Skip links
レポーター派遣サービスのチラシ

ライブの声を拾う新しいサービスのチラシデザインを制作しました。

レポーター派遣サービスのチラシ
ライブレポーター_A4チラシ

アーティストにとって貴重な情報を集めるサービスのチラシデザインです。

全く新しいサービスや商品は、魅力的であっても警戒してしまうものです。そのためチラシ全体のデザインは元気のある緑とオレンジを用いることで、柔らかなデザインに仕上げ、抵抗感を無くしています。

デザイナーの振り返り 
■ このサービスを利用することで、アーティストがどんなメリットを得られるのか?という点をしっかりと記載することで、信頼できるチラシデザインになるよう制作しました。
■ チラシの文字ボリュームがやや多いため、読みやすさには注意を払いました。
■ あまり高級感のあるチラシデザインにしてしまうと、サービスの詳細を読む前から「高い」と判断されてしまう可能性があるので、明るい色味とフォント使いでお値ごろ感も演出しています。

ビジネスのチラシデザインの作成はこちら

新しいサービスのチラシ作成依頼

ライブの声を拾う新しいサービスのチラシデザイン

制作フライヤー・チラシデザインに対する感想 

VOICE

キャプションがデザイン素材になっていてアイキャッチ効果が高いですね。

新しいサービスをたった一枚のチラシで表現するのは、大変難しいものです。しかし過去にはこうした例を海外では、非常に上手に表現した広告がありました。それがアップル社のiPodです。このデバイスは、従来のウォークマンとは違って、激しいダンスでも音飛びしないその電子化された音楽を楽しむツールとして、踊る人物のシルエットだけを多くのメディアに掲載したのです。

新サービスはまず多くの関心と周知が至上命題です。このチラシから分かるサービス内容は、特定のファンを派遣する人材派遣業です。それに、演奏者のリサーチで多くの意見を集約する機能を付しており、ミュージシャンのスキル向上に役立つことを打ち出しています。一番の主体的なメッセージは、ライブ活動を行うミュージシャン向けですから、大きなテーマを一つ加え、ある程度説明を省いても、「本音レポートを活用!」とか、「動員数大幅増強!」、「キャパシティの限界を体験してみたい!」など、レイアウトの半分を占めるキャプションを一つのキャッチコピーとしてデザインに盛り込み、背景を大きく観客で埋め尽くされた画像を使えば、イメージ戦略として有効ではないでしょうか?手数料も決してデメリットではないので、敢えて別の形に大きく主張し、チケット販売ノルマ分で、同様の確実な動員数を確保など、費用対効果は想像しやすい文言が人の印象に残ります。

黄緑色のイラスト背景が淡く透過して群衆の画像をハイコントラストにして顔をぼやかすなどの工夫は要りますが、この広告の主役はデザイン下半分の詳細なサービス説明の表題です。5つの特徴をもっと象徴的に、上部に浮上させ、その背景にサービスを使った結果のイメージが重なれば、一層利点が浮き彫りになる気がします。キャプション自体をデザイン素材として活用しているのは、アイキャッチ効果が高くて良いと思います。

VOICE

新サービスへの警戒心を拭ってくれるようなデザインのチラシですね。

近年は新しいサービスや商品などがどんどん登場していますが、有名な商品やサービスをすでに提供している業者が続編の商品を出した場合などは、比較的簡単にみんな買ってくれるものです。それに対して、あまり知名度がない業者や、完全に新しい商品やサービスを導入する場合には、警戒してしまう人もいるでしょう。このチラシデザインも、ライブの声を拾うという新しいサービスなので、知らない人が警戒しないように工夫されて造られています。背景はシンプルにして、あまり派手すぎないように注意している点や、できるだけわかりやすく読みやすいレイアウトにするという点が見受けられます。

5つの特徴を簡潔にまとめて説明していますし、URLやQRコードなども記載されているので、自分で詳しく情報収集ができるようになっている点もよいでしょう。ライブ関連のチラシデザインを作る場合、英語をむやみに用いることが多いのですが、この場合には大半が日本語になっていることで、誰でも親しみやすくなっていると言えます。

VOICE

白・黒・赤の配色がグッと目を惹きつけるデザイン

チラシデザインの上部に配置された3つの吹き出しが、やけに気持ちよくクッキリとして見えて目を引きます。私も何かの機会にこの様な技法を真似して作成してみたい、と思ったのですが、何でこんなに際立って見えるのでしょうかね。吹き出しの下に見える、白を赤で縁取った文字も同様に目立っています。この、白・黒・赤の配色が良いのでしょうか?白色の吹き出しの中に白色で文字が書かれているのですが、赤や黒の縁取りをつけることで、チラシの文字がこんなに引き立つのですね。黒と赤という強い色の効果に加えて、ちょっとピントが合わないみたいな、ぼんやりした背景写真の前面に、対照的にクッキリと際立つ文字や吹き出しを配置している効果もありそうですね。

チラシデザインの下側はライブで盛り上がっている観客が占めていますが、たくさんの腕がと緑一色のシルエットとして描かれていて、人間の顔や個々の特徴は見てとれません。こちらのチラシデザインは、ライブに来た観客の意識調査も含めたサービスのお知らせの様ですので、一人ひとりの顔が識別できない状態で集団をおくことで、そこから情報を掘り起こしてきてくれる事業内容をイメージしやすくなっているチラシ制作例と言えそうです。

■QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

※掲載しているチラシデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

宣伝チラシデザインの依頼・外注はお任せください 

フライヤー・チラシ広告の作り方が分からない方もご安心ください。格安の作成費用で印刷・納品までサポート致します。まずはお問い合わせフォームより無料見積もりをご検討ください。他のチラシ業者様・デザイン会社との比較検討も是非行ってみてください。様々なニーズに合わせた販促・集客・宣伝チラシ広告を作成致します。


フライヤー・チラシデザインの作成依頼〜納品までの流れ

フライヤー・チラシデザインの流れ①

見積もり

作成の検討されているチラシの部数や仕様・要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【チラシデザインの制作費用について】グラフィックデザインのみの制作・チラシ印刷込みのデザイン制作、両方の依頼に対応しています。

フライヤー・チラシデザインの流れ②

制作情報の提供

チラシのデザイン作成に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

フライヤー・チラシデザインの流れ③

フライヤー・チラシデザインの作成

チラシデザインの作成に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

フライヤー・チラシデザインの流れ④

校了〜印刷・納品

チラシのデザインが校了となりましたら、ご入金確認後に印刷手配(またはデータ納品、及びその両方)を行います。(※フライヤー・チラシの印刷・製造は外部印刷会社へ委託となります。印刷・入稿手配の代行費用等はサービス料金に含まれています。)


チラシの作成について

販促チラシ作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
営業資料・B to B向けのチラシ作成など、ビジネス関連の各種チラシの作成を行なっています。展示会での配布や、訪問先へ直接渡すサービス・製品紹介資料など、用途に応じたチラシデザインの制作を行なっています。チラシ(ビラ・フライヤー)の外注、製作依頼はお任せください。


error: