Skip links
色を混ぜ合わせたシンプルなデザイン

色を混ぜ合わせてシンプルなデザインも楽しむ!カラーブレンド

色を混ぜ合わせたシンプルなデザイン

ポスターやフライヤーを作成するにあたって、配色は重要です。特に文字だけのものや幾何学模様だけのものの場合、配色によって印象も大きく変わります。そこで今回は、カラーブレンドという技法をご紹介します。カラーブレンドとは、いくつかの色が重なり合い、その重なった部分が新たな色を生み出すことで、多彩な色合いを楽しむことができる技法です。セロファンを想像すると分かりやすいかもしれません。このカラーブレンド効果を上手に取り入れているポスターを4つご紹介します。

 

レトロな色合いでヴィンテージ風のデザインに

ポスターデザインを見る (via Pinterest)

何だか懐かしく感じるのは、配色が昭和レトロなものだから。こちらのポスターは文字だけのシンプルなデザインですが、赤やオレンジといった暖色系の色を選ぶことでどこか懐かしい雰囲気に仕上がっています。さらに色の明度を上げて明るく澄んだブライトトーンにすることで、よりレトロな印象を与えています。このように、配色だけでなく、使用する色自体の明るさを変えることも、見る側へ与える印象を変える効果があります。

 

3色でも賑やかでインパクトのある仕上がりに

ポスターデザインを見る (via Pinterest)

デザイン自体、アルファベットの“g”のみという、至ってシンプルなこちらのポスター。それでも見る側へ強い印象を与えているのは、カラーブレンド効果によるものです。赤、青、白というたった3色の配色ですが、それらの重なりを上手に生かしています。このポスターの上手なところは、使用している色全てに透過性をもたせているわけではないという点です。よく見てみると、赤と白は互いに混ざり合ってはおらず、透過性があるのは青のみとなっています。一部にだけカラーブレンド効果を活かすことで、うるさすぎず、しかし賑やかな配色が実現しています。

 

背景の色によって、まとまりと引き締めの効果を出したポスター

ポスターデザインを見る (via Pinterest)

カラーブレンドは、色と色の重なりを楽しむため、丸や線などが組み合わさった幾何学的な構図に適した効果です。こちらのポスターはその効果を十分に生かしており、文字を重ね合わせることで色に深みが出ています。文字とカラーブレンドを上手に組み合わせた作品の一つと言えます。このポスターのもう一つの特徴として、背景に寒色を使用していることが挙げられます。文字に使用している色は、“v”と“i”以外は暖色系です。しかし背景に深みのある藍色を使用することで、全体がひきしまった印象になり、まとまりが出ています。また、“a”“e”“n”それぞれに異なる透過性をもたせることで、色のブレンドのされ方にも変化をつけています。

 

これぞカラーブレンド!至ってシンプルに色を楽しむポスター

ポスターデザインを見る (via Pinterest)

カラーブレンドをイメージするのに一番適しているデザインと言えるかもしれません。文字や幾何学模様の重なり部分でこのような色の重なりを楽しむことができるのが、カラーブレンドです。ただし、虹のようにいくつもの色を使用する必要はありません。こちらのポスターのように、使用しているのは2色の円だけですが、そのベースカラーを元に重なり合った部分が紫色となっていて、結果として3つの色を楽しむことができています。至ってシンプルですが、これがカラーブレンドの基本です。

 

段階的な色の変化を楽しむことができるのがグラデーション。一方、異なる色を重ねることで生まれる新たな色を楽しむことができるのが、カラーブレンドです。文字や幾何学模様の組み合わせ方、そして背景に使用する色によって、ぼんやりとした印象にもメリハリのある印象にもできるのが、カラーブレンドの特徴です。シンプルなデザインでもこのような効果を出すことで、見る側に与える印象も大きく変わりますね。ぜひ活用してみて下さい。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

ポスターのデザイン料金と作例

ポスターデザインの制作について
各種パネル・ポスターの作成を行なっています。デザインの作成から印刷・納品までまとめて依頼いただけます。飲食店やアパレルなどの店頭ポスターや、展示会パネル、電車内の交通広告、イベント告知ポスターなど、多様なジャンルのデザイン作成に対応しています。ポスター作成の代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

ポスターデザインの作成例はこちら
過去のパネル・ポスター作成例をご覧いただけます。展示会やイベント向けの大きく目立つものから、学会・カンファレンスなどを対象としたやや小さめのポスターまで、サイズはもちろん、イベントやビジネスのイメージに合わせたデザイン作成を行なっています。


パネル・ポスターデザインの作成依頼〜納品までの流れ

パネル・ポスターデザインの流れ①

見積もり

作成の検討されているパネル・ポスターの部数や仕様・要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【パネル・ポスターデザインの制作費用について】グラフィックデザインのみの制作・パネル / ポスター印刷込みのデザイン制作、両方の依頼に対応しています。

パネル・ポスターデザインの流れ②

制作情報の提供

パネルやポスターのデザイン作成に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

パネル・ポスターデザインの流れ③

パネル・ポスターデザインの作成

パネル・ポスターデザインの作成に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

パネル・ポスターデザインの流れ④

校了〜印刷・納品

ポスターのデザインが校了となりましたら、ご入金確認後に印刷手配(またはデータ納品、及びその両方)を行います。(※パネル・ポスターの印刷・製造は外部印刷会社へ委託となります。印刷・入稿手配の代行費用等はサービス料金に含まれています。)



error: