構成すると、扱う内容は同じにもかかわらず、その情報量は何倍にも膨らみます。

写真とテキストは平面的な情報で読み手の想像力を必要としますが、動画はこちらの伝えたいイメージを映像と音を使うことでほぼブレることなくダイレクトに伝えることができます。膨大な情報量とダイレクトなイメージ伝達を可能にする動画を活用することで、サロン紹介にどのようなメリットが生まれるのでしょうか。

情報感度の高いターゲットにフィットする広告戦略

今でこそ年齢性別関係なく幅広い層に見られている動画ですが、黎明期はデジタル環境に明るい若年世代がけん引役となり動画を世に広めていきました。今でも中心層は流行に敏感な若者や女性が多く、とくにお洒落や美容に関心がある層は積極的に情報を探しています。美容業界が動画に強いといわれるのは、動画と美容のターゲットとしている層が近しいことも大きな要因です。

どんな経験を提供しているのかが見えるサロン動画

出来上がったモデルのスタイリング写真でもそのサロンの得意分野や技術力は推し量れますが、動画ではリアルタイムでスタイルが完成していく様子をみせることができます。

美容師の羽のように軽い手さばきやシャキシャキと軽快なリズムを刻むハサミの音。変わっていく自分の姿に表情を変えていくモデルの様子やおしゃべりのトーン、カット中の雰囲気など、実際に店に来て経験しなくてはわからないその場の情報がリアリティをもって伝わります。

お客さまが美容室に求めるのは、カットやスタイリングの技術だけでなく、サロンで過ごす居心地の良さも大きなポイント。平面的な情報だけでは伝わりきらない空気感を伝えられるのが動画の大きなメリットです。

写真だけでは伝わらないディテールを伝える

完成スタイルを前·後ろ·横の3面から撮影した写真を見かけることがよくありますが、動画ならより細かなニュアンスを伝えることができます。ヘアスタイルはその形はもちろん、それ以外にも角度や光で見え方が変わる色や艶、立体的な視点が必要なボリューム感、自宅に帰ってからのスタイリングの方法など、「動き」が加わった方がスムーズに伝わることがたくさんあります。

SNSなどによる情報の拡散力

気に入った情報はどんどんシェアされる今、目を引きやすい動画はそれだけで大きな拡散力を持ちます。とくに予算を投じて広告を出さなくても人づてに広がるSNSは、規模に関わらずどんなサロンでも多くの人に知ってもらうチャンスを作ります。集客はもちろん、求人を目的としたリクルート動画やブランド力向上を目的としたイメージ動画など、用途に応じた動画を複数制作するのもおすすめです。

 

美容室・ヘアサロンを魅力的に見せる動画コンテンツとは

美容師とブローされる女性

情報量が多く、微妙なニュアンスや動きまで伝えられる動画。美容室やサロンの魅力を上手く伝えるにはどのような内容の動画を制作すれば良いのでしょうか?

スタイリングやトークの技術力を惜しみなく見せる

社外秘をわざわざ公開するなんて・・・と思ってしまうかもしれませんが、美容師が身に着けたスキルは動画を見たくらいで真似できるものではありません。長年、積み重ねた技術や接客はその人となりや時間と研鑽がなせる業です。

お客さまにとっては、自分がサロンに行った際、どのようなサービスが受けられるのかの重要な情報源になります。いつもしていることを包み隠さず、お客さまが来店された時にできるだけギャップを感じさせないような動画が望ましいといえます。また、はじめてのお客さまでも動画を見たことが会話のネタとなり、撮影の裏側などを話題にすることでトークの幅が広がります。

自宅でできるヘアアレンジやセット動画を公開する

サロン紹介と合わせてあると喜ばれるのがセルフでできるヘアアレンジ動画。巻髪やアップスタイル、セットの仕方や前髪カットのコツなど、自宅で動画を見ながらできるお楽しみ要素のある動画が人気を集めています。動画が拡散されるとサロンの名前も知られるようになり、お店の認知度アップにも貢献します。

ターゲットに合ったスタイリングとモデルの選出

年配の女性をターゲットにしているサロンなのに、若いモデルばかりを使った広告や動画を制作していては、肝心の来てほしいターゲットには響きません。見た人が「自分だったら」とリアルに想像できる内容で制作しましょう。

各媒体のデザインイメージを統一してブランドの方向性を一本化する

サロンのホームページやパンフレット、店内のインテリアや外観などに使われるカラーやテイスト、ロゴマークなどのサロンイメージを形作るデザイン要素は、できるだけ統一感を持って使用するように心がけましょう。動画もその一つで、編集する際はサロンのブランドイメージをデザイン要素としてオープニングやテロップなどに反映させると統一感が図りやすくなります。

テーマを絞ったシンプルな構成の動画

動画を撮るとなると、あれもこれもやりたいことをたくさん詰め込みたくなりますが、「過ぎたるは及ばざるがごとし」とういう言葉の通り、要素が多すぎると何を伝えたい動画なのかわからなくなってしまいます。

●スタイストと得意なスタイル例の紹介動画

●自宅でできるヘアアレンジ紹介動画

●子連れのお客さまへの接客動画

●トレンドのヘアカタログ動画

など、テーマを絞った短めの動画を小分けに制作した方がSNSなどで視聴されやすく、最後まで見てもらいやすくなります。

 

美容室・ヘアサロン動画の撮影のポイント

美容室・ヘアサロン動画の撮影のポイントについて

動画撮影というと一眼レフのカメラや特殊な照明機材などを想像されるかもしれませんが、必ずしもそうした機材が必要なわけではありません。近ごろは一般に流通しているスマートフォンのカメラ機能も格段に良くなり、動画撮影も十分に行えるようになりました。

広角撮影や特殊な映像を撮影したい場合は、別売りで購入することができるスマートフォン用のレンズもおすすめです。本格的なカメラはレンズも高額の場合が多いのですが、スマートフォン用は比較的リーズナブルに購入することができます。

照明はできるだけ自然光の恩恵が受けられる晴れた日を選び、太陽の光が入らないサロンの場合はスタンド型のLED照明を導入するなどして自然な明るさを確保しましょう。

動画のコンセプトに合わせて様々な撮影方法がありますが、マスターしておきたいのがお客さまの目線でスタイリングしていく過程を撮影できる、セット面を使っての対面撮影。セット面のテーブルに三脚でスマートフォンを固定し、アウトカメラをモデルに向け、鏡越しに映像を確認しながら撮影します。

スタイリングの撮影となると一発撮りの長回しでなければならないように思われるかもしれませんが、カメラは適宜止めて映像を確認しながらで問題ありません。編集時に違和感なく繋げることもできますし、視聴する側にとっても無駄なシーンはカットした方がテンポよく視聴できます。何より、同じモデルで同じシチュエーションを再現することが難しいスタイリング動画の場合、再撮影がその場ですぐにできるようこまめなチェックが大切です。

 

まとめ

スタイリストの手さばきや、ヘアスタイルの艶やボリューム感、動きが加わることで格段に伝わりやすくなる美容室·ヘアサロンのPR動画。「体験」を提供する職種だからこそ伝えたい、その場の雰囲気がぶれることなく伝わります。

「お洒落」や「美しさ」を提供するサロンにとってイメージはとても大事なもの。サロンの空気感を伝える動画はクオリティが要です。どんなに素敵なサロンでも情報のアウトプットが素人感漂うものでは期待感も薄れてしまいます。

予算が許すならば企画·撮影からプロにお願いするのがベストですが、予算的に難しい場合もあります。そうした時におすすめなのが当サービスの動画編集プランです。

撮影したデータをお預かりし、リーズナブルな価格でイメージに沿った動画をプロクオリティで制作いたします。打ち合わせもWEBで完結するため、お忙しい中でも時間をかけずに動画編集を依頼できます。

来るべき5G時代、ますます動画が当たり前になっていく時代で他店と差をつけるなら、動画集客戦略も検討してみる価値はあります。

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。



サイトへのお問い合わせ・依頼動画編集について

ASOBOAD®(アソボアド)とは

広告・デザイン作成のASOBOAD(アソボアド)

ASOBOAD(アソボアド)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

映像制作・動画編集依頼について

映像・動画編集業者をお探しですか?動画編集、映像制作料金・動画編集依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

映像制作・動画編集

デザイン作成料金のお支払いについて

カード決済対応

デザイン費用・印刷料金などの支払い方法は、銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

お問い合わせはこちら

印刷物のデザインから動画編集まで、様々な宣伝広告物の制作に対応しております。下記のフォームより気軽にお問い合わせください。

デザインの見積もり・制作依頼

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例デザイン総合情報誌「MdN」に制作サイトが掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

私たちができること

サービス内容、及びその制作料金や依頼の進め方についてはこちら。

各種サービス一覧

error: