危機意識に巧みに訴えかける広告デザイン例

危機意識に巧みに訴えかける広告デザインについて

普段、大きなトラックが通るところから数メートルと離れていない歩道を歩いていても、私たちはほとんど気にとめることさえありません。ほんの少しドライバーがハンドルを誤るだけで命を落としてしまうかもしれないというのに…。そう、多くの場合、私たちが危険な事態に気がつくのは、危険な事態に巻き込まれてからなのです。現代社会には危険がいっぱい。そんな危険の存在を巧みに訴えかける広告例をご紹介します。

 

形状が似ているけどまったく異なる二つのものを組み合わせた広告デザイン例

ウイルス対策ソフトの広告デザイン

広告の中央に、安全ピンを外した状態の手榴弾が一つ。一見したところ、戦争の愚かさを伝えるための広告かと思ってしまいますが、手榴弾をよく見ると…。いつもパソコンを使って仕事をしている人なら、手榴弾の本体にパソコンのキーボード配列が印刷されていることがわかった時点で、これはウイルス対策ソフトの広告だと察しがつくはず。

ウイルスに侵食されるリスクはもちろん知っているけれど、実はなんの対策もしていないという方にとって、「あなたのパソコンは、安全ピンを外した手榴弾と同じくらい危険。ふとした拍子に、大惨事を起こしてしまいますよ」という強烈なメッセージを伝えています。手榴弾とキーボードという、形状が似ているけどまったく異なる二つのものを組み合わせた、巧みな広告です。

 

リスクの存在を具体的に喚起してくれるコンドームの広告デザイン例

コンドームの広告デザイン

コンドームの中に、赤ちゃんのおしゃぶりが一つ。「ちゃんとこれ(コンドーム)を使っておかないと、あとでこれ(おしゃぶり)を買う羽目になるよ」とリスクを喚起しています。「More Control(今まで以上に管理を)」というシンプルで強力なテキストメッセージも印象的。コンドームもおしゃぶりもゴム製品なわけで、そのあたりの素材の近似性を利用している点も絶妙ですね。

 

死と隣り合わせの状況を巧みに表現した交通安全に関わる広告デザイン例

シートベルトの広告

シートベルトをしている人の着衣の胸元に4桁の数字が書かれています。ハイフンでつながれた右側にもやはり4桁の数字がありそうなのですが、シートベルトに隠れてどうもよくわからない。ふと「Buckle Up. Stay Alive.(シートベルトを締めよう。そして生き続けよう)」のコピーが目に入ると、左側に書かれているのが生まれ年、そして右側に書かれているのがどうやら亡くなる年らしいぞと想像できて、ゾッとしてしまいます。シートベルトをするかどうかが生死に直結していることを思い出させてくれる、秀逸な広告です。

 

私たちは、知らず知らずにリスクを冒してしまうもの。こんな優れた広告がたくさんあれば、世の中はもっと安全で快適になるかもしれませんね。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中の広告制作事例をピックアップして紹介しています。

広告デザイン料金

グラフィック・広告デザインの作成について
チラシやポスター・パンフレットなど、各種広告デザインの作成・グラフィックデザインに関する業務はお任せください。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行は全てメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。【 口頭による金額提示、依頼の受付・進行は行なっておりません 】
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。
ゴールデンウィーク・夏期休業(お盆)・冬季休業(年末年始)などの 長期休業期間につきましても対応外となります。