Skip links
アーチェリー

理想が現実になるアーチェリーのフライヤーデザイン製作例

アーチェリー

弓を引いて矢を的に当てるという点では日本の弓道と基本的には同じですが、東京オリンピックの正式種目に選定され、さらなる競技人口の増加に期待が集まるスポーツ、アーチェリー。トーナメントやアーチェリー教室など、フライヤーの構成にはどのようなものがあるのでしょうか。今回も海外のフライヤーを参考に、各コンテンツよって違う製作例をまとめましたのでご覧ください。(※紹介するフライヤーデザインは当サイトの制作事例ではありません)

フライヤー作成の発注はこちら

歴史のある競技としてのアーチェリーのフライヤーデザイン

フライヤーデザインを見る (via Pinterest)

こちらはアメリカ、ニューヨーク州ブルックリンで開催されたアーチェリーに関するイベントフライヤーです。補足情報が少ないため、どのような詳細なのかはわかりかねますが、弓を模したタイポグラフィはインパクトがあり、弓なりになった線の延長で注視点として使われた円が特徴的です。写真には古典的な弓具を持つ少女が写っていて、配色には灰みの青と赤茶色、ノスタルジックな雰囲気を盛り上げる効果とともに、おしゃれな雰囲気にまとめられました。

 

レクリエーションとしてのアーチェリーのフライヤーデザイン

フライヤーデザインを見る (via Pinterest)

こちらはわかりやすいレクリエーションのフライヤーです。どんな商材でも同じですが、人は自分の行き先や行く末のイメージが少しでも見えると見えないのでは、安心感がちがいます。その先をイメージしやすい状態で、選びやすい3つの具体的なプランの提示をして、さらにどうすればそうなれるのか、参加を勧める流れで構成されています。

 

楽しむことが最優先!アーチェリー競技大会のフライヤーデザイン

フライヤーデザインを見る (via Pinterest)

こちらはトーナメントでの使用を想定して作られたテンプレートです。緊張感たっぷりに表現されたデザインもありますが、緊張で固くなるなら楽しんでもらいたい。そんなメッセージが感じられる素敵なフライヤーデザインです。

 

今回はアーチェリーをテーマにいくつかのフライヤー製作例をまとめました。教室や大会なら、なぜ、どんな人にこそ必要とされるのか、理由が明確にできたならスムーズな広報ができます。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

チラシのデザイン料金と作例

チラシデザインの作成について
各種フライヤー・チラシの作成を行なっています。デザイン作成から印刷・納品までお任せください。楽しげなイベントフライヤーから、企業向けのシックで落ち着いたチラシまで、柔軟なチラシデザインに対応しています。チラシ作成の代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

チラシデザインの作成例はこちら
過去のチラシ(フライヤー)作成例をご覧いただけます。派手さのあるグラフィカルなフライヤーから、高級感や重厚さのあるチラシ、安売りなどを知らせるライトなイメージのチラシなど、世代やニーズ・ターゲットに合わせてデザインを作成しています。


フライヤー・チラシデザインの作成依頼〜納品までの流れ

フライヤー・チラシデザインの流れ①

見積もり

作成の検討されているチラシの部数や仕様・要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【チラシデザインの制作費用について】グラフィックデザインのみの制作・チラシ印刷込みのデザイン制作、両方の依頼に対応しています。

フライヤー・チラシデザインの流れ②

制作情報の提供

チラシのデザイン作成に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

フライヤー・チラシデザインの流れ③

フライヤー・チラシデザインの作成

チラシデザインの作成に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

フライヤー・チラシデザインの流れ④

校了〜印刷・納品

チラシのデザインが校了となりましたら、ご入金確認後に印刷手配(またはデータ納品、及びその両方)を行います。(※フライヤー・チラシの印刷・製造は外部印刷会社へ委託となります。印刷・入稿手配の代行費用等はサービス料金に含まれています。)



error: