リクルート向け動画の制作・編集のポイントとコツ

リクルート向け動画の制作・編集のポイントとコツについて

少子高齢化が進む中、次第によく聞くようになった人材不足の問題。どの業界の企業でも働き手を確保するのが難しくなり、かつて起こった就職氷河期が嘘のように、売り手優位の市場が定着しつつありました。

しかし、そこに起こったのが新型コロナウイルス流行による社会の急変です。感染予防の観点から、接触機会を減らすためリモートワークが広まり、採用活動も多くの企業がオンラインで行うようになりました。企業説明会はもちろん、採用面接ですらZOOMやSkypeを使ったオンラインで行われ、今や、オンラインでの仕事環境が整った企業に応募者の人気が集中するなどリクルート市場にも大きな変化が起こり始めています。

オンラインでのリクルート活動が活発になるにつれ、需要拡大にますます拍車が掛かっているのが応募者に向けた「リクルート動画」です。デジタル環境の発達や動画プラットホームの定着化で成長している動画市場ですが、企業説明会や企業訪問が実施できない今、企業の雰囲気をリアルに伝えられる動画は、これまで以上に、採用ツールとして重要視されています。

オンライン説明会や面接の前に、少しでも企業の雰囲気を知りたいと思う応募者に最適なリクルート動画。どのような内容をどんなことに気を付けて制作するべきかポイントを整理して考えていきましょう。

 

さまざまな種類があるリクルート動画

さまざまな種類があるリクルート動画について

リクルート動画を制作する際、まず設定しなくてはならないのが、動画を通して獲得したい効果です。

・応募者を増やしたい

・企業説明会や採用サイトへの誘導

・採用後のミスマッチ予防、優良な人材の定着化

・企業のイメージアップ、ブランディング

etc・・・

その目的を掘り下げ、対象者のターゲット像を絞り込むことで、制作する動画の方向性が明確になります。見えてきた方向性に合わせ、以下の動画のカテゴリーを参考に自社の採用動画に適したスタイルを検討しましょう。

企業説明重視のスタンダードなリクルート動画

企業の外観や室内、取り扱う商品やサービス、企業理念や社風の紹介、先輩社員や役員からのメッセージ・インタビューなど、採用企業の基本的情報を網羅するベーシックな内容を動画で伝える王道パターン。社屋や社員の紹介の仕方、応募者へのメッセージなどを如何にテンポよく、飽きさせないように編集するかがポイントです。

企業ブランディングを意識したイメージ重視のリクルート動画







Manufacturing Company Recruitment Video

Manufacturing Company Recruitment Video


細かいことよりも企業のイメージアップやエントリーの動機付けにウェイトを置きたい場合は、企業のコンセプトを表現するイメージ重視の動画が適しています。応募者に見せたいイメージを設定し、そのイメージに沿う撮影・編集方法で動画を制作します。内容は企業によってさまざまですが、クオリティが低いと企業のイメージダウンに繋がる可能性もありますので、高度な撮影編集技術をもつ制作会社に依頼する必要があります。

ユニークな企画型リクルート動画

SNSなどで拡散されやすいというのも動画のメリットの一つ。話題性を重視し注意喚起を狙うなら、社員の本音を聞ける座談会方式の企画やドキュメンタリー風動画、BGMとテロップだけでつづるPV風動画など、斬新なアイデアと編集力で意外性のあるユニークな動画作りがおススメです。企業の採用訴求が強すぎるとSNSなどでシェアされにくいため、作品としての面白さや話題性を重視した構成が大切です。

ストーリー性のあるドラマティックなリクルート動画







SodaStream's Join the Revolution

SodaStream's Join the Revolution


堅苦しさを廃し、ショートフィルムを見るような感覚で企業案内できるドラマ仕立てのリクルート動画。応募者を飽きさせず話題性も抜群ですが、演技や撮影、編集、シナリオライティングなど求められる技術が非常に高いカテゴリーです。潤沢な予算がある場合は、制作会社と連携し、企業側が伝えたいことをドラマとしてどう見せることができるのか綿密な打ち合わせの上で制作を進めていきましょう。

 

