すぐれた広告スローガンの役割と実例について

すぐれた広告スローガンの役割と実例について

マーケティング分野の専門家Catherine Ngahu博士が、広告スローガンの効果について解説している動画「マーケティングスローガン」をご紹介します。世界的ブランドの実例を挙げながら、スローガンの役割をわかりやすく説明しています。効果的なスローガンは、顧客の注意を引き、興味と欲求をかき立て、消費行動へと導きます。どのようなスローガンが望ましいのか、ヒントを得るための入門動画としてご覧ください。※翻訳・記事掲載は許諾を得ています。(Thank you, Dr. Catherine Ngahu !!)

Catherine Ngahu博士について:Catherine Ngahu博士は、ケニアのコンサルティング企業SBO Research社の創設者で代表取締役会長であり、市場調査コンサルティングとビジネストレーニングのリーダーのひとりです。アフリカの26を超える国々で、マーケティング戦略を中心に、さまざまな企業をサポートしてきました。

以下翻訳内容です。





スローガンとは

顧客の興味を引きつけるうえで、すぐれたスローガンが持つ力を、マーケターたちは以前から認識してきました。

私はCatherine Ngahuです。調査と教育を仕事にしています。私たちの業務では、クライアントが検討中のスローガンが決まる前に候補の調査をしたり、新しいスローガン作りに取りかかる前に、現行スローガンの効果を調査しなければならないことがあります。クライアントの多くがブランドの魅力を高めたり顧客におぼえてもらうために、スローガンを好んで利用しています。ブランドと顧客の結びつきを強めるうえで、スローガンの果たす役割は重要です。すぐれたスローガンは顧客を引きつけて興味と欲求をかき立て、行動を起こさせます。

スローガンとは、ブランドについての説得力のある情報を伝える短いフレーズです。広告やパッケージなど様々なマーケティング活動において、ブランドを伝えるためにスローガンは使われます。

スローガンは、見込み客の注意をプロダクトに向けるもっとも効果的な方法のひとつと考えられている、覚えやすいフレーズです。成功するスローガンは、ターゲットとなるオーディエンスを良い気分にします。ある特定のプロダクトやサービスに興味を持ってもらい欲求を高めてもらうことができます。広告での使いやすさのおかげで、スローガンは時間の経過とともにオーディエンスにとってなじみ深いものとなり、ブランドイメージを高めて思い出しやすくします。

スローガンは広告代理店のコピーライターが考えるのが一般的です。コピーライターはクリエイティブなコミュニケーションの専門家です。スローガンやタグラインは、ブランド価値の核を表現することによって、自らが何者であるかを明らかにするものでなければなりません。力強いスローガンやタグラインは顧客の信頼を生み、目指すターゲット市場でビジネスを拡大するうえで重要な役割を果たします。

 

キャッチーでクリエイティブなスローガンにしよう

企業やプロダクトのイメージをスローガンが表現しているということが重要です。キャッチーでクリエイティブなスローガンにすべきです。たとえばナイキ(Nike)の「Just do it」です。現代のもっともパワフルなスローガンのひとつです。

LGロゴデザインgesrey – stock.adobe.com

LGはどうでしょうか。LGは「Life is good」と言っています。おもしろいですね。

もちろん、コカ・コーラ(Coca Cola)は長年にわたって、すばらしいスローガンとタグラインでブランド価値をはっきりと伝え、高めてきた企業の完璧な例です。コカ・コーラは1886年に創業し、今日まで世界でソフトドリングを販売してきたナンバーワン企業です。100年以上もソフトドリンクのグローバル市場を支配してきたのは、すばらしいブランド認知とブランド・ロイヤルティを作り出すことができたからです。

 

スローガンはコミュニケーションの一部

コカ・コーラはスローガンを非常に重視していて、いつもなんらかのスローガンを掲げています。現行スローガンは「Open happiness(ハッピーをあけよう)」です。以前は「Coke is it !」や「the Coke side of life(Cokeのきいた人生を)」というスローガンがありました。それから、「Always Coca-Cola」もありますね。もちろん、必需品でない製品を売っているブランドだという人もいるでしょう。

しかし、コカ・コーラのスローガンは顧客の心に入り込むことができて、説得力のあるパワフルなコミュニケーションを生み出すことで、実際にインパクトを与えてきました。コカ・コーラのスローガンはコミュニケーションの一部です。感情や感動、ブランドの姿勢を伝えます。適切なスローガンは消費者の頭の中に何年も残ることを、コカ・コーラが常に証明しています。

 

印象的なスローガンはありますか?

もっとも記憶に残る印象的なスローガンをいくつか見てみましょう。頭の中に長く残っているスローガンや、すぐに思い浮かぶスローガンを考えてみてください。どのブランドですか?そのブランドのスローガンは何ですか?多分この質問は、スローガンを思い出せるかどうかのテストに使えます。

私の場合はアップル(Apple)です。スローガンは「Think different」。ケニアのメジャーなブランドSafaricomのスローガンは「Simple. Transparent. Honest」です。しかし、このスローガンは採用されたばかりで、多くのひとがまだ慣れていません。以前の親しみのあるバージョンを私たちはまだ覚えてています。

ケンタッキーフライドチキン(KFC)が大好きな人たちにとっては、「Finger lickin’ good(指までなめちゃうおいしさ)」が忘れられないスローガンですね。

イエローページ

職業別電話帳「イエローページ」の時代をおぼえているひとはいますか。私はそのスローガンをまだおぼえています。それは「Let your fingers do the walking(指で散歩しましょう)」です。素晴らしいですね。

スタンダードチャータード銀行のスローガン「Here for good(この地に永久に)」も好きです。パワフルです。

米国ラスベガスのスローガンは「Whatever happens in Las Vegas, Stays in Las Vegas(ベガスで起こったことは、ベガスにとどまる)」です。もちろん、ラスベガスで起こることについては皆さんご存知でしょう。昨年、メディアやコンテンツなどについての会議に参加するためラスベガスへ行きました。全米放送事業者協会(NAB)が開催したもので、そのスローガンは「Every Story starts here(すべてのストーリーはここから始まる)」でした。

 

私がときどき思い出すもうひとつのスローガンは、どのブランドだったかは思い出せないのですが、「Got milk?(牛乳ある?)」です。これは、牛乳の人気がなくなってきたときに牛乳の消費を促進しようとしたスローガンです。

実は、牛乳業界を調査する機会を得たことがありました。消費者、特に若者がなぜ牛乳に魅力を感じていないのかを見る調査でした。一番おどろいたのは「牛乳は良い」と親があまりにも言い過ぎるために、「牛乳はダサい」と考えている若者たちがいることでした。さらに彼らは、たとえば、もし男子が牛乳を飲んでいるところを見たら、女の子たちはその男子を軟弱だと考えるだろうとも言っていました。それで、人前で牛乳を飲むのを避けていたそうです。

しかし、牛乳はヨーグルトやフレーバーミルクといった形に作り直されると、とても人々の興味を引きます。Yogurt Planetの成功はご存知だと思います。スローガン「Got milk?」を使ったキャンペーンは、牛乳を生まれ変わらせて、若者たちにも魅力的に感じてもらうためのものでした。

なんらかの方法でブランド名をうまく使って、ブランド認知を高めるスローガンがあります。また、ブランドとサービスとを結びつける助けをするスローガンもあります。

 

スローガンの効果

1. ブランド・ポジショニングの強化

ブランド・ポジショニングの強化など、企業にとって重要な利点がスローガンにはあります。

2. コミュニケーションの目標の説明

スローガンは、コミュニケーションの目標、つまりひとびとに何を伝えたいのかを説明することもできます。たとえば、ダイヤモンドの代表ブランド、デビアス(De Beers)のスローガン「A diamond is forever(ダイヤモンドは永遠の輝き)」です。「A diamond, a girl’s best friend(ダイヤモンドは女の親友)」という表現もあります。このスローガンの意図は「ダイヤモンドが永遠の愛やロマンスをもたらし、ダイヤモンドの価値は絶対に失われない」ということです。

3. ブランド価値の構築

もっともパワフルなスローガンは、さまざまな方法でブランド価値の向上に貢献するスローガンです。ブランドと強く結びついているのために、後から新しいスローガンを導入するのが難しくなったスローガンもあります。たとえば、ナイキ(Nike)の「Just do it」です。これとは違うスローガンを想像できますか。少し変ですよね。

 

まとめ

さて、スローガンを思い出したり、頭の中で聞こえてきたりしたときは、誰かが一所懸命に考えてそのスローガンを生み出し、あなたの心にしっかりと植えつけたのだということをわかってください。

具体的な目的のために自分自身のスローガンを作ってみてください。誰でも自分自身のスローガンを作って自分の心に植え付け、それに従って暮らすことができます。そのスローガンをほかの人たちに伝えたりシェアしたりしなくても、そのスローガンがあなたを表わし、あなたが大切にしている価値であると、みんなにわかってもらえるでしょう。

動画を見ていただきありがとうございます。チャンネル登録して引き続きご覧ください。今わたしたちは意識を高めなくてはいけません。それでは、検討を祈ります。

 

参照リンク : Marketing Slogans– Catherine Ngahu

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。



サイトへのお問い合わせ・依頼動画編集について


ASOBOAD®(アソボアド)とは

広告・デザイン作成のASOBOAD(アソボアド)

ASOBOAD(アソボアド)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

広告デザイン作成について

チラシやポスター・パンフレットなどの紙媒体広告制作から、WEBバナーや動画編集などのデジタル広告制作まで幅広く対応致します。広告デザイン作成料金・広告デザイン依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

デザイン作成

デザイン作成料金のお支払いについて

カード決済対応デザイン費カード決済

デザイン費用・印刷料金などの支払い方法は、銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

お問い合わせはこちら

印刷物のデザインから動画編集まで、様々な宣伝広告物の制作に対応しております。下記のフォームより気軽にお問い合わせください。

デザインの見積もり・制作依頼

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例デザイン総合情報誌「MdN」に制作サイトが掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

私たちができること

サービス内容、及びその制作料金や依頼の進め方についてはこちら。

各種サービス一覧

error: