兄弟で創るクリエイティブとは? “ブロスマインド” – デザイナーインタビュー

スタジオ ブロスマインドの経営者であり、広告やイラスト制作を手掛けるミンガロ兄弟のインタビュー動画(Made by Folk)を翻訳しています。

− 今日は、Brosmind(ブロスマインド)のアレハンドロとフアンに来てもらいました。簡単に自己紹介とどのようなことをしているか話してください。

フアン : 僕たちは、ミンガロ兄弟です。ブロスマインドというスタジオを経営しています。主に、広告とイラスト製作を手がけているよ。それ以外では個人的なプロジェクトとして、よりアートよりのものを手がけていて、彫刻とか限定品の図面だとか、ベーグルのプロジェクトもあるんだ。実際、商業的な作品と個人的な作品をバランスよくやっているね。

アレハンドロ : 兄弟で一緒に働くことのいいところは、片方の成功に不満を言うこともできれば、何を取ってもいい。長く議論した後でも、5分もすれば全て忘れられる。お互いエゴがなくて、どっちが一番だとか、これは俺の会社だとか言う考えがないんだ。

フアン : すごい口論になることはあるけど、喧嘩はしないね。あくまで家族の口論で、5分もすれば何でもなかったことになる。お互いのことがわかってるからね。

アレハンドロ : それはいいことだと思うよね。例えば、何か僕が好きじゃないものを投げてきたら、これは好きじゃないって言えるし、何だったら、その投げてきたものを投げ返すこともできる。文句を言ってくるかもしれないけど、そうじゃないかもしれない。どちらにせよ理解してくれるね。それはベストのものを作るためのことだから。

フアン : それと、お互い同じバックグラウンドを持って一緒に育ってきたから、同じ映画を観てきたし、同じおもちゃで遊んできたしね。

アレハンドロ : だから、同じような考え方をするんだよ。仕事観というのかな。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Brosmindさん(@brosmind)がシェアした投稿

− 自分の作品をどのように描写しますか?どのようなものがスタイルを作り上げていると思いますか?

アレハンドロ : とても大事にしているのは、子供の頃からの影響かな。80年代・90年代のポップカルチャーだね。映画やおもちゃ、アクションヒーローとかコミックとか。僕たちのスタイルは、その時代の感覚や魂みたいなものからできていると思う。希望というか…

フアン : おもしろさとか、不思議とか、80年代のね。無知さというか、おもしろさというか…人々にポジティブさを与えるような魂みたいなものだと思う。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Brosmindさん(@brosmind)がシェアした投稿

アレハンドロ : 技術的には僕たちができるものになるかもね。だから、イラストレーションのスタイルはある時代の流行をミックスしたアーティストの影響を受けているというよりか、フィットする感覚みたいなもので、見せ方としてどのような方法を使用するかということなんだ。

フアン : 統計的な方法といえるのかな。僕たちは、とても鮮明なラインのあるとても複雑なイラストをいつも使用するんだ。いろいろなことが起きているような状態に見えるもの。そういうものが、僕たちの作品の焦点といえると思う。

 

− 今日何を学びましたか?

フアン : 今日?雨が降ってるなら、傘を持ち歩かなければならないってこと。もしかしたら、これからもっと大事なことを学ぶのかもね。

アレハンドロ : 質問に答える方法かな。お互いにあれこれ喋るんじゃなくてね。お互いを整理し合うようにしないと。

フアン : それと集中だね。集中力。

 

− 次の質問は、ポケットの中には何が入っていますか?

フアン : 想像通りだよ。iPhone。

アレハンドロ : それとコインが数枚。それとブロスマインドのステッカーだ。

フアン : 何枚かポケットに入れっぱなしにしているよ。他に何もないな。

アレハンドロ : いっぱいステッカーが入ってるよ。

 

− どんな影響を今まで受けてきて、今の自分を作り上げたのは誰だと思いますか?