応募者に魅力的に映るリクルート動画のポイント

リクルート動画のポイント

応募者がエントリー先を選ぶ際、たくさんの企業を比べ自分に合った企業を探します。その中でリクルート動画を用意していることは、用意がない企業と比較すると非常に大きいアドバンテージです。しかし、その動画の出来栄え次第では、余計に印象が悪くなったり、信頼感が薄れるということも考えられます。動画自体のクオリティの問題もありますが、編集の方針や伝えたい内容の方向性を間違うとマイナスの結果を招く場合があることを覚えておかなければなりません。

誇張表現や嘘っぽい演技で現実とかけ離れた動画になっていないか

応募者が知りたいのは、就職先のリアルです。良いことばかり発信する動画は不信感を抱かれがちです。「大変だけどやりがいはある」「入ってみて感じたギャップ」など、先輩たちが感じた生きた感想が大きな説得力を生みます。もちろんネガティブなワードばかりが並ぶのはNGですが、応募者の心に響くリアルな意見は大きな後押しになるはずです。

応募者目線に立った動画になっているか

企業紹介の動画というと自社商品やサービスの紹介が外せませんが、過剰に訴求してしまうと目的がずれた動画になってしまいます。あくまで目的が応募者確保であるならば、対象者の視点に立ち、商品やサービス紹介は企業を理解するためのプロフィールに留めましょう。また、応募者が身近に感じる年齢の近い先輩や直属の上司の仕事ぶりや職場環境、社内イベントや福利厚生の紹介など、応募者と直結する内容や楽しみにできる要素を多く取り入れることもポイントです。

企業の雰囲気が伝わる魅力的な動画になっているか

動画の強みは文字や写真だけでは伝わりにくい「雰囲気」を伝えられることです。職場のムードやそこで働く人たちの表情や関わり合い、言語化できない情報を音や映像で伝えることで、自分がそこで働く姿をリアルに想像することができます。

長過ぎず短過ぎない尺の動画になっているか

SNS用動画は1~2分、説明会や自社サイトなどで公開する動画は5~10分程度に収まるのが理想です。動画の長さに関わらず、単調な動画やターゲットの志向とかけ離れている動画は応募者を飽きさせてしまいます。内容を精査しテンポの良い動画づくりを目指しましょう。

 

動画制作会社の選び方

動画制作の目的やターゲットが決定し、どのようなスタイルの動画を制作したいか目途が立ったら予算に合わせて制作会社を選定しましょう。動画制作にかかる費用は以前と比べると割安になってきている感はありますが、動画の内容やどこから制作会社に任せるかで費用は大きく変わってきます。

動画内容のコンサルティングや素材撮影、ディレクションなどから制作会社に任せるとなると100万円を超える予算が必要になる場合も少なくありません。そこに演者などをキャスティングする場合、さらに費用は膨らみます。予算が確保できていて、求める動画の内容も複雑なものや規模の大きなものの場合は、はじめから制作会社にお任せし、ある程度予算をかけて制作した方が納得のいくものができるでしょう。

しかし、そこまで予算はかけられないけどクオリティの高い動画が作りたい、そう考える企業の人事担当や広報担当の方はたくさん居られると思います。そのようなニーズに対応するのが、WEBで制作が完結する当サービスの動画編集プランです。お客さまから素材の提供をいただいて動画編集するプランや制作サイドから素材を提供して動画を編集するプランなど、素材の提供や動画の長さ、編集の難易度によって内容に適したリーズナブルな価格で動画編集サービスをご提供いたします。

リクルート動画も自社で撮影していただくオリジナルの素材とロイヤリティフリーの素材や音源などを組み合わせ、印象に残るハイクオリティな動画制作が可能です。リーズナブルな価格でプロ品質のリクルート動画制作がご希望なら是非一度ご相談ください。

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。



サイトへのお問い合わせ・依頼動画編集について

ASOBOAD®(アソボアド)とは

広告・デザイン作成のASOBOAD(アソボアド)

ASOBOAD(アソボアド)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

映像制作・動画編集依頼について

映像・動画編集業者をお探しですか?動画編集、映像制作料金・動画編集依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

映像制作・動画編集

デザイン作成料金のお支払いについて

カード決済対応

デザイン費用・印刷料金などの支払い方法は、銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例デザイン総合情報誌「MdN」に制作サイトが掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: