ダブルトーンが表現するパンチのきいたパッケージデザイン -#034

ダブルトーンが表現するパンチのきいたパッケージデザイン

webで近年流行しているダブルトーンの表現は、不思議な奥行きを感じさせつつフラットになりすぎない、使いやすいテクニックです。従来一色で表現してきた要素をそのまま2色のグラデーションに置き換えたり、背景に敷いたりと、これまで使用してきたデザインにちょっとした新鮮さを加えてくれます。鮮やかな2色が徐々に移り変わるグラデーションが注目を集めるパッケージデザインを集めました。

 

意外性感じるモダンな大人のお菓子のパッケージデザイン

The Dielineさん(@thedieline)がシェアした投稿

棒付きキャンディーやゼリービーンズなどおなじみのお菓子ですが、鮮やかな黄色・ピンクと水色のグラデーションと白の取り合わせは都会的で、鮮やかな色ながら大人の雰囲気を感じさせます。直線で構成された箱もまたモダンで、一見すると香水や化粧品のパッケージのよう。中身とのギャップは贈り物にもぴったり。贈られた人も開けて驚き笑顔になるでしょう。

 

ポップな雰囲気が楽しいボトルデザイン

The Dielineさん(@thedieline)がシェアした投稿

明るい色のダブルトーンのグラデーションが楽しいボトルデザイン。色味と、楽しげなフォントがポップな雰囲気を作り上げます。それぞれの味のボトルを並べた時には虹色のグラデーションを感じさせてくれる点もポイント。同じレイアウトでも一色のベタでは色味の印象が強く出せる一方、単調で動きのない印象になりがち。グラデーションで変化をつけることで色の持つ印象を生かしつつ爽やかさと奥行きを感じさせてくれます。

 

ビタミンウォーターの元気な色合いのパッケージ

The Dielineさん(@thedieline)がシェアした投稿

鮮やかな色味の天地方向のグラデーションが目を引くビタミンウォーターのボトルパッケージ制作例。ビタミンは実際の見た目が想像し難いものですが、色味によってビタミンという物質の性質や機能を表現しています。ビタミンvitaminの語源の一つであるvitaはラテン語で命の意味。アクティブで、ポジティブな意味合いを感じさせる元気な色合いの組み合わせがぴったりです。

 

ダブルトーンは様々な場面での汎用性があります。photoshopなど画像編集ソフトでは多色刷りのものを2色刷りに変換したり、モノクロの画像にダブルトーンのグラデーションを上掛けしたりと簡単に加工できるようになりました。ダブルトーンを写真へ取り入れたり、見出しやワンポイントにしてアクセントとしたりすることはもちろん、背景としても他の要素を邪魔しにくい使いやすい要素です。使うポイントを抑えつつ、デザインのテクニックとしてアイディアの引き出しに入れたいですね。

 


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。

ラベル・パッケージデザイン料金と作例

商品パッケージデザインの作成について
箱や手提げ袋などのパッケージデザインから、商品に貼り付けるラベルデザインまで、包装に関わるデザイン作成を行なっています。

ラベル・パッケージデザインの作成例はこちら
パッケージやラベルのデザイン事例・サンプルを掲載しています。紙箱からポリ袋などの軟包材まで、様々な商品パッケージの作例を掲載しています。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行はメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。(口頭による依頼の受付・進行は行なっておりません)
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。