透明素材を生かしたパッケージデザイン制作例 -#054

透明素材を生かしたパッケージデザイン制作例

ガラスやクリアフィルム、プラスチックなど透明な素材はデザインのベースとしてもアクセントとしても使える汎用性の高い素材です。中身をそのまま見せたり、あるいはロゴやイラストなどを浮き上がらせて見せたりと透明ならではの表現が可能です。上から印刷や塗装で色を重ねることもでき、その際には不透明・半透明・透明の塗料のほか、サンドブラストのようにすりガラスの表現をしたりと印刷では難しい表現を使えることもポイントです。透明素材を活かしたパッケージデザインのアイディアを集めてみました。

 

工具のイメージを変えるパッケージデザイン

透明素材を生かしたパッケージデザイン1

工具というと無骨で機能を追い求めるプロのための道具といったイメージがあります。売り場を見てみると金属や機械類など重量のあるものが多く、ブランドのロゴや商品ロゴもヘビーなフォントが多かったり、色合いも明度の低い、重さと頑強さを感じるデザインが多い傾向にあるようです。こちらの工具のパッケージは透明素材をうまく取り入れることで「軽やかさ」「洗練」を感じさせ、ギフトにも贈りたくなるような風合いにまとめあげられています。

 

ロゴのシールが浮き上がって見えるラッピングのデザイン

Monument Studioさん(@monument_studio)がシェアした投稿

カラフルで可愛らしいマカロン。明るい色みをそのままパッケージの一部に取り入れるなら透明素材が役に立ちそうです。箱に詰めたマカロンに透明フィルムで蓋をすることで、中身のマカロンを自然に美しく見せます。また、透明フィルムの上からロゴのシールを貼ることでロゴが浮き上がっているような視覚効果を発揮します。湿気の多い内容物では結露や水蒸気に注意が必要ですが、小規模のロットでも取り入れやすいパッケージデザインです。

 

透明パックの牛乳パック

透明素材を生かしたパッケージデザイン3

牛乳のように傷みやすい食材でも中身を見ながら使える透明パック。変色やカビの発生がないことを確認して注ぐことができます。残量も一目瞭然です。フィルムのため軽量で、使い終わった後は小さくまとめて捨てられるのもユーザーに嬉しいポイントですね。透明で中身が見えることを利用して、牛乳自体の白をパッケージの牛柄の白に使った点もユニークで楽しい仕掛けです。

 

透明な素材は未来的で洗練された風合いを醸し出したり、中身の色合いを利用したパッケージデザインを可能にしたりと様々なメリットがあります。一方で、結露などの見苦しい状況もそのまま見えてしまう弱点があります。ガラス・フィルム・プラスチック・アクリルなどそれぞれの素材の長所短所を把握した上でパッケージデザインに取り入れて行きたいですね。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。

ラベル・パッケージデザイン料金と作例

商品パッケージデザインの作成について
箱や手提げ袋などのパッケージデザインから、商品に貼り付けるラベルデザインまで、包装に関わるデザイン作成を行なっています。

ラベル・パッケージデザインの作成例はこちら
パッケージやラベルのデザイン事例・サンプルを掲載しています。紙箱からポリ袋などの軟包材まで、様々な商品パッケージの作例を掲載しています。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行は全てメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。【 口頭による金額提示、依頼の受付・進行は行なっておりません 】
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。
ゴールデンウィーク・夏期休業(お盆)・冬季休業(年末年始)などの 長期休業期間につきましても対応外となります。