フアン : まずは、もちろん両親だね。オープンな人で、僕たちに何でも作らせてくれた。ビデオカメラですら遊ばせてくれたんだ。とにかく僕たちを育てる中で常にオープンだったよ。そしてやりたいことを学ばせてくれた。

アレハンドロ : 僕たちが同じ学科を学ぶことを決意した時も、それがどれだけ真面目なもので、将来お金稼ぎになるものなのか、どうなるのか、全くわからなかったけど、家族はいつでも協力的だった。僕たちが子供の頃、両親がとても高価なカメラをもっていたんだけど、そのカメラで遊ばせてくれたんだ。そう言った感じで、僕たちは真の自由と想像的なものを与えられてきた。それはとても重要なことだと思うよ。

 

− もし1日だけ違う仕事ができるとすれば、何をしますか?

アレハンドロ : 僕たち2人とも同じところで働いてみたいと思ってるんだ。コルティングレスという巨大スーパーみたいなところがあって、そこでは食料品からおもちゃ、電化製品まで何でも買えるんだ。そこのおもちゃ売り場で働きたいね。

フアン : そこで働いている人はユニフォームを着ていてね、子供の頃、とても小さな町に住んでいたから、バルセロナに行くと必ずそこでうろうろしておもちゃを見ていたんだ。その時から、ここでおもちゃに囲まれて働きたいねって話してたよ。おもちゃに関する質問に答えたりしてね。フィギュアがあるセクションとか大好きだったね。

 

− 自分の作品以外で何か集めているものはありますか?

フアン : 僕たちは収集癖があるからね。コレクターだよ。僕はコミックが大好きで、主に80年代のコミックをたくさん持ってるよ。子供の頃に好きだったものかな。おもちゃについては…

アレハンドロ : マスター・オブ・ユニバースをいろいろ集めているんだ。80年代ものだよね。

フアン : 80年代のアクションヒーローというか、僕たちにとっては、おもちゃの黄金期なんだよ。

アレハンドロ : ちょうどコレクションに新しいものが加わったんだ。このアーケードゲーム機だよ。こんな感じだね。

 

− ちょっと意地悪な質問かもしれないけど、スペイン語から訳したものでもいいので、何かジョークを披露してくれませんか?

アレハンドロ : ジョークは苦手だよ。

フアン : 僕は好きだよ。英語のジョークがあるね。すごいバカなやつね。

アレハンドロ : じゃあ、お前が先な。

フアン : 砂漠を漂う2つの風船がありました。そのうちの1つの風船がもう一方の風船に声をかけました。「気をつけろ!そこにカクタシュー…(カクタス=サボテン)」。ごめんね。本当にごめん。

すごいダメなやつだね。これが英語の冗談で唯一知ってるやつだったんだ。本当にごめん。

 

− 次の質問も難しいと思いますが、この世で一番お気に入りものは何ですか?

フアン : うーん。何だろう。

アレハンドロ : 現段階の話をすると、まだ1年しか使われていないゲームシステムを買ったところで、家に昨日届いたんだ。ワーオって感じだね。昨日のことだよ、昨日。

フアン : そうだな。僕のも同じ感じかな。マーベルの「シークレット・ウォーズ」のコレクション。家に透明の袋に梱包された状態で保管しているんだ。それだな。

 

− 最後の質問は、このウェブサイトは「Form Fifty Five」という名前で、通常「FFF」という略称を使っているのですが、あなた方にとっての「FFF」は何の省略ですか?

フアン : 3つ単語は思いつかないけど、2つFを使ったタイトルのビデオゲームが2つあるよ。どっちがいい?合わせると4つのFになるんだけど。「Fatal Fury」と「Final Fight」。

− ありがとうございます。

フアン&アレハンドロ : ありがとう。

 

参照リンク : FFF Interview – Brosmind – Made by Folk (CC BY 3.0)
当記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(Creative Commons license / CC license)に基づいて編集しています。

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン_s 書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。   タイトルまわりのチラシデザイン 書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。     adobemaxロゴ Adobe MAX Japanにて制作デザインが展示されました。   チラシデザインが紹介されました 書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。   ファッションマガジンにデザイン掲載 インターナショナルファッション誌"En Vie Fashion Magazine"内にデザインが掲載されました。   asobo design factoryがデザイン誌に掲載されました デザイン総合情報誌「MdN」にてWEBサイトが掲載されました。   CD制作ガイドに掲載されました インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてインタビューを受けました。  

NEWS&PRESS情報一覧


事業概要

ご利用規約

ASOBO DESIGN™ではチラシやポスターのデザイン制作をはじめとした、様々なデザインサービスを行っています。