Skip links
ブタさんたちの多彩な表情が楽しめるアルコールのラベルデザインについて

ブタさんたちの多彩な表情が楽しめるアルコールのラベルデザイン集

ブタさんたちの多彩な表情が楽しめるアルコールのラベルデザインについて

ペットといえば犬と猫が主流でしたが、最近ではフクロウやカワウソといった動物園でしか見かけないような動物を家族の一員として生活する人も少なくありません。その中でも、綺麗好きとして有名なブタも密かな人気を博しているとか。ブタが与えるポジティブな印象は、当然ながらデザイン界でも活用されています。今回は、アルコールラベルで存在感を発揮するブタさんたちを集めてみました。リアルなタッチから、ファニーなタッチまで、多彩な表情を堪能してください。(※紹介するパッケージデザインは当サイトの制作事例ではありません)

パッケージ制作の依頼はこちら

火がついたブタさんの恩恵から生まれるバーボンのボトルデザイン

パッケージデザイン作成例を見る (via Pinterest)

カナダで製造・販売されていたバーボン「PIG ON FIRE」のボトルデザインです。その名の通り、ボトルに描かれているのは、背中に火がついたブタ。このバーボンが、りんごの木で燻製されたベーコンのエキスが入っているということを視覚化したといえばそれまでですが、ストレートすぎるところを、このライトなタッチのイラストがクスッと笑うトーンにまとめているところが巧妙です。

ちなみに、バーボンは、フランスの「ブルボン朝」に由来していて、アメリカ独立戦争の際にフランスがアメリカ側に味方したことから、のちの大統領トーマス・ジェファーソンがケンタッキー州にあるひとつの郡を「バーボン郡」と名付け、その地で生産されるウィスキーを「バーボン・ウィスキー」と呼ぶようになったという歴史があります。トウモロコシや麦からできるバーボンにベーコン風味というのは、イメージがつきにくい味ですが、香ばしさが豊かになるのかもしれません。ブタには少し気の毒になりますが、だからこそ美味しくいただきたいそんなバーボンのボトルデザインです。

 

アブダクションされるブタさんが妙にリアルなビールのラベルデザイン

パッケージデザイン作成例を見る (via Pinterest)

ポーランドにある醸造所で製造・販売されているビール。その名も「ROSWELL」のラベルデザインです。ブタがUFOにアブダクションされそうになっている様子がアメコミタッチのイラストで描かれています。他のシリーズも、宇宙や近未来と動物が描かれていますが、これはラベルのデザイナーの「人間と自然が存在しない世界」をテーマにしたいという意匠からくるものです。長い歴史をもつ伝統的な醸造方法を守ってきた醸造所が、初めてクラフトビールに参入するということで、採用されたブランディングがこの近未来的デザイン。

かなりの飛躍を感じますが、現代のクラフトビールの波は、伝統ある醸造所からすると宇宙人のなせる技なのかもしれません。「新しさ」の表現方法として、ビールの醸造に不可欠な人間と自然を排除するという発想は斬新で、どんなビールなんだろうという関心を持たせます。アニメっぽくないリアルなブタの表情に何か隠されたメッセージがあるのかもしれない…と考え込んでしまいます。引きつけるパワーがUFO並みの斬新なラベルデザインです。

 

「良いブタ」という名のウィスキーのラベルデザイン

パッケージデザイン作成例を見る (via Pinterest)

オーストラリアで製造・販売されているウィスキー「FINE SWINE」のラベルデザインです。銘柄にもなっている「Fine swine」は日本語にすると、「良いブタ」。ウィスキーなのに、名前はブタというユニークな銘柄です。その由来は、蒸留所のオーナーがもともと家業が養豚で、その手伝いをずっとしていたことにあるそうです。また、養豚で求められる細やかなケアは、ウィスキーの蒸留にも通ずるということも、この銘柄が誕生する根源にあるとオーナーが語っています。それこそ、養豚場のロゴにそのまま使えそうなリアルで写実的なタッチで描かれたブタは、どこかスタイリッシュにもみえます。

このデザインを担当したのは南アフリカを拠点とするデザイン事務所ということで、アメリカの製法を守ってオーストラリアで蒸留されたウィスキーのラベルデザインを南アフリカで完成させるという地球規模のプロジェクトです。手作業のこだわりがデザインにもしっかり徹底されている、高級感の漂うラベルデザインです。

 

ファニーなブタさんが主役のこだわりの地ビールのラベルデザイン制作例

パッケージデザイン作成例を見る (via Pinterest)

アメリカのアラバマ州にあるビール醸造所「Black Forty Beer」のビール「NAKED PIG」のラベルデザインです。すでに人気製品だった「NAKED PIG」の新しいパッケージデザインとして採用されたのがこのラベル。リノカット技法のスタイルで書かれたブタは、不思議な可愛らしさのあるキャラクターに仕上がっています。あえてイラストではなく文字として「NAKED PIG」を視覚的に際立たせて、そのアクセントとして独特のタッチのイラストをおくというところに、時間をかけてラベルデザインをした形跡を感じてしまいます。

またラベルの下部に「アラバマのガズデンでプライドを持って醸造した」と土地についてあえて触れているのは、この醸造所が農作物を育てるのが最も難しいと言われていた「Back 40 Acres(後ろの40エーカー)」と呼ばれる土地にあるという歴史的背景、そしてこの地でビール醸造を続けてきたという誇りを表現しているのかもしれません。ポップなネーミングのビールがアラバマという土地を支えているというプライドを投影しているラベルデザインです。

 

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

ラベル・パッケージデザイン料金と作例

商品パッケージデザインの作成について
箱や手提げ袋などのパッケージデザインから、商品に貼り付けるラベルデザインまで、包装に関わるデザイン作成を行なっています。パッケージデザインの代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

ラベル・パッケージデザインの作成例はこちら
パッケージやラベルのデザイン事例・サンプルを掲載しています。紙箱からポリ袋などの軟包材まで、様々な商品パッケージの作例を掲載しています。


パッケージデザインの作成依頼〜納品までの流れ

パッケージデザインの流れ①

見積もり

作成を希望されているパッケージの仕様や要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【パッケージデザインの制作費用について】パッケージのグラフィックデザインの制作となります。商品パッケージの設計・印刷・製造については対応しておりません。

パッケージデザインの流れ②

制作情報の提供

パッケージのデザイン制作に必要な掲載文面や素材・図面データなどを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

パッケージデザインの流れ③

パッケージデザインの作成

パッケージのデザイン制作に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。デザインや文面などに修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

パッケージデザインの流れ④

校了・納品

パッケージデザインが校了となりましたら、ご入金確認後にデータ納品を行います。



error: