映像スタジオのコミカルさのあるロゴデザインを制作しました。

映像スタジオの看板ロゴ

ムービー・映像制作を行うプロダクションのロゴデザインです。

映像制作関連のスタジオや制作会社は比較的堅めのロゴが多いように見受けられますが、スタジオの名前のユニークさを活かして、コミカルで一度見たら忘れられないようなデザインを目指しました。英字ロゴタイプ部分は、カッチリとした印象を残しており、全体のデザインのバランスを取っています。オレンジのバックカラーも目をひきます。

映像スタジオのロゴ





 

ロゴ作成例に関する考察 

映像撮影スタジオの意外性のあるロゴ制作例

デジタルサイネージが広告媒体として確固たる地位を確立し、動画サイトは年ごとに業績を伸ばし続けるなど、映像という分野は動画広告などの隆盛と比例して、近年ニーズが高まっている産業のひとつです。結婚披露宴では必ずと言っていいほどプロジェクターを利用した動画が放映され、個人主催のイベントなどでも昔なら考えられなかったほど高品質なプロモーション動画が流されたりすることも稀ではなくなりました。映像撮影という分野は年々ニーズを高めながらも、ニッチな業態を保ち続けている数少ない産業とも言うことができるのではないでしょうか。

それだけに、できるだけ早い段階で今後の市場拡大を視野に入れたマーケティングやプロモーション活動が重要になってくることは言うまでもありません。そう遠くない未来に新規参入が増大する可能性も充分に考えられる業種ですから、今のうちに不動の地位を確立するためには、サービスの品質を向上させるばかりではなく、企業としてのブランディングもしっかりとおこなっておくべきでしょう。そういった意味で、今回作成した映像撮影スタジオのロゴマークは、映像というある種特殊な商品を扱う企業にはぴったりのブランド力を持った、非常に個性的なデザインです。スタジオ名がすでにかなりユニークな響きを持っているのですが、これに負けない強烈なロゴマークが大変印象的な構成になっています。

保守的なデザインが多い映像業界に、風穴を空けるようなロゴを目指す

日本では特にアニメやキャラクターものの市場がニッチな業態として成功をおさめた先例がありますが、映像という分野の中にはこの市場が包括されているという側面もありますから、サブカルチャーに慣れ親しんだ層には非常に親しみが持てるロゴデザインと言えるでしょう。また、このロゴマークをよく見てみると、全体が非常にアンバランスな構成になっていることに気がつきます。「MOVIE-PHOTO-STUDIO」というロゴタイプと、「地鶏」という社名ロゴ、そしてビビッドなオレンジを背景にしたコミカルな鶏のキャラクターのそれぞれには、いっそ見事なほどに共通点がありません。近未来を感じさせるシャープなフォルムのアルファベットに、生真面目でコンサバティブな印象を感じさせる筆文字フォント、脱力系ゆるキャラのようなシンボルマークと、まるで相容れない要素がひとつのロゴマークとして成り立っていることが、このロゴデザインの一番の面白さと言えるでしょう。

映像という産業は、あらゆるジャンルの文化や社会活動をひとつの形にするという意味では、非常に雑多なテーマで構成されているものです。このロゴマークからは、そういった多様な文化・事象と向き合い、映像を作り上げていくという前向きでポジティブなメッセージも感じ取ることができます。今や企業のみならず、学生や主婦の方まで動画サイトへの投稿やイベントなどのために、映像の専門会社に仕事を依頼できるような時代になりましたから、雑多な雰囲気を醸しつつも親しみやすく、非常に印象に残るこのロゴマークは、スタジオのプロモーション活動に大きな役割を果たすことでしょう。

 

制作ロゴデザインに対する感想 

VOICE

字体とコミカルなシンンボルのバランスが良い企業ロゴですね。

一目見たときには、映像制作を行っているプロダクションのロゴデザインという感じではなく、焼き鳥屋や居酒屋のような感じに見えてしまいました。飲食店のような感じになっているだけではなく、とてもかわいらしい鳥の絵のロゴになっているので、硬い感じのイメージである映像制作を行っているプロダクションのイメージが変わってくるでしょう。

映像関連の場合、カメラやスクリーン、映写機のようなロゴマークを用いるのが多いのですが、かわいらしい鳥の絵を用いるというのはとても斬新です。かなり意外性があると言えるでしょうが、とてもフレンドリーなイメージがわいてきますし、大人から子供まで楽しめるように感じられます。どのような映像を作っているのか、どのような感じで放映されるのかがとても気になりますし、きっと楽しい映像を作ってくれるだろうという期待を持たせてくれるロゴデザインだと言えるでしょう。英語の文字は少し硬めになっており、漢字もずっしりとして硬派な感じがするのですが、絵はとてもフワッと柔らかい感じなので、とてもバランスが取れています。

※掲載ロゴデザインのモックアップ・使用例はイメージです。実際のロゴの仕上がり・活用例とは異なる場合がございます。


店舗ロゴデザインの依頼・外注はお任せください 

起業して会社のロゴが必要な方、ロゴマークの作り方に悩まれている方...じっくり作成するプランから格安プランまで予算に応じてご依頼いただけます。まずはお問い合わせフォームより無料見積もりをご検討ください。他のロゴ制作業者様・デザイン会社との比較検討も是非行ってみてください。会社ロゴから個人のロゴまで、業態・規模問わず作成致します。


ロゴの作成依頼〜納品までの流れ

ロゴデザインの流れ①

見積もり

ロゴの作成プランに応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【ロゴデザインの制作費用について】

ロゴデザインの流れ②

ヒアリングシートへの記入

当サービスより送付するヒアリングシートに記入をお願い致します。セミオーダープランの場合は事前に【お客様が考案したオリジナルの図案】も提供いただきます。

ロゴデザインの流れ③

ロゴの作成

ヒアリングシートの内容を参考にロゴデザインの作成に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容をご確認いただきます。修正などがあれば、ロゴ案を選定いただき、適宜追加納期にて対応いたします。(セミオーダープランの場合は、初回提案段階のみ無料でのキャンセルが可能です。フルオーダープランは、事前に着手金として50%の料金を事前にお支払いいただきます)

ロゴデザインの流れ④

完成・お支払い・納品

提案ロゴデザインが校了となりましたら、ご入金確認後にロゴデータの納品を行います。
※【商標調査&登録+ロゴ作成プラン】は進行方法が上記と異なります。別途お問い合わせください。


看板・店舗ロゴの作成について

店舗ロゴ制作料金のページへ
お店のPOPやチラシ、ショップカード、ホームページやSNSなどあらゆるメディアでお店の存在感をアピールするのが店舗独自のロゴマークです。お客さまに店舗とロゴマークのつながりを記憶してもらえれば、ロゴマークを見かけるだけでそのお店に関連した情報であることが理解してもらえます。お店の旗印ともいえるロゴマークは、コンパクトなデザインの中にもお店のコンセプトや個性が凝縮されたものであることが望ましく、お客さまに好感を持ってもらえるデザインであることが長く愛される秘訣です。店舗のロゴデザインの外注、製作依頼なら当サービスにお任せください。



ASOBOAD®(アソボアド)とは

広告・デザイン作成のASOBOAD(アソボアド)

ASOBOAD(アソボアド)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

ロゴデザイン作成について

ロゴ制作業者をお探しですか?ロゴ作成料金・ロゴデザイン依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

ロゴデザイン作成

デザイン作成料金のお支払いについて

カード決済対応デザイン費カード決済

デザイン費用・印刷料金などの支払い方法は、銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

お問い合わせはこちら

印刷物のデザインから動画編集まで、様々な宣伝広告物の制作に対応しております。下記のフォームより気軽にお問い合わせください。

デザインの見積もり・制作依頼

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例デザイン総合情報誌「MdN」に制作サイトが掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

私たちができること

サービス内容、及びその制作料金や依頼の進め方についてはこちら。

各種サービス一覧

error: