Skip links
展示会ブース用看板デザイン作成例

海外ビジネスに関する展示会ブース用の横長看板デザインを作成しました。

展示会ブース用看板デザイン作成例

事業の方向性をストレートに伝える展示会用の看板デザインです。

2015年に開催された国連サミットで採択された持続可能な開発目標「SDG‘s」は、未来を見据えた世界的なアジェンダとしてビジネスシーンでも強く意識されるようになりました。カラフルな17色で表された開発目標は、象徴的なイラストともにビジュアル面でも強いインパクトを世界に与えています。

展示会の看板デザインの依頼はこちら

そんなSDG’sをビジネスに取り入れ、新たな海外ビジネスのスタートアップを支援するコンサルタント会社の展示会用看板をデザインしました。

横に長い形状を生かし、ビジネスのコンセプトとなる文言を太くはっきりとしたゴシック体で打ち出し、看板の上下にSDG’sで使われている17色をカラーバーにして並べました。象徴的な17色をデザインに取り入れることで一目でSDG’s関連の事柄であることがわかります。また、文言の後ろには上から下へと広がるような世界地図を配置し、海外をマーケットにしたビジネス支援であることを印象付けました。

展示会ブース用看板作成例2

 

屋外広告・看板デザインに対する感想 

VOICE

SDGsのカラーをさりげなく取り入れたビジネス向きデザイン

SDGsの17の目標をカラーバーで表現

日本語では「持続可能な開発目標」を意味するSDGsは、貧困や飢餓をなくすこと、教育の神道やジェンダー平等の達成、健康と福祉、エネルギー問題の解決、持続可能な経済と消費行動など、さまざまな目標が掲げられています。SDGsには17の大きな目標が設定されていて、それぞれの目標に具体的なターゲットとする事柄が169あります。そのため、SDGsでは17色が象徴的なカラーと捉えられています。この看板デザインでも、象徴的な17色はよりSDGsを意識させる効果を果たしています。細いカラーバーの形で配置することで、洗練された印象になっていますね。

雑多な印象にならない引き締めカラーで信頼感UP

17色というたくさんの色を使うと派手で賑やかなイメージになりがちですが、ビジネス関連デザインの定番色であるネイビーブルーをメインにすることで画面がキリッと引き締まります。背景に世界地図をレイアウトすることで、SDGsが世界的な目標であること、企業がユニバーサルな視点でビジネスを展開していることが伝わってきます。ワントーン明るい色でレイアウトされた水色のロゴも、ネイビーと相性バッチリです。

※掲載の看板(サイン・広告)は実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載看板デザインのモックアップはイメージです。実際の看板・広告とは仕上がりが異なります。

看板・屋外広告のデザイン作成





error: Alert: Content selection is disabled!!