Skip links
RPA管理サービスの展示会_ポスター制作例

RPA管理サービスの展示会ポスターデザインを作成しました。

RPA管理サービスの展示会_ポスター制作例

RPA管理サービスの展示会ポスターデザイン_A1サイズ

見えないプログラムを可視化したRPA管理に関するポスターデザインです。

近年急増している業務効率化のためのビジネス用プログラム「RPA」。書面からのデータ入力やメール管理など、従来、事務職の方がマンパワーで行ってきたPC作業をプログラムが代行して行うことから「仮想知的労働者」などとも呼ばれ、実体はないものの単なるプログラムから一歩人間に近づいた「ロボット」の一つの在り方として認識されています。

展示会のポスター制作の外注はこちら

導入後の課題と管理サービスの役割

そんな便利な最新技術RPAですが、職場によっては使いこなせていなかったり、管理が複雑なため専門技術者が必要になったりと、導入してからも何かと問題点が多いようです。そのようなRPA管理を代行するのが、このポスターが謳うRPA管理サービス。

デザインの視覚的説明と効果

上段でサービスの概要とクライアントが抱える問題点を説明し、下段では、サービス導入のビフォー・アフターをイラストを使って解説しています。RPAをロボットに見立てて、問題解決する様子を可視化することで、イメージしづらいプログラムの運営方法を理解しやすくしています。

RPA管理サービスの展示会ポスター作成イメージ_02

RPA管理サービスの展示会ポスター作成イメージ_01

RPA管理サービスの展示会ポスターを作る時に考えたいこと

RPAとはロボティック・プロセス・オートメーションの略称で、人間の代わりに単純作業をこなしてくれるツールを指しています。パソコン上の提携業務をRPAに任せれば、社内の業務を大幅に効率化できるでしょう。しかし、RPAを管理できずにサーバーに負担がかかってしまう・RPAの管理に多くの労力が割かれてしまうという問題に悩む企業があるのも事実です。

RPA管理サービスではRPAの管理を代行し、スムーズにRPAの導入・運用が進められるサービスを提供しています。そのメリットが伝えられるポスターを作成すれば、RPA管理に手間取っている企業だけでなく、これからRPAの導入を考えている企業にも利用を検討してもらいやすくなるでしょう。

RPA管理サービスの導入前と導入後の効果を明らかにする

RPAの管理に悩んでいる企業でも、サービスの存在や導入で得られる効果を知らない企業も存在します。ポスターでサービスの導入によって得られる効果が明らかになれば、そのメリットが伝わりやすく、自社に当てはめたイメージを膨らませてもらえるでしょう。作例ではビジネス仕様のシンプルなイラストで、サービス導入前・導入後の様子が分かりやすく表現されています。

相手の悩みに寄り添ったデザイン

作例は「お困りではありませんか?」「お気軽にご相談ください」というフレーズを効果的に利用し、現段階でRPAの管理に悩んでいる担当者に寄り添う姿勢を表現しています。優しい色使いを意識していることもあり、見る相手に「一度相談してみよう」「問い合わせだけでもしてみよう」と考えてもらいやすいでしょう。また、あえて余白を多く残すことで、読みやすくスタイリッシュなデザインに仕上げました。

 

制作ポスターデザインに対する感想 

VOICE

優しく語り掛け、分かりやすく話してくれるようなポスターデザイン

ユーザー中心のコミュニケーションデザイン

「お困りではありませんか?」と問いかけに、つい振り返ってしまった方もいるのではないでしょうか?さらにその下には悩みごとを箇条書きに書き出し、よりユーザーの声を具体的に示しています。行間を十分にとり、文字を詰め込まないことで読みやすいのはもちろん、抱えている問題に対して優しく丁寧に問いかけられているように錯覚してしまいます。スピーディーに質問攻めにされているのではなく、一つずつゆっくりと話しかけられているような居心地の良さを感じました。

イラストによるビジュアルストーリーの伝え方

下部にはイラストを交え、導入前と後のイメージをより分かりやすく伝えています。簡単な3つのステップで示すことにより、瞬時に理解できる構成に。

デザイン選択の背景とターゲットへの配慮

同じテイストでまとめながらも、導入後のベースカラーを明るくすることで期待感が高まるように誘導されています。「RPA」らしくロボットのイラストを交えつつも、デザイン性のあるアートなイラストを採用することにより、幼い印象にはならないように。ターゲットと使用するシーンを想像し、明るく分かりやすくも真面目さが伝わるように配慮されています。信頼性を損なわない印象を保ちつつも、カジュアルに語り掛けてくれるポスターだと思いました。

抽象的なイメージを具体的にすることが大事

・明確なアピールの必要性

このポスターデザインは、サービスの利点をクライアントにアピールするために、抽象的なイメージを具体的にすることで、説明を分かりやすくしています。

・問題点の特定と価値の訴求

また、クライアントが抱える問題点を明確にすることで、その問題点を解決するためのサービスの価値を訴求すると同時に、サービスの使い方や効果を説明することによって、クライアントの導入意欲を高めることを狙っています。

・視覚的コミュニケーションの効果

全体的に、ポスターはシンプルでクリーンなデザインで、大きなフォントとイラストを活用して、情報を明確に伝えることに力を入れています。抽象的な概念を、視覚的なイメージに変換することは、コミュニケーションにおいて非常に重要です。

・目的の明確化とクライアントの利用促進

このポスターデザインは、サービスの機能と利点をわかりやすく伝えることで、クライアントの理解を深め、サービスの利用を促進することを目的としています。

デザイナー
※掲載のポスター・パネルは実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載しているパネル / ポスターデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

展示会パネル・ポスター作成





error: Alert: Content selection is disabled!